エラー メッセージ : Active Server Pages エラー 'ASP 0131' 許可されていない親パスです

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 226474 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP226474
マイクロソフトでは、Microsoft Windows Server 2003 で実行される Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 にアップグレードすることを、すべてのユーザーに強く推奨します。IIS 6.0 により、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に強化されます。IIS のセキュリティ関連のトピックについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prodtech/iis.mspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Active Server Pages (ASP) の #include ステートメントで相対パスを使用すると、Web ページを表示したときに次のようなエラー メッセージが返されることがあります。
Active Server Pages, ASP 0131 (0x80004005)
親ディレクトリを示す '..' は、インクルード ファイル '../<filename.ext>' に含められません。
/<path>/<filename.ext>, line <number>
または
Active Server Pages エラー 'ASP 0131'
許可されていない親パスです
/<path>/<filename.ext>, 行 <number>
親ディレクトリを示す '..' は、インクルード ファイル '../<filename.ext>' に含められません。

原因

これは、#include ステートメントで相対的な親パスを使用しているときに、Web サイトまたはアプリケーションに対して ASP の "親パス" を無効にしたために発生します。

include ステートメントでの相対親パスは、次の形式を使用します。
<!--#include file="../<filename.ext>"-->
					

解決方法

この問題に対する最善の解決方法は、相対パスではなく Web サイトのルートからの絶対仮想パスを使用することです。

たとえば、サーバーのルートで "mycode.inc" という名前のインクルード ファイルを使用する場合、仮想パスは "/mycode.inc" になります。サーバー上の仮想ディレクトリ "/includes" で同じインクルード ファイルを使用する場合は、仮想パスは "/includes/mycode.inc" になります。

以下の構文例に、仮想パスの実装方法を示します。
<!--#include virtual="/<virtual path>/<filename.ext>"-->
					
絶対仮想パスを使用する代わりに親パスを有効にする方法もありますが、この方法は推奨されません (詳細については、「詳細」を参照してください)。既定の Web サイトで親パスを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft 管理コンソール (MMC) でインターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャまたはインターネット サービス マネージャを開きます。
  2. [既定の Web サイト] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。
  4. [構成] をクリックします。
  5. [オプション] (または [アプリケーションのオプション]) タブをクリックします。
  6. [親のパスを有効にする] チェック ボックスをオンにします。
  7. MMC に戻るまで [OK] をクリックします。

詳細

IIS コンピュータで親パスを有効にする場合は、さらにセキュリティに関する問題を考慮する必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
184717 MetaBase の AspEnableParentPaths MetaBase プロパティは False に設定する必要がある
332117 IIS 6.0 では、デフォルトで [親のパスを有効にする] チェック ボックスがオフになっている

IIS 6.0 で発生することがあるこのエラーと他の ASP エラーのトラブルシューティングの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
ASP での重要な変更とトラブルシューティング
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/ja/default.mspx

プロパティ

文書番号: 226474 - 最終更新日: 2007年12月4日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbprb kbpending KB226474
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com