文書番号: 2266203 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

64 ビット版の Microsoft Office 2010 をインストールした後、SharePoint Web サイト上のデータシート ビューでリストを表示することができません。

SharePoint 2003 または 2007 サイトで [操作]、[データシートで編集] の順にクリックするか、SharePoint 2010 サイトで [リスト] タブ、[データシート ビュー] の順にクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

次のいずれかの理由で、リストをデータシート ビューに表示できません:
  • Microsoft SharePoint Foundation と互換性のあるデータシート コンポーネントがインストールされていない。
  • Web ブラウザーで ActiveX コントロールがサポートされていない。
  • コンポーネントが、32 ビットまたは 64 ビットに対応するように正しく構成されていない。

原因

64 ビット版のデータシート コンポーネントは Office 2010 には使用できません。

回避策

方法 1

業務上のニーズで 64 ビット版の Office 2010 を使用する必要がない場合は、64 ビット版の Office 2010 をアンインストールして、32 ビット版の Office 2010 をインストールすることをお勧めします。32 ビット版のデータシート コンポーネントは、32 ビット版の Office 2010 と共にインストールされます。

64 ビット版の Office 2010 の問題の詳細については、次の資料を参照してください。

64 ビット版の Office 2010
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee681792.aspx
64 ビットの Office について
http://blogs.technet.com/b/office2010/archive/2010/02/23/understanding-64-bit-office.aspx

方法 2

業務上のニーズにより 64 ビット版の Office 2010 を使用する正当な理由がある場合、2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントをインストールしてデータシート コンポーネントを有効にする方法があります。これらのコンポーネントは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=7554F536-8C28-4598-9B72-EF94E038C891

詳細

2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントにより、32 ビット版のインターネット ブラウザーを使用する限り 64 ビット版の Office 2010 と共に動作する、32 ビット版のデータシート コンポーネントがインストールされます。

64 ビット版の Microsoft Internet Explorer 8.0 など、64 ビット版のインターネット ブラウザーを使用している場合は、"データシートで編集" コンポーネントはサポートされません。

また、2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントをインストールする前に、64 ビット版の Office 製品をインストールする必要もあります。そのため、Microsoft Project 2010、Microsoft Visio 2010、または Microsoft SharePoint Designer 2010 (これらのコンポーネントは Office 2010 スイートの一部としてはインストールされません) が必要である場合、データ接続コンポーネントをインストールする前に 64 ビット版のこれらの製品をインストールしてください。

2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントをインストールした後に、64 ビット版の Project、Visio、または SharePoint Designer をインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

32 ビット バージョンの Office 製品がインストールされているため、64 ビット バージョンの Office 2010 はインストールできません。32 ビット バージョンの製品は、64 ビットのインストール環境ではサポートされていません:
Microsoft Office Access データベース エンジン 2007 (英語版)
64 ビット バージョンの Office 2010 をインストールする場合は、まず 32 ビット バージョンの Office 製品をすべてアンインストールしてから、x64 フォルダー内の setup.exe を実行してください。32 ビット バージョンの Office 2010 をインストールする場合は、このセットアップ プログラムを終了し、CD または DVD のルートにある x86 フォルダーに移動して setup.exe を実行してください。または、64 ビット バージョンの Office 2010 を購入した販売店で 32 ビット バージョンの Office 2010 を入手してください。

このエラー メッセージが表示された場合、エラー メッセージに表示されている 32 ビットの製品をコンピューターから削除する必要があります。また、データシート機能を回復するには、次の手順を実行する必要があります。
  1. 2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントを削除します。
  2. インストールする必要がある 64 ビット版の Office 製品をインストールします。
  3. 2007 Office system ドライバー: データ接続コンポーネントを再インストールします。
また、コンピューターにデータ接続コンポーネントがインストールされているため、2007 Microsoft Office system、Microsoft Office Access 2007、または Microsoft Office Access Runtime and Data Connectivity 2007 用の更新プログラムまたは Service Pack をインストールするように通知される場合があります。これらの更新プログラムは 64 ビット版の Office 2010 に影響しないため、コンピューターにこれらの更新プログラムをインストールする必要があります。

プロパティ

文書番号: 2266203 - 最終更新日: 2011年12月2日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Professional Plus 2010
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
  • Microsoft SharePoint Server 2010
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
  • Microsoft Office 365 for enterprises
  • Microsoft Office 365 for small businesses
キーワード:?
kbprb kbsurveynew kbpubtypekc kbinstallation vkbportal231 vkbportal237 o365 bposs KB2266203
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com