Outlook 2010 でセカンダリ メールボックス内のフォルダーにアクセスしようとするとパフォーマンス上の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2297543
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Outlook 2010 プロファイルに追加した第 2 の Microsoft Exchange Server メールボックス内のフォルダーにアクセスしようとすると、ランダムなパフォーマンス上の問題またはエラーがあります。

たとえば、\Sync の問題は、同期ログ ・ メッセージを以下のようなエラーを検索する可能性があります フォルダー。

13時 22分: 28 シンクロナイザー バージョン 12.0.6529
13時 22分: 28 メールボックス 'TeamShared' の同期
13時 22分: 28 階層を同期します。
13時 22分: 28 メールボックス 'TeamShared' の階層を同期中のエラー
13時 22分: 28 [80040305 ・ 54A ・ 4DE-1900]
13時 22分: アイテムを同時に開くことができますの数は、サーバー管理者が限られている 28。開いているメッセージまたは削除する添付ファイルや画像作成中のメッセージからを閉じてください。
13時 22分: 28 Microsoft Exchange インフォメーション ストア
13時 22分: 28 では、この障害の詳細については、以下の URL をクリックします。
13時 22分: 28 http://www.microsoft.com/support/prodredirect/outlook2000_us.asp?err=80040305-54a-4de-1900
13時 22分: 28 フォルダーの同期エラー

31: 22 13: 'TeamShared - レベル' フォルダー内のローカルの変更を同期します。
13時 22分: 31 フォルダーの同期エラー
13時 22分: 31 [80040305 ・ 54A ・ 4DE-421]
13時 22分: アイテムを同時に開くことができますの数は、サーバー管理者が限られている 31。開いているメッセージまたは削除する添付ファイルや画像作成中のメッセージからを閉じてください。
13時 22分: 31 Microsoft Exchange インフォメーション ストア
13時 22分: 31 にこの障害の詳細については、以下の URL をクリックします。
13時 22分: 31 http://www.microsoft.com/support/prodredirect/outlook2000_us.asp?err=80040305-54a-4de-421

メモ\Sync の問題のフォルダー、メールボックス内を参照するには、ナビゲーション ウィンドウの フォルダー一覧 モジュールを選択する必要があります。

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。

  • ナビゲーション ウィンドウに表示されるように、Outlook プロファイルにセカンダリ メールボックスにアクセスしようとしているが追加されます。

    メモ自分のプロファイルで、[ Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスの [ 詳細設定 ] タブにセカンダリ メールボックスを追加します。


  • このセカンダリのメールボックスに多くのフォルダーが含まれています。
  • Exchange キャッシュ モードでは、プロファイルが構成されています。
  • 共有フォルダーをダウンロード するのには、既定のオプションでプロファイルが有効になります。

この問題は Outlook 2010 をローカル (Outlook データ ファイルの [.ost]) に、セカンダリ、メールボックスのアクセス権のあるすべてのフォルダーにキャッシュされるために発生します。これは、以前のバージョンの Outlook から変更です。共有フォルダー、outlook 2003 がキャッシュされないし、既定では、電子メール、予定表、連絡先、および仕事) などが含まれていない、共有フォルダーは Outlook 2007 をキャッシュします。

解決方法

この問題を解決するには、以下の回避策のいずれかを使用します。

重要な レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

322756 Windows XP と Windows Vista のレジストリを復元する方法

方法 1: 電子メール フォルダーのキャッシュを無効にします。

電子メール フォルダーのキャッシュを無効にするには、"Fix it for me"セクションに移動します。自分でこの問題を解決する場合は、修正は自分で"セクションに移動します。

私の問題を修正します。

この問題を自動的に修正するには、 この問題を解決 する] リンクをクリックします。実行 ファイルのダウンロード ] ダイアログ ボックスをクリックし、このウィザードの手順を実行します。

この問題を解決します。
マイクロソフト修正 50622



メモこのウィザードは英語でのみことがあります。ただし、自動修正は他の言語バージョンの Windows でも動作します。

メモ問題のあるコンピューターにない場合は、問題のあるコンピューターで実行できるように、自動修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます。

自身で修正することができます。

電子メール フォルダーのキャッシュを無効にするが、まだ非-電子メール フォルダーのキャッシュの許可をするのには、次の手順を実行します。

  1. Outlook 2010 を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。

    Windows Vista と Windows 7

    [スタート] ボタン、 検索の開始 ] ボックスに regedit と入力し、ENTER キーを押します。

    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または 許可するをクリックします。

    Windows XP で

    [スタート] ボタン、 実行] をクリックして、 regeditと入力および [ok]をクリックします。
  3. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached モード

    メモキャッシュ モード のキーが存在しない場合は、次の手順に従ってこのキーを作成します。

    a. Outlook キーを選択します。
    b. [ 編集 ] メニューで、[ 新規作成] をポイントし、[ キー] をクリックします。
    c. を キャッシュ モードでは、入力し、ENTER キーを押します。
    d. キャッシュ モード キーを選択し、手順 4 に進みます。
  4. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. CacheOthersMailを入力し、ENTER キーを押します。
  6. [編集 ] メニューの [ 変更を] をクリックします。
  7. 0と入力し、[ OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディターを終了します。
  9. Outlook 2010 を起動します。

この変更を行った後は、Outlook 2010 の機能は、Outlook 2007 の既定の機能と一致します。オフラインで作業している場合は、セカンダリのメールボックス内の電子メール以外のフォルダーのみを使用できます。

方法 2: のキャッシュを無効に すべての 共有フォルダー

すべての共有フォルダーのキャッシュを無効にするには、次の手順を実行します。

  1. ファイル ] タブで、 [アカウント設定 ] ボックスの一覧で アカウント設定 をクリックします。
  2. [アカウント設定 ] ダイアログ ボックスで、 [電子メール ] タブをクリックし、 Microsoft Exchange Server アカウントをダブルクリックします。
  3. アカウントの変更 ] ダイアログ ボックスで、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスで、[ 詳細設定 ] タブをクリックします。
  5. 共有フォルダーをダウンロード する] チェック ボックスをオフにします。


  6. [Ok] を 2 回クリックします。
  7. 次へをクリックして、 [完了] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。
  8. Outlook を再起動します。

この変更を行った後は、オフラインで作業しているときにセカンダリ メールボックス内の共有フォルダーの Outlook で使用できるになります。オフラインで作業している場合ただし、プライマリ メールボックス内のすべてのフォルダーが使用できます。

方法 3: 2 番目の Exchange アカウントのプロファイルにセカンダリの Exchange メールボックスの構成を変更します。

セカンダリの Exchange メールボックス内のすべてのフォルダーをキャッシュする場合は、2 番目の Exchange アカウントにセカンダリ メールボックスを追加するには、Outlook プロファイルを変更するのには、次の手順を実行します。

メモこれらの手順を実行するには、いずれかのセカンダリ メールボックスのアカウントのパスワードを知る必要があります。 またはセカンダリのメールボックスをアカウントにフル メールボックスのアクセス許可を持つ必要があります。この情報またはアクセス許可を Exchange Server 管理者を参照してください。

  1. ファイル ] タブで、 [アカウント設定 ] ボックスの一覧で アカウント設定 をクリックします。
  2. [アカウント設定 ] ダイアログ ボックスで、 [電子メール ] タブをクリックし、 Microsoft Exchange Server アカウントをダブルクリックします。
  3. アカウントの変更 ] ダイアログ ボックスで、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスで、[ 詳細設定 ] タブをクリックします。
  5. [ 詳細設定 ] タブをクリックします。メールボックス ] セクションで、セカンダリのメールボックスを選択し、[ 削除] をクリックします。
  6. メールボックスの削除を確認するメッセージが表示されたら、[ はい ] をクリックします。
  7. [Ok]をクリックして、 次へをクリックして、 [完了] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。

    この時点では、セカンダリの Exchange メールボックスを Outlook プロファイルに関連付けられてなったです。
  8. Outlook を終了します。
  9. コントロール パネルの メール アイテムを開きます。
  10. プロファイルを選択し、[ プロパティ] をクリックします。
  11. [電子メール アカウント] をクリックします。
  12. [アカウント設定 ] ダイアログ ボックスの [ 電子メール ] タブで、[ 新規作成] をクリックします。
  13. サービスの選択 ] セクションで、 新しいアカウントの追加 ] ダイアログ ボックスの [ 電子メール アカウント] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

    セカンダリ メールボックス アカウントのパスワードを知っている場合は、手順 14 に進みます。

    フル メールボックス アクセス許可このセカンダリのメールボックスを自分のアカウントを持つセカンダリ メールボックス アカウントのパスワードがわからない場合は、18 のステップに移動します。

  14. 自動アカウント セットアップ ] セクションの [新しいアカウントの追加 ] ダイアログ ボックスでセカンダリのメールボックスでは、次のアカウント情報を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    名前
    電子メール アドレス
    パスワード



  15. アカウントが正しく構成されている場合は、[ 完了] をクリックします。
  16. [閉じる] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  17. 22 のステップを実行するには、[移動] をクリックします。
  18. 自動アカウント セットアップ ]、[ 新しいアカウントの追加 ] ダイアログ ボックスの サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。
  19. サービスの選択 ] セクションで、 新しいアカウントの追加 ] ダイアログ ボックスの Microsoft Exchange、または互換性のあるサービスをクリックし、[ 次へ] をクリックします。
  20. サーバー設定 ] セクションの [新しいアカウントの追加 ] ダイアログ ボックスで、セカンダリのメールボックスに対して次の情報を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    サーバーは、Exchange サーバーの名前です。
    キャッシュ Exchange モード (ローカル .ost ファイルにキャッシュするのには、セカンダリのメールボックスを使用できるように有効になっている) を使用します。
    ユーザー名


  21. [完了] をクリックして、 [閉じる] をクリックして、 [閉じる] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  22. Outlook を起動します。
    </blockquote style="margin-right:>

詳細

方法 3 の「解決方法」セクションで指定されている構成の変更を行った後、Outlook 2010 を使用すると、次の特定の問題があります。

  • 新しいメールの通知の両方の Exchange メールボックスが表示されます。


  • 最初の Exchange メールボックス アカウントを特別にプライベート メッセージを表示できるように構成されていない場合でも、2 番目の Exchange メールボックスにプライベートとしてマークされているメッセージを表示できます。

プロパティ

文書番号: 2297543 - 最終更新日: 2011年5月9日 - リビジョン: 9.0
キーワード:?
kbmt,kbfixme,kbmsifixme KB2297543
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com