3.2 の ADMT のインストールが不完全な MMC コンソールのエラー「データベースを開けません 'ADMT' ログインで要求された」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2266373 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

SP1 および SQL 2008 累積的な更新プログラム 4 が適用された SQL Express 2008 を使用する Windows Server 2008 R2 のドメイン コントローラーに Active Directory 移行ツール (ADMT) 3.2 をインストールする際、そのインストールは正常に完了します。ただし、Active Directory] ダイアログ ボックスインストールが完了したら、移行ツールのインストール ウィザード] は空白です。

ときに、次の ADMT コンソールを実行しようとすると、エラーが表示されます。

Active Directory 移行ツール

操作の失敗をチェックすることができません。: DBManager.IManageDB.1: データベース ログインで要求された"ADMT"を開くことができません。ログオンに失敗しました。

MMC コンソールが表示されます。

MMC は、スナップインで作成できませんでした。

MMC は、スナップインで作成できませんでした。スナップインが正しくインストールされていない可能性があります。
Active Directory 移行ツールの名前。
CLSID: {E1975D70-3F8E-11D3-99EE-00C04F39BD92}

原因

どの ADMT と相互運用できる SQL Express の 2008 SP1 で作成されていない"SQLServerMSSQLUser$$InstanceName] グループ内のドメイン コント ローラーで、コードの欠陥があります。このグループは ADMT によって構成に必要な特定ADMT の中に、アクセス許可はインストールして、ADMT データベースの SQL インスタンスに作成することができます。ADMT では、グループが存在する、空白のダイアログ ボックスと、不完全なインストールが行われる必要があります。

解決方法

回避策 1:

対象のドメイン メンバー コンピューターに ADMT をインストールすることを標準的な勧めします。Windows 2008 R2 の移行先ドメインのメンバー サーバーに SQL Express 2008 の SP1 をインストールし、ADMT 3.2 を同じメンバー サーバーにインストールします。

回避策 2:

SID の履歴の移行をコマンドラインやスクリプト化されたユーザーを使用するのには、ドメイン コント ローラー上の ADMT 3.2 をインストールする必要がある場合は、Windows Server 2008 R2 の移行先ドメインのメンバー サーバーで SQL 2008 SP1 (非 Express エディション) をインストールし、ドメイン コント ローラー上の ADMT 3.2 をインストールする場合は、そのリモート インスタンスを選択します。また、ドメイン コント ローラーで SQL Express 2005 の SP3 をインストールできます。

回避策 3:

同じドメイン コント ローラーの 3.2 の ADMT と SQL Express の 2008 SP1 をインストールする必要がある場合、ターゲット ドメインのドメイン コント ローラーで、次の手順を使用します。

  1. ドメイン コント ローラー上の SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージの 4 をインストールします。

    963036累計は、SQL Server 2008 年の 4 のパッケージを更新します。

  2. ドメイン コント ローラー上に SQL Express の 2008 SP1 をインストールします。インストール中に作成された SQL インスタンス名に注意してください (デフォルトは"SQLEXPRESS")。

    Microsoft ? SQL Server ? 2008 Express Edition Service Pack 1
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=01af61e6-2f63-4291-bcad-fd500f6027ff&displaylang=en

  3. SQLServerMSSQLUser$< DCComputerName >$< インスタンス名 > の形式で、ドメイン ローカル グループを作成します。などの場合は、ドメイン コント ローラーは、"DC1"という、SQL インスタンスが「SQLEXPRESS」コマンドを実行する次で管理者特権のコマンド プロンプトします。

    NET LOCALGROUP SQLServerMSSQLUser$DC1$SQLEXPRESS /ADD

  4. SQL サービスの SID を使って、SC. を取得します。EXE コマンド、SQL サービスのインスタンスの名前。たとえば、SQL インスタンスが"SQLEXPRESS"であった場合を管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行し、返されるサービス SID 値に注意してください。

    SC SHOWSID MSSQL$SQLEXPRESS

  5. Windows ディレクトリ内に "ADMT" サブ フォルダーを、さらにその下に "Data" という名前のサブ フォルダーを作成します。たとえば、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行は。

    MD %SystemRoot%\ADMT\Data

  6. 手順 4 では、%SystemRoot%\ADMT\Data フォルダーのフル コントロール アクセス許可を設定を取得、SID を使用します。たとえばで SID が返された場合は、手順 4 が、昇格された権限で次のコマンドを実行するは、「S-1-5-80-3880006512-4290199581-3569869737-363123133」コマンド プロンプト:

    ICACLS の %systemroot%\ADMT\Data/grant *S-1-5-80-3880006512-4290199581-3569869737-363123133:F

  7. SQL Express 2008 のローカル インスタンスを選択するときにドメイン コント ローラー上の ADMT 3.2 をインストールします。

詳細

ドメイン コント ローラー上の任意のバージョンの SQL のインストールは推奨されません。

Active Directory 移行ツール (ADMT) のガイド: 移行し、Active Directory ドメインの再構築
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=6D710919-1BA5-41CA-B2F3-C11BCB4857AF&displaylang=en

Active Directory 移行ツール バージョン 3.2
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=20C0DB45-DB16-4D10-99F2-539B7277CCDB&displaylang=en

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2266373 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbmt KB2266373 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2266373
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com