Office 2007 以前のバージョンから Office 2010 へアップグレード インストールした場合、UserForm 上の Common コントロールを表示できない

文書番号: 2266789 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office 2007 以前のバージョンから Microsft Office 2010 へアップグレード インストールした場合、UserForm 上に以下のいずれかの Common コントロール配置している場合、Common コントロールを表示できません。
  • Microsoft ImageComboBox Control
  • Microsoft ImageList Control
  • Microsoft ListView Control
  • Microsoft ProgressBar Control
  • Microsoft StatusBar Control
  • Microsoft Slider Control
  • Microsoft TabStrip Control
  • Microsoft Toolbar Control
  • Microsoft TreeView Control
また、UserForm を実行またはデザイン モードで表示する際に、以下のエラー メッセージが表示されます。
 
無効なオブジェクト ライブラリです。または定義されていないオブジェクトへの参照を含んでいます。

この現象は、Office 2007 以前のバージョンから Office 2010 へアップグレード インストールした場合にのみ発生し、Office 2010 を新規でインストールした場合には発生しません。

原因

Office 2010 でアップグレード インストールを行うと Common コントロールの登録情報が不正になるためにこの現象が発生します。

回避策

この現象を回避するには以下の方法を実行してください。

  1. [スタート] メニューをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、以下のコマンドを入力して [OK] をクリックします。

    regsvr32 C:\Windows\System32\MSCOMCTL.OCX

詳細

問題の再現手順

  1. Office 2007 以前のバージョンで、任意の Office アプリケーションを起動します。(ここでは例として、Excel 2007 を起動します。)
  2. VBEditor を起動し、ユーザー フォームを挿入します。
  3. ユーザー フォームに、ListView コントロールを挿入します。
  4. Excel マクロ有効ブック (*.xlsm) 形式、または Excel 97-2003 ブック (*.xls) 形式で保存します。
  5. Office 2010 へアップグレードした環境で、手順 4 で作成したファイルを開きます。
  6. セキュリティの警告が表示された場合は [コンテンツの有効化] をクリックします。
  7. VBEditor を起動します。

結果

以下のエラー メッセージが表示され、ListView コントロールを表示できません。

無効なオブジェクト ライブラリです。または定義されていないオブジェクトへの参照を含んでいます。

プロパティ

文書番号: 2266789 - 最終更新日: 2011年2月18日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Personal 2010
  • Microsoft Office Home and Business 2010
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Professional Plus 2010
キーワード:?
kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug kberrmsg KB2266789
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com