Microsoft Windows 2000 Server Cluster での印刷スプーラ サポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 228904 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP228904
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Cluster Server を使用して、印刷サーバー機能を作成およびホストすることができます。Microsoft Windows NT Server 4.0、Enterprise Edition と比較して、Windows 2000 では設定手順が改善されています。

Enterprise Edition のクラスタで印刷スプーラを正しく設定する方法については、Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。
197046 How to Set up a Print Spooler on Microsoft Cluster Server

詳細

Server Clusterの Windows 2000 印刷スプーラにおける改善点

  • クラスタ内の各ノードでポート構成を行うために、各ノードでローカルに定義されたプリンタを作成する必要はありません。ポート構成はクラスタ レジストリに格納され、クラスタ ノード間で共有されます。プリンタ ドライバ ファイルは、Server サービス上の制約のため (コンピュータ/サーバー クラスタに固有の共有名が必要です)、ノード間で共有することはできません。プリンタ ドライバをクラスタの仮想サーバーにインストールすると、リソースを所有しているコンピュータの WinDir\System32\Spool フォルダにマップされる print$ 共有に接続します。
  • [Hewlett Packard Jet Direct] に代わり、TCP/IP ポートまたは非 RFC 対応のライン プリンタ リモート (LPR) ポートを使用する [Standard TCP/IP Port] を使用します。RFC への準拠を要求されるオペレーティング システムを実行中のコンピュータからこれらのプリンタに接続する場合は、([アプリケーションの追加と削除] の [Windows コンポーネントの追加と削除] にある) [そのほかのネットワーク ファイルと印刷サービス] の [UNIX 用印刷サービス] を選択して、LPR ポート モニタをインストールしてください。

インストール手順

  1. まだ存在していなければ、クラスタ アドミニストレータで印刷スプーラ リソースを作成してオンラインにします。

    メモ : これは、記憶域タイプ クラスのリソース (物理ディスクなど) およびタイプ ネットワーク名のリソースとの依存関係を要求し、さらに IP アドレス リソースに依存します。これらのリソースが作成され、スプーラ リソースを含むように指定されているグループに追加されていることを確認します。印刷スプーラに既定の "クラスタ グループ" を使用しないでください。

    リソースを作成してオンラインにする方法の詳細については、オンライン ヘルプの次のトピックを参照してください ([スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプ] をクリックします)。
    Windows クラスタリング
    サーバー クラスタ
    リソース管理
    How to Create a New Resource and Bring a Resource Online
  2. いずれかのノード、またはクラスタへのネットワーク許可および管理許可を持つリモート コンピュータから参照します ([スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、\\virtualserver と入力します。virtualserverはネットワーク名リソースで指定される名前です)。
  3. [プリンタ] をダブルクリックします。
  4. [プリンタの追加] をダブルクリックします。
  5. ウィザードの指示に従って、既定の構成を選択しながら、手順を実行します。[プリンタ ポートの選択] ダイアログ ボックスが表示されたら、[新しいポートの作成] をクリックします。

    メモ : 印刷クライアントが RFC 対応の LPR ポートを必要としなければ、[Standard TCP/IP Port] を使用します。ここで [Standard TCP/IP Port] を使用する場合は、([アプリケーションの追加と削除] の [Windows コンポーネントの追加と削除] にある) [そのほかのネットワーク ファイルと印刷サービス] の [UNIX 用印刷サービス] をインストールします。ポート タイプに LPR ポートを選択します。
  6. この印刷キューの印刷ジョブを処理するネットワーク プリンタの IP アドレスを入力します。
  7. プリンタにネットワーク上で一意の名前を指定します。
  8. プリンタの共有を選択します。

    メモ : インストール プロセスによりプリンタ ドライバ ファイルが \\virtualserver\print$ 共有にコピーされます。プリンタ ドライバは、この仮想名で使用されるネットワーク名リソースを所有するクラスタ内のノードの System32\Spool フォルダにコピーされます。
  9. このプリンタへの印刷をテストします。
  10. クラスタ アドミニストレータを使用して、印刷スプーラ リソースを含むグループをほかのノードに移動します。このノードにはプリンタ ドライバがインストールされていないため、仮想サーバー接続からプリンタ リソースにアクセスすることはできないことに注意してください。
  11. 現在スプーラ グループを所有しているノードにコピーするため、プリンタ ドライバをもう一度インストールします。.

    メモ : 今回はポートがクラスタ レジストリに格納されているため、作成済みです。
  12. [プリンタ ポートの選択] ダイアログ ボックスで構成したポートを選択します。
  13. 手順 7 でこのプリンタに指定した名前と同じ共有名を指定します。

    メモ : 同じ名前を指定しないと、2 つのプリンタ キューが同じプリンタに対して構成されます。その場合は、いずれかの印刷キューを削除してください。
ほかのオペレーティング システムやほかのプラットフォーム用に印刷ドライバをさらに追加するには、オンライン ヘルプの次のトピックを参照してください。
ファイルとプリンタ/印刷する/操作方法/プリンタを設定する/ほかのクライアント用のプリンタドライバを追加する
プリンタ ドライバは print$ フォルダにコピーされるため、スプーラ グループを所有しているクラスタ ノードそれぞれに、プリンタ ドライバをインストールする必要があります。プリンタ ドライバを共有フォルダに格納することはできません。すべてのプリンタ ドライバは print$ フォルダにインストールされなければならず、クラスタ ノード間で印刷スプーラの動作を分散させるために、1 台のコンピュータ上に同じ名前で複数の共有を持つことはできません (したがって、クラスタ内の 1 つのノード上に 2 つの印刷スプーラ リソースを構成することはできません)。

Windows 2000 のサーバー クラスタでホストされるプリンタは、自動的に Active Directory に公開されます。このオプションは既定で選択されており、プリンタは印刷スプーラ リソースに関連した仮想サーバー名で公開されます。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 228904 (最終更新日 2000-05-10) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 228904 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbprint KB228904
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com