[SMS] データ探索マネージャがクライアント構成要求(CCR)を生成する条件

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 229769 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP229769
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Windows NT リモート クライアント インストールを使用する際、Systems Management Server (SMS) クライアントがクライアントに "プッシュ" されるかどうかは、そのシステムに対して処理されるデータ探索レコード (DDR) ファイルへの、データ探索マネージャ スレッドによる評価で決まります。DDR は、ネットワーク探索、Windows ネットワーク ログオン探索、あるいはWindows NT サーバー グループ探索などにより作られ、データ探索マネージャがクライアント構成要求 (CCR) を生成する原因となります。データ探索マネージャは、CCR を生成する前に、候補のクライアントがサイトの境界内にあるかどうかを確認します。CCR がトリガとなり、クライアント構成マネージャ (CCM) のスレッドが、ターゲットの Windows NT ベース コンピュータに SMS クライアントのインストールを試みます。

: この資料の意味の上では、Windows 2000 ベースのコンピュータは Windows NT ベースのコンピュータと等価となります。たとえば、Windows NT のリモート クライアント インストールによって、Windows 2000 ベース コンピュータへのリモート インストールも同時に行われます。

詳細

CCR を作成する必要があるとデータ探索マネージャが判定するには、次の条件が満たされる必要があります。
  • アーキテクチャは "System" であること。データ探索マネージャは、ルーター、プリンタ、その他のネットワーク デバイスに対しては CCR を生成しません。
  • リソースは既存のクライアントでないこと。現在、リソースが SMS データベース内にクライアントとして存在する場合、CCR は作成されません。
  • リソースは現在のサイトに割り当てられていること。ターゲット コンピュータのサブネットは、サイトのサイト境界内になければなりません。
  • オペレーティング システムの種類を示すプロパティは "Windows NT" であること。探索方法としてネットワーク探索を使用するときは、ネットワーク探索 プロパティで [全般] タブの [トポロジ、クライアント、およびクライアントのオペレーティング システム] チェック ボックスをオンにする必要があります。
  • Windows NT リモート クライアント インストールが有効になっていること。Windows NT リモート クライアント インストールを構成することで、Windows NT ベースのワークステーション、Windows NT ベースのメンバ サーバー、および Windows NT ベースのドメイン コントローラに SMS のクライアントをプッシュすることができます。Windows NT サーバー グループ探索はオフにできず、すべてのサイト システムに対して CCR が生成されます。
  • DDR には、リモート レジストリの接続を可能にするプロパティが最低 1 つは含まれていること。有効なプロパティは、NetBIOS 名と IP または IPX のアドレスです。
  • ExcludeServers レジストリ キーでコンピュータ名が指定されていないこと。 Windows NT リモート クライアント インストールによって、コンピュータに SMS がインストールされていないことを確認するのに使用するレジストリ キーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    207729 SMS: Excluding Computers from Windows NT Remote Client Installation
    207729 [SMS]Windows NT リモート クライアントインストールからマシンを除外する方法
機能フローとトラブルシューティング情報については、 『Systems Managememnt Server 2.0 リソースキット』第23章にある「Windows NT リモートクライアントインストール」のフローチャートを参照してください。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 229769 (最終更新日 2001-10-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 229769 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Standard Edition
  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Service Pack 1
  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Service Pack 2
  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Service Pack 3
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbsms200 kbdiscovery kbserver kbsetup kbconfig kbclient KB229769
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com