Boot.ini ファイルにおける Signature() 構文の使用

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 227704 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP227704
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows のインストール後に Boot.ini ファイルを確認すると、ARC (Advanced RISC Computing) パス エントリが "signature()" 構文で始まっている場合があります。以下に例を示します。
signature(8b467c12)disk(1)rdisk(0)partition(2)\winnt="description"
signature() 構文は、次のいずれかの条件に当てはまる場合にのみ使用されます。
  • システム BIOS または Windows がインストールされているブート パーティションをホストするコントローラで、INT-13 Extension がサポートされていないか、INT-13 Extension オプションが無効になっていて、Windows をインストールしたパーティションのサイズが 7.8 GB を超えているか、またはそのパーティションの最終シリンダ番号が 1024 より大きい場合
  • Windows をインストールしたドライブが、BIOS が無効になっている SCSI コントローラに接続されているため、スタートアップ プロセスで INT 13 BIOS 呼び出しを使用できない場合
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
242518 Windows スタートアップ処理中の長時間の一時停止

詳細

signature() 構文は scsi() 構文に相当するものですが、Windows でプラグ アンド プレイ アーキテクチャをサポートするために、scsi() 構文の代わりに使用されます。Windows はプラグ アンド プレイ対応のオペレーティング システムであるため、Windows の起動時に SCSI ID が変わる場合があります。特に、セットアップの完了後に新しい SCSI 機器を追加した場合は、この可能性が高くなります。

signature() 構文を使用すると、ドライブが接続されている SCSI コントローラの番号にかかわらず、() 内の値と一致するディスク署名のドライブが Ntldr によって検出されます。

signature() の値は、物理ドライブのマスタ ブート レコード (MBR) から抽出されます。この一意の 16 進数値は、セットアップのテキスト モード部分において、または Windows NT 4.0 以前のインストールによって、MBR に書き込まれます。

: MBR のディスク署名が (たとえばウイルスによって) 上書きまたは変更されて (破損して)、Boot.ini ファイルの signature() の値と一致しなくなると、コンピュータの起動時に次のエラー メッセージが表示されます。
コンピュータ ディスク ハードウェア構成の問題のため、Windows 2000 を起動できませんでした。選択されたブート ディスクを読み取れませんでした。ブート パスとディスク ハードウェアを確認してください。ハードウェア ディスク構成については Windows 2000 のマニュアルを、追加情報についてはハードウェアのマニュアルを確認してください。
または
次の ARC ファームウェア ブート構成の問題のため、Windows を起動できませんでした: HAL とシステム パスに対する ARC 名を正しく生成できませんでした。ARC 構成オプションについては Windows のマニュアルを、追加情報についてはハードウェアのマニュアルを確認してください。
いずれかのエラー メッセージが表示された場合、問題の解決方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119467 NTFS/FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法
signature() 構文は scsi() 構文に置き換わるものであるため、起動時に SCSI コントローラを参照するためにシステム パーティションのルート フォルダに Ntbootdd.sys ファイルが必要であるという、同じ要件が適用されます。このファイルは、ブートに使用する SCSI アダプタ用の特殊な SCSI ミニポート デバイス ドライバであり、Ntbootdd.sys という名前でシステム ドライブのルート フォルダに配置されます。

Boot.ini ファイルで使用される ARC 名の詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
102873 [NT]BOOT.INI と ARC パスの名前付け規約と使用法

プロパティ

文書番号: 227704 - 最終更新日: 2005年10月25日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbinfo kbenv KB227704
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com