Communicator 2007 R2 の累積的な更新プログラム パッケージの説明: 2010年 11 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2291453
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2010年 11 月年 Communicator 2007 R2 の更新プログラムで修正される Microsoft Office Communicator 2007 R2 の問題について説明します。
この資料には、更新プログラムに関する以下の情報が掲載されています。:
  • この更新プログラムで修正される問題。
  • 更新プログラムのインストールの必要条件。
  • かどうか、更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか、更新プログラムは他の更新プログラムによって置き換えられます。
  • レジストリの変更が必要かどうか。
  • この更新プログラムに含まれるファイル。

概要

この更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムは次の問題が修正されます。
  • 24125181 つの数値の Active Directory で更新する場合は、ユーザーの特定の電話番号別のユーザーの Office Communicator 2007 R2 のないです。
  • 2415902呼び出しを開始する前に別の Office Communicator 2007 R2 ユーザーが、音声通話または映像通話できるかどうかを判断することはできません。
  • 2416298Office Communicator 2007 R2、資格情報を Exchange Web サービスの可用性データを取得するとき要求します。
  • 24479902 つの着信呼び出しを同時にした場合、Office Communicator 2007 R2 がクラッシュしました。
  • 2447993Wake on LAN 上で自分のコンピューターをスリープから復帰した後、Office Communicator 2007 R2 応答がありません。
  • 2447995Office Communicator 2007 R2 ユーザーが別のユーザーからインスタント メッセージを受信しません。
  • 2447997招待をデスクトップの共有のユーザーが既に、会議に参加していますが、Office Communicator 2007 R2 ユーザーの受信します。
  • 2448009共有スイッチがある場合、Office Communicator 2007 R2 ユーザーが会議から切断されています
  • 2449138Office Communicator 2007 R2 を使用して、開始 Lync 2010 出席者が会議に参加すると、Office Communicator 2007 R2 の [会話] ウィンドウで特定の機能を無効にするのには、修正プログラムは
  • 2449140オーディオでは、リモート コンピューターにリダイレクトされる RDP セッションを終了するとオーディオが Office Communicator 2007 R2 で利用できません。
  • 2449142修正プログラムは Office Communicator 2007 R2 でコンパクトなデルタ ファイル内の役職と、連絡先の勤務先所在地を含めることができるです。
  • 2449143Office Outlook を実行しているコンピューターで Office Communicator 2007 R2 を使用するとエラー メッセージ
  • 2449144リモート通話コントロールの有効なユーザーが Office Communicator 2007 R2 を使用して呼び出しを設定すると、[会話] ウィンドウをウィンドウのフォーカスを移し
  • 2449146Office Communicator 2007 R2 で映像通話中にコンピューターの画面をオフします。
  • 2449148Office Communicator 2007 R2 を使用して、応答グループ サービスの呼び出しに応答しようとすると、致命的な例外が発生しました。


この累積的な更新、更新 969696 と 969821 の更新と共に、以下の問題が修正されます。
  • 971628管理者の代わりにデリゲートまたは会議をスケジュールするのには、ライブの会議をスケジュールするのには、会議アドインは Outlook を使用しようとすると、マネージャーの情報の代わりに、代理人の情報、会議の要求に予期せず表示します。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この問題を解決するには、978564 の更新プログラムの適用、969696、更新および 969821 を更新する必要があります。

    詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
    969696Outlook 用アドインの Live Meeting 会議用の更新の説明: 2009年 7 月
    969821Office Communications Server 2007 R2 の更新プログラム パッケージの説明: 2009 年 7 月日
この累積的な更新プログラムは以前にリリースされた以下の更新プログラムも含まれます。
  • 2252163Office Communicator 2007 R2 を初めて起動すると追加のネットワーク トラフィックが発生します。
  • 2251520配布グループと配布グループの名前を変更した後に誤った情報 Office Communicator 2007 R2 の表示します。
  • 2251474Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt ファイルに対応する数値を変更すると、Office Communicator 2007 R2 を呼び出すユーザーが失敗します。
  • 2251473太字、斜体または下線のフォントでは、Office Communicator 2007 R2 で、英語以外のメッセージを継続的に送信できません。
  • 2250890Office Communicator R2 と、Forefront Security を Office Communications Server コンポーネントがインストールされている Office Communications Server サーバーを使用して、サイズの大きなファイルを送信するとエラー メッセージ
  • 2250113Office Communicator 2007 R2 にログオンしようとすると、パスワード フィールドに DBCS 文字を入力することはできません。
  • 2231823コンピューターが休止状態またはスタンバイ状態にする場合、追加の遅延に Office Communicator 2007 R2 で発生します。
  • 2268858最後のダイヤルされた電話番号を連絡先の変更するには、Communicator 2007 R2 または Communicator 2007 を起動した後の Communicator の Call"の
  • 978164[検索] ボックスに、Office Communicator 2007 または Office Communicator 2007 R2 で Enter キーを押すと、[会話] ウィンドウが予期せず表示されます。
  • 2294484「呼び出しが終了しましたメディア接続障害。」は、オーディオまたはビデオ通話を行うと、エラー メッセージにはがリモート Office Communicator ユーザーが含まれています
  • 981412Office Communicator 2007 R2 の音声会議での会話が多くの領域を使用して Office Outlook で、会話の履歴] フォルダーで
  • 981410Office Communicator 2007 R2 のメニューにカスタム コマンドを追加すると、連絡先 ID パラメーターが動作しません。
  • 981411テキストを Office SharePoint Server Web サイトからコピーして Office Communicator 2007 R2 には、テキストを貼り付けるとテキストが読めないです。
  • 981413"; nbsp"インターネット エクスプ ローラーから、Office Communicator 2007 R2 の [会話] ウィンドウにテキストをコピーする ? に変換されます
  • 981414Microsoft Office Communicator 毎日変更するには、アドレス帳を同期できなくなる場合があります。
  • 983215Office Communicator 2007 R2 を起動すると、空白のウィンドウが予期せず表示されます。
  • 971843エンタープライズの管理者を設定および個人情報管理の設定を Outlook と Microsoft Office Communicator 2007 R2 の Outlook と統合を有効にするようにする統合を適用することはできません。
  • 972085Microsoft Office Communicator 2007 R2 を開始するとエラー メッセージ:"既定のメール クライアントがないか、現在のメール クライアントはメッセージ要求を満たすことはできません。 ください Microsoft Office Outlook を実行して、既定のメール クライアントとして設定」
  • 972087Tanjay を使用して、ユーザーを呼び出す場合は、Communicator 2007 R2 の共鳴し、ユーザー側からの音を聞く
  • 972090自分の声は、Microsoft Office Communicator 2007 R2 では、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 ベースのリモート デスクトップの呼び出しに使用すると連続です。
  • 972091Communicator 2007 の Outlook から電話会議に参加しようとすると R2 でのエラー メッセージ:「Communicator を Office または Office Communications Server アテンダントが Windows ユーザー アカウントで実行しているため、プログラムを開くできない」
  • 971845通信の統合のないユーザーに代理アクセス許可機能 Office Communicator 2007 R2 で使用できません。
  • 971846ビデオ フレームは、Windows XP ベースのコンピューターに Office Communicator 2007 R2 では表示されません。
  • 972093[Communicator 2007 R2 の [会話] ウィンドウは、Windows XP を実行しているコンピューター上での呼び出し中に音量を調整しようとするとエラー メッセージ:「スピーカーの音量を調整できません」
  • 972097Office Communicator 2007 R2 の配布グループの展開が失敗したときのエラー メッセージ:「は、配布グループのローカル コピーを保存できません」。
  • 972099Microsoft Office Communicator 2007 R2 で生成される、「会議開始-会議出席依頼が電子メール」HTML 電子メール メッセージを判読できないテキスト メッセージの本文にいます
  • 972403Communicator 2007 R2 ユーザーは、グローバル アドレス一覧 (GAL) のファイルの完全なダウンロードまたはグローバル アドレス一覧のデルタ ファイルのダウンロードによって生じるネットワーク パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • 971844Communications Server 2007 R2 ユーザーはプライベート分岐 Exchange 電話ユーザーを呼び出すと名前 Communicator 2007 R2 で表示されません。
  • 971078Office Communicator 2007 R2 を実行しているコンピューターにダウンロードが開始されますが、自動更新をビルド 3.5.6907.9
  • 968504Communicator 2007 R2 更新プログラムを Microsoft オンライン サービスの説明
  • 968623LG の Nortel IP8540 またはポリコム CX700 電話、オーディオ ビデオで使用すると、一方向のオーディオが発生する Windows XP での呼び出し
  • 968624ネットワークから Communicator 2007 R2 を実行しているコンピューターを切断するとエラー イベントが発生する:"イベント ID: 3"や"イベント ID: 7"
  • 968625Office 2007 リリース後、Office Communicator 2007 R2 の統合と、次のバージョンの Office の初期変更を適用する修正プログラムの説明
  • 968628リモート パーティの送信呼び出しの Communicator 2007 R2 実績リモート数 (ダイヤルいる数) を格納します。
  • 968631高 DPI (120 DPI) インストールされている Internet Explorer 8 である、Windows Vista ベースのコンピューターに Office Communicator 2007 R2 を実行すると、フォント、[会話] ウィンドウでは非常に小さいです。
  • 968632パスワード フィールドをクリックし、Office Communicator 2007 R2 にサインインするときにパスワードを入力することはできません。
  • 968634ポリコム roundtable デバイスをサポートする Office Communicator 2007 R2 の更新プログラムの説明
  • 968690ユーザー B がメッセージを受信する場合でも、IM ユーザー B に送信した後、Office Communicator 2007 R2 では、ユーザー A の取得を実現する障害メッセージします。
  • 976045Communicator 2007 R2 で Outlook に連絡先を追加しようとするとエラー メッセージ:「Outlook が応答しないため、連絡先を追加するのには、Microsoft Office Outlook に接続できません」
  • 976046インスタント メッセージで Communicator 2007 R2 のテキストとして送信する場合はハイパーリンクを小文字に変換します。
  • 976048ログオフ、再起動、または Communicator 2007 R2 を実行している、コンピューターをシャット ダウンすると、エラー メッセージ:"終了プログラム-Communicator"
  • 976050着信呼び出しを同時リング番号を使用するデバイスに応答すると、Office Communicator 2007 R2 には、不在着信通知が生成されます。
  • 976051断続的に数秒間、オーディオまたはビデオ会議セッションにいるときは、Communicator 2007 R2 の画面を固定します。
  • 976052Communicator 2007 R2 の会議出席依頼を送信するときに、連絡先の表示名が未解決です。
  • 976054オーディオ Communicator 2007 R2 の Communicator 通話時または公開交換電話ネットワーク呼び出し時に Windows Vista を実行しているコンピューターにスキップします。
  • 976985Office Communicator 2007 R2 を使用するときに一部のユーザー アカウントがロックアウトされます。

詳細

パッケージの情報を更新します。

Microsoft ダウンロード センター

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます。:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Communicator.msp パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。。 マイクロソフトはアップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。。

前提条件

この更新プログラム パッケージをインストールするための前提条件はありません。

再起動の要件

この更新プログラムを適用すると Microsoft Office Communicator で特定の依存関係がまだ実行している場合、コンピューターを再起動する必要があります。 たとえば、更新プログラムを適用すると Microsoft Office Outlook または Microsoft Office Communicator 2007 R2 を実行している場合は、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料 2028888 に記載されている、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
2028888Communicator 2007 R2 の累積的な更新プログラム パッケージの説明: 2010年 7 月

レジストリについて

この更新プログラムを適用するのには、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この更新プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルは使用できません。 この更新プログラムには、この資料に記載されている問題を修正する必要がありますファイルのみが含まれています。

この更新プログラムをインストールした後、この更新プログラムのグローバル バージョンがファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に一覧表示されますがあります。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Appshapi.dll3.5.6907.9618,82412-11 月-201009: 54x86
Appshcom.dll3.5.6907.37194,39212-11 月-201009: 54x86
Communicator.exe3.5.6907.2215,145,95212-11 月-201009: 54x86
Lcwabext.dll3.5.6907.988,39212-11 月-201009: 54x86
Ocapi.dll3.5.6907.2217,704,40012-11 月-201009: 54x86
Ocoffice.dll3.5.6907.9144,71212-11 月-201009: 54x86
Rtmpltfm.dll3.5.6907.2216,264,15212-11 月-201009: 54x86
Uccp.dll3.5.6907.2214,774,73612-11 月-201009: 54x86
Uc.dll3.5.6907.2215,931,84812-11 月-201009: 54x86


関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2291453 - 最終更新日: 2010年11月19日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2291453 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2291453
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com