[XCON] SMTP メールを中継するように IIS SMTP サービスを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 230235 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、SMTP サービスのインストール後に、Microsoft SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) 中継サーバーとして動作するように SMTP サービスをセットアップして構成する方法について簡単に説明します。SMTP サービスは、Internet Information Server (IIS) 4.0 および Microsoft Commercial Internet System (MCIS) 2.0 に含まれます。

Microsoft SMTP サービスが SMTP 中継サーバーとして構成されていない場合、SMTP サービスを使用する電子メール クライアントで、メール送信時に以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
550 Unable to relay for user@domain.com

詳細

Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用して SMTP サービスを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. SMTP サイトを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[SMTP Site のプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。次に、[配信] タブをクリックします。
  2. DNS (ドメイン ネーム システム) 解決を処理するためにスマート ホストを使用する場合は、[スマート ホスト] ボックスにスマート ホストの IP アドレスを入力します。
  3. 次に、独自の DNS 解決を試行する場合は、[スマート ホストへ送信する前に直接配信を試行する] チェック ボックスをオンにします。

    : [Microsoft TCP/IP のプロパティ] ダイアログ ボックスで DNS を正しく設定する必要があります。メッセージをインターネットに中継するには、[DNS] タブに ISP の DNS サーバーを指定するか、またはインターネットのメール エクスチェンジャ (MX) レコードにアクセスできる DNS サーバーを使用します。
  4. 新規インストールの場合は、[SMTP Site のプロパティ] ダイアログ ボックスに移動します。[配信] タブの [完全修飾ドメイン名] ボックスに、既定のサイトに使用する SMTP ドメイン名が指定されていることを確認します。このドメイン名は、SMTP 通信の "helo" バナーに表示されます。
  5. コンソール ツリーで SMTP サイトを展開し、[ドメイン] をダブルクリックします。DNS に登録されていない、企業の内部ドメインの場合は、[動作] メニューの [新規作成] をポイントし、[ドメイン] をクリックし、ドメイン作成ウィザードを使用して新しいドメインを作成します。

    ローカル ドメインは、この SMTP サーバーによってホストされるドメインです (IIS 4.0 の場合、メールはドロップ ディレクトリに置かれます)。

    リモート ドメインは、リモートの SMTP サーバーでホストされるドメインです。この SMTP サーバーで生成されるリモート ドメインを配信先とするメールはすべて、リモート ドメイン フィールドの完全修飾ドメイン名 (FQDN) ホストに転送されます。

    [domain のプロパティ] ダイアログ ボックスで [このドメインへ受信メールを中継する] チェック ボックスをオンにすると、他の SMTP ホストから配信されるメールも中継されます。
  6. [SMTP Site のプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[セキュリティ] タブをクリックします。
  7. [中継の制限] の [編集] をクリックして、[中継の制限] ダイアログ ボックスを表示します。
  8. すべてのコンピュータが認証なしで中継できるようにする場合は、[許可する] をクリックし、[正しく認証されたコンピュータを中継に利用することを許可する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  9. 認証されたコンピュータのみが中継するようにする場合は、[拒否する] をクリックし、[正しく認証されたコンピュータを中継に利用することを許可する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  10. 認証されているかどうかにかかわらずどのようなコンピュータも中継できないようにする場合は、[拒否する] をクリックし、[正しく認証されたコンピュータを中継に利用することを許可する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
中継の制限を設定した後、サービスを停止したり再開したりする必要はありません。設定した内容は、確立された接続に対しても即座に反映されます。

プロパティ

文書番号: 230235 - 最終更新日: 2005年10月19日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Commercial Internet System 2.0
キーワード:?
kbhowto KB230235
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com