情報: Visual Studio 6.0 SP3 のリリース ノート: 4 - Visual C パート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 230727
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ファイルが含まれています。 この Readme についてはマイクロソフトの Visual Studio スイートの開発ツールを更新します。コア サービス パック、インターネットからダウンロードした場合は、このファイルのすべてのセクション、受信の更新が適用されます。修正された問題をダウンロード、Visual Studio セクションに加えて、コアによって更新の商品のセクションに記載されているコアに適したをダウンロードします。

Microsoft Visual Studio 6.0 サービス Pack 3 Readme は次のとおりです。

パート 1: 概要とインストール

パート 2: Visual Studio

パート 3: Visual Basic

手順 4: Visual C

第 5 部: Visual FoxPro

第 6 部: Visual InterDev

第 7 部: Visual J

第 8 部: Visual SourceSafe

パート 9: ファイル バージョン

最新の製品情報については、Visual Studio の Web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/vstudio

製品の最新の更新を示しています Visual Studio サポート サイトでを参照してください。

http://support.microsoft.com/support/vstudio

このリリース ノートの他の部分の詳細については、下記の「関連を参照してください。

詳細

Microsoft Visual の C++

Visual C の問題カテゴリおよび service pack は、既知の問題の一覧に従って配置、Service Pack 3 で修正する問題の概要を次に示します。表示されている技術の詳細を参照してください。

Windows CE ツールキットと Visual Studio 6.0 Service Pack 3

Visual Studio Service Pack 3、Microsoft Windows CE Toolkit Visual C 6.0 のインストール時にトランス フォームされた特定 Visual C 6.0 のコンポーネントを上書きします。これは、Visual C 6.0 Service Pack 3 のインストールでは、Windows CE Toolkit を実行できませんを意味します。また、アンインストーラーが Service Pack 3 に含まれないことに注意してください。Service Pack 3 をインストールして、Visual C では、Windows CE Toolkit を実行する場合は、Visual C 6.0 のアンインストーラーを使用して、Visual C 6.0 を削除し、Visual C 6.0 と Windows CE の Toolkit を Visual C を再インストールする必要があります。Windows CE の Toolkit は Visual C の将来のバージョン Visual Studio の 6.0 Service Pack 3 と互換性のない状態が解決されます。

ATL の問題

Windows 2000 ベータ 3 を Service Pack 3 をインストールします。

Windows 2000 Beta 3 で Visual Studio の 6.0 Service Pack 3 をインストールする方法の詳細については、については、この資料の後半での Windows 2000 Service Pack 3 のインストールを参照してください。

ATL の修正

次の ATL の問題が修正されました。

  • 190531 (ATL オーバーライド) delete 演算子または関数を自由に NULL ポインターを渡すときにクラッシュします。
  • 191626 CComVariant > と< operators="" cause="" lnk2001="">
  • 194180 ATL DLL または EXE の Visual C のバージョン 6.0 の前に組み込まれているコンピューターで Visual の C++ 6.0 Atl.dll の登録を解除すると、アクセス違反をインストールします。
  • 198019 一部の ATL コントロールのサイズしていないです。
  • 長いパス名で ATL サーバーの登録に失敗しました。
  • 217182 DECLARE_REGISTRY() マクロを使用すると説明がレジストリに追加されなかった。
  • 218829 CComEnumImpl<>:: Skip() していないオーバーフローが正しく処理します。
  • 222613 「'm_mov': 宣言されていない識別子"アルファ プロジェクトとエラー
  • 223165 名前付き引数は DISP_E_UNKNOWNNAME GetIDsOfNames () を返します

ビルド/コンパイラ/リンカーの問題

次のビルドの問題が修正されました。
  • 187280 Cvtres.exe がリンカーによってリソース ファイルは COFF 形式に変換するために使用、バージョンが正しくないアプリケーションを使用できなくいくつかの複数言語リソースの原因となった。
  • 192539 友人< operator="" would="" not="" compile="" if="" defined="" outside="" the="">
  • 194615 プロジェクトは、他のプロジェクトによって作成されるプリコンパイル済みのヘッダーを削除します。
  • 195376 /Og および/Oa または/Og と/Ow をコンパイルすると、スケールの参照が間接参照を無視するためにコードが正しく最適化する可能性があります。たとえば。
    mov         esi,dword ptr [ecx+edx*4]
    mov         ecx,dword ptr [ecx+edx]
    					
    正しくは次のように最適化されました。
    mov         esi,dword ptr [ecx+edx*4]
    mov         ecx,esi   // error, because we were actually trying 
                          // to load from a different address.
    					
  • 199736 コンパイラの制限に 58 以上の組のかっこが入れ子になっているコードをコンパイルできませんでした。SP3 では、コンパイラは最大で 256 レベルのネストをサポートします。
  • 205681 使用、+ + 演算子は return ステートメントでコードを/Od でコンパイルしたときアクセス違反が生成します。
  • 216181 場合によっては、/Og でコンパイルするスタックの内容が完全に設定された前にコピーするには、スタック フレームが、正しくないコードを生成します。
  • 216720 速度を最適化すると、正しくないコードが、ビットごとのコンパイラを生成またはクラッシュするには、コンパイル済みのアプリケーションが原因で、ブール型、操作、データが破損または誤作動をそれ以外の場合。
  • 216727 コンパイラは浮動小数点数の値で初期化された const int 変数の誤った初期化を生成します。
  • 216715 不適切なコードの生成、またはすべてのこれらの条件を適用すると、内部コンパイル エラー:
    1. 左側と右側の両方の側面には、[3 項] コロンの (?:) 演算子はクラス型の。
    2. 右側にあるユーザー定義変換演算子の左側にある変換です。
    3. 左側には、右側に指定したクラスのオブジェクトを受け取るコンス トラクターがありません。
  • 216716 宣言、ポインター、関数定義の typedef を使用して関数への typedef から変数を初期化すると、コンパイラが再配置フィックス アップは、関数のアドレスを作成者でないです。
  • 216718 場合によっては、/Zi と/Yc でコンパイル C1001 内部コンパイラ エラーを生成します。
  • 216722 クラスのテンプレート引数として、関数ポインターを使用して、その関数を呼び出す、次の例に示すようにコンパイラ エラーが発生しました。
    template < class T, int (*pfn)(T *)>
    class NewClass
    {
    public:
       int Test(T *pb)
       {
       return (*pfn)(pb);
       }
    };
    int Bar( BOGUS *pb )
    {
       return pb->m_i;
    }
    void main (void)
    {
       BOGUS b;
       b.m_i = 6;
       Foo < BOGUS, &Bar > foo;
       foo.Test(&b);
    }
    					
  • 216731 コードは、デストラクターを明示的に作成された匿名の一時の呼び出しに失敗しました。
  • 216747 /Og と/G6 コードを最適化すると、Visual C は、株式会社が移動、追加、sub、または lea 命令はメモリ参照命令で。次の例などの場合は、Visual C 6.0 が正しく置き換え更新されませんでした。
    inc eax
    mov [eax + 2*eax + 3]
    					
  • 216854 プロジェクトは、/useenv オプションを削除した後の環境設定の使用を継続します。この回避策は、レジストリ設定を削除するが必要です。/Useenv のみ設定されている場合 SP3 には、IDE の環境設定を使用します。
  • 217033 まれ、コード半分のダブル メモリーに保存/Og でコンパイルしからは、FP レジスタをロードします。ランダム データ半分 FP 値をしていた場合、誤った値が発生しました。
  • 195377 /Map を VxD をビルドする場合、リンカー ファイル ハンドル マップ ファイルには、リンカー ツール エラーれる ("LNK1104: ファイル file.map を開くことができません")。
  • 217171 リンカーは、VxD またはドライバーで/ZI (エディット コンティニュ) コンパイラ オプションを作成するとき無効なイメージを生成します。/ZI、VxD またはドライバーからの読み込みを防ぐことができます、画像、特殊な情報を挿入します。リンカーは/VXD が指定されているときに、/ZI オプションを無視するように変更されています。(、エディット コンティニュは、VxD またはドライバーをデバッグするとき使用できませんつまり。)リンカーは VxD に対して無効であると呼ばれるセクションを検索するかどうかはユーザーに警告します。
  • 217168 ユーザーが指定したスタック、またはヒープ コミット サイズが指定された予約のサイズより大きいイメージをビルドするリンカーを許可しました。この状態が無効です、デバッガーなどのツールのイメージをロードできませんでした。スタックまたはヒープ コミット サイズ、予約サイズよりも大きいを指定した場合、リンカーは致命的なエラー メッセージを発行します。
  • 217164 組み込みの結果は、int & 引数を受け取る関数に渡されたとき、不適切なコードが生成されました。
  • 217755 TKIND_MODULE のメンバーは、タイプ ライブラリの #import を無視します。
  • 218611 場合によっては、/Og および/Ob1 でコンパイルの不適切な比較誘導ループ変数がループ内で比較した変数の型の比較の型で、ループの残りの部分から異なって場合に生成します。
  • 218613 Alpha プラットフォームで遅延読み込みのインポートを使用すると、場合によってはリンカー無効なフィックス アップを作成して警告なしで無効なイメージを生成します。
  • Visual C 6.0 は、ターミナル サーバーを認識するアプリケーションはサポートされていなかった。新しいリンカー オプション、/tsaware SP3 のリリースを追加 [: なし]、この目的のため。/Tsaware オプションは、イメージ オプション ヘッダーをターミナル サーバーに対応するアプリケーションに、適切なビットを設定するのには、リンカーがされます。

CRT の問題

次の CRT の問題が Service Pack 3 で修正されました。
  • 214661 C のランタイム ライブラリ内のバグを夏時間。
次の CRT の問題以前の service pack で修正されましたし、Service Pack 3 に含まれています。

サービス パック 1:

  • 193509 マルチ スレッド アプリケーションでは、strftime 別のスレッドが実行されている間は、setlocale 関数を呼び出す 1 つのスレッドでアクセス違反の例外となります。
サービス パック 2
  • MSVCRT という。DLLサービス パック 2, msvcrt というは。DLL は、Visual C 5.0 のヒープに加えて、Visual C 6.0 ヒープの互換性が向上するように変更されました。Visual C 6.0 がアプリケーション、Visual C 6.0 のヒープと C 6.0 アプリケーションの pre-Visual を使用して、引き続き Visual C 5.0 のヒープを使用します。
次の 2 つの技術資料に記載されているヒープの互換性の問題が修正されています。
  • 190536 PRB: 無効なページ違反 Msvcrt.dll で。
  • 194550 PRB: メモリを複数回解放するアクセス違反が発生する場合があります。
  • インストール時に、CRT ヒープ管理ファイルをいくつか、ヒープ Visual C 6.0 と Visual C 5.0 のヒープの両方のコードを含む更新されたファイルによって上書きされます。Visual C 6.0 の静的ライブラリを再度ビルドする必要がある場合は、Visual C 5.0 のヒープ コード、静的ライブラリに含まれます。それは使用されません。ヒープに追加された、Visual C 5.0 SP2 解放する上記の問題のために発生することができます互換性の問題を防ぐために。Visual C 5.0 コードを再構築した静的ライブラリに含めるしたくない場合は、Visual C 6.0 では、リリースされた、元のコードを使用してライブラリを再構築する必要があります。

更新されたデータ アクセス オブジェクト (DAO)

Visual Studio 6.0 sp3 では、DAO 3.6 の更新版が含まれています。Office 2000 では、DAO 3.6 を付属していて、この service pack で提供されるファイルの更新されたバージョンを作成するようにします。DAO 3.6 は、DAO 3.5 をインストールできる x。このドキュメントの後半に記載されて、SDK のソース ファイルが再頒布可能ではありません。

DAO 3.6 にアップグレードは、Office 2000 形式のデータベースにアクセスする必要があるのみ既存の DAO アプリケーションをお勧めします。新しいプロジェクトでは、後続の DAO を (新しい OLE DB テクノロジを基に作成)、マイクロソフト推奨されるデータ アクセス プログラミング モデルとしては ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使用してを強くお勧めします。

DAO 3.6 の変更

  • Unicode のサポートが追加されました。
  • Unicode のサポートが追加されました。Jet 4.0 のサポートが追加されました。
  • RepairDatabase はサポートされていません。これは、Jet 4.0 を一致させるです。この機能が必要な場合は、CompactDatabase では、修復を実行することもありますを使用します。

DAO 3.6 の Visual Studio の Service Pack 3 に含まれているファイル

このサービス パックに含まれる次のファイルです。

  • dao360.dll
  • dao360.chm
使用するか、または Visual C から DAO でのプロジェクトをビルドするには、(次の手順を参照してください) のライブラリ ファイルを作成します。場合は、サービス パック、インターネットからダウンロードした Visual Studio Service Pack 3 cd の e:\support ディレクトリまたは抽出フォルダーにこれらのファイルを参照できます。
DAO SDK Headers       DAO SDK Source
-------------------------------------- 
_dbdao.h              dbdaouid.cpp 
dbdaoerr.h            resource.h 
dbdaoid.h             version.rc 
dbdaoint.h            stdafx.h 
version.usr           dbdao.dsp 
daogetrw.h            Dbdao.dsw 
VERSTAMP.H            dbdao.mak 
VERSION.H             dbdao.rc 
Dbdao.h               Dbdao.cpp
				

DAO ライブラリをビルドするのには

  1. Visual Studio を実行しているコンピューター上のディレクトリには、DAO SDK ヘッダーとソース ファイルをコピーします。
  2. Visual C では、DBDAO を開きます。DSW。
  3. から、 ビルド メニューの選択 構成をクリックし、使用するライブラリの種類を選択します。
  4. から、 ビルド メニューの選択 ビルド<dll name=""></dll>.選択して同時に複数の dll を作成できます。 バッチ ビルド から、 ビルド メニューです。
  5. DAO アプリケーションは、通常どおりコンパイルします。

DAO 3.6 を配布します。

DAO 3.6 は、DAO SDK クラスを通じてアクセスするアプリケーションを配布するには、適切な DAO36x.DLL は、アプリケーションをインストールします。

デバッガの問題

次のデバッガーの問題が修正されました。

  • 198839 考えられる障害は非同期ブレークでブレークポイントが複数回が発生した場合は、マルチプロセッサ コンピューターの。
  • 217369 デバッガーとクラッシュ、ハング、または、プログラムを OutputDebugString に頻繁に呼び出しをリモートでデバッグするときリソースの不足の警告を出力します。
  • 217437 2 つのシンボルのデバッグ情報が、同じハッシュ値がある場合は、デバッガーがクラッシュします。
  • 218612 リモート デバッグは、Alpha プラットフォーム上で動作しません。

IDE の問題

統合開発環境 (IDE) の以下の問題が修正されました。
  • 193478 IDE は、マクロの実行が繰り返される例外を発生させたときにクラッシュしました。
  • 193476 IDE を固定または _asm または _ _asm [データヒント] ポップアップを表示しようとすると終了します。
  • 194843 IDE から、CreateObject または GetObject 関数にアクセスしようとすると、VBScript は、次のエラー メッセージが表示されます。
    # の行: ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません' CreateObject'
    これらの関数を呼び出すには、エラー メッセージが表示ことがありますに成功しました。

  • 195375 [クラス ビュー] ウィンドウの再描画 Visual SourceSafe を使用すると低速でした。
  • 216849 ユーティリティ プロジェクトは、保存の操作を実行するときに IDE がクラッシュしました。
  • 216869 ユーザーにし、関数パラメーター [データヒント] に表示されていたときに、行を削除しようとすると、IDE がクラッシュしました。
  • 216868 ユーザー エディターのソースに派生クラスを作成すると場合によっては、IDE が警告なし終了しました。
  • 216853 存在しないファイルの Documents.Open マクロを繰り返し実行するときに IDE がクラッシュしました。
  • 216851 メイクファイル プロジェクトで AddConfiguration を使用した場合、Developer Studio のオブジェクトのメソッドへの呼び出しを AddConfiguration でした。

Microsoft Foundation クラス (MFC) の問題

Windows 2000 ベータ 3 を Service Pack 3 をインストールします。

Windows 2000 Beta 3 で Visual Studio の 6.0 Service Pack 3 をインストールする方法の詳細については、Windows 2000 Service Pack 3 のインストールを参照してください。

MFC 6.0 で Access 2000 データベースを使用します。

MFC 6.0 で Microsoft Access 2000 データベースを使用することがあります。アプリケーションでこのサポートを依頼するには、DAO 3.6 でを有効にする必要があります。
  • DLL バージョンの MFC は、データベース関連の呼び出しを行う前に、initinstance 関数を次の行を追加とリンクします。
    AfxGetModuleState()->m_dwVersion = 0x0601
    						
    - または -
  • MFC のスタティック ライブラリを再コンパイルで _MFC_VER を 0x0601 に設定します。

MFC の修正

次の MFC の問題が修正されました。
  • 190518 MFC AppWizard 誤ったイメージ ツールバーのボタンは、ドキュメント/ビュー アーキテクチャを使用していない SDI アプリケーションの関連付けられています。
  • 193101 ソケット スレッドの状態は、マルチ スレッドの静的にリンクされた MFC アプリケーションは初期化されていません。アプリケーション内のスレッドのいずれかの AfxSocketInit を呼び出す場合は、そのスレッドに対するソケット スレッドの状態を設定するのにはさらに呼び出し、同じ関数を他のスレッドに失敗しました。
  • 194300 アサート、MFC レギュラー DLL でダイアログ ボックスを作成するときに発生します。
  • 197448 不整合が、出力列およびパラメーターのバインドを行うメモリがありました倍を含む、MFC ODBC フィールドに再割り当てするには、連結文字列に CString::Format を呼び出しています。
  • 216850 MFC AppWizard アプリケーションなしのドキュメント/ビュー アーキテクチャ、初期ステータス バー、またはツールバーのドッキングに assert ステートメントにクラッシュします。
  • 217208 CMenu::GetMenuString、256 が破損しているになりバイトの文字列が正しく処理されなかった。
  • 217201 TOOLTIPTEXT.lpszText 文字列リソースの ID または使用しない場合バグ CControlBar::WindowProc でアクセス違反の原因となった。これは、一覧には、文字列リソースの識別子を lpszText メンバー構造にコピーされたリソースが含まれているインスタンスのハンドルを hinst 構造体メンバーにコピーすると問題が発生します。
  • 217216 CDaoDatabase::CreateRelation にはアサーションが原因で、参照カウントを超えるリリースと呼ばれます。
  • 225140 MFC アプリケーションの COleDateTime::operator の障害に起因する問題が発生する可能性がありますは 1999 年以降後の日付が正しくアカウントを = します。MFC40 の変更によってこの問題を解決します。DLL と MFC40u.DLL。これらの Dll を使用する MFC アプリケーションは、再コンパイルせずこの修正プログラムを使用できます。Visual C 4.0 または 4.1 で構築されたアプリケーションでのみには更新済み DLL が必要です。

Service Pack 1

次の MFC の問題は、Service Pack 1 で修正され、Service Pack 3 に含まれています。
  • 192942 ActiveX コントロール自体のサイズ変更を移動する、スタック オーバーフローが発生します。
  • 193099 ダイアログの作成に失敗すると CDialog::Create は FALSE を返しませんでした。
  • 193102 不適切なアサーション デバッグ ビルドでは、入れ子になったアクティブ化を含む自動ルーティング状況でが発生しました。
  • 193100 UNICODE リリース ビルドの MFC では ANSI 文字列を逆シリアル化、アクセス違反の原因となった。
  • 193272 CPrintDlg::OnInitDialog が失敗するこの初期化ルーチンに依存しているプログラムが原因で、Visual C 6.0 で作成された Dll の MFC を呼び出さなかった。

多言語の問題

次の複数の言語および言語の共存の問題が修正されました。
  • Microsoft (r) Visual Fortran ユーザー コマンド ラインように Devshl.dll に問題が作成されます。
  • ストリング テーブルから 1 つのプログラミング言語でアプリケーションを呼び出すと、その他の言語のリソースの文字列を検索できないことが原因の破損。

OLE DB コンシューマーの問題

次の OLE DB コンシューマーの問題が修正されました。
  • 191738 CArrayRowset を使用すると、バッファーにデータの複数のページ (4 KB) を格納するか、存在しないレコードを取得しようとしています。 無限ループの原因となった。SP3、4 KB を超えるデータを格納する機能が適切に、存在しないレコードを取得しようとしています原因でアクセス違反 (ものなどは、ユーザーを取り戻すことができます。
  • 217218 OLE DB テンプレート FILETIME ではなく DBFILETIME を使用します。
  • 218929 UUID。LIB には、不正な定義では、IViewFilter インターフェイスが含まれています。IViewFilter は、OLE DB テンプレートで使用されていない OLE DB 1.5 インタ フェースです。ただし、この定義は、インターフェイスを直接使用しようとしています。 OLE DB コンシューマーの問題を引き起こす可能性します。
  • 223180 FIX DB_E_ERRORSOCCURRED Jet プロバイダーでは、OpenDataSource から。

OLE DB プロバイダーの問題

次の OLE DB プロバイダーの問題が修正されました。
  • 201387 CTABLESRow TABLE_PROPID 列がありませんでした。このコラムは、消費者を要求すると、プロバイダーの OLE DB テンプレートは失敗しないのでこれが追加されています。
  • 217181 PROVIDER_COLUMN_ENTRY マクロではなく 2 (DBKIND_NAME) (DBKIND_GUID_NAME) を 0 に、DBID.eKind の値を設定します。SQL Server 7.0 では、OLE DB テンプレートのプロバイダーを使用すると問題が発生する可能性があります。
  • 217183 CPropertyIDSets パラメーターが 0 時 IDBPropertiesImpl::GetPropertyInfo は正しい値を返しませんでした。変なエラー メッセージ、クラッシュ、またはハングアップを含む未定義のコンシューマー動作可能性があります。
  • 217185 データが null された場合でも IRowsetImpl::GetData の長さは、0 以外の値が返されました。データが null である場合は GetData 正しくゼロの長さを返します。
  • 217186 OLE DB テンプレート スキーマ行セットのすべてのカタログおよびスキーマの列に null の theIDBInfo インターフェイスを実装していない OLE DB プロバイダーに必要な設定していません。
  • 217187 InternalCreateSchemaRowset でアクセス違反が発生する原因です。
  • 217188 改善は、OLE DB 仕様に準拠しているには、CCOLUMNSRow プロバイダー列マップ内の列の名前にアンダー スコアを追加してに変更されました。たとえば、TableCatalog は TABLE_CATALOG となっています。これらの列のいずれかのコンシューマーが要求すると障害が発生してからプロバイダーの OLE DB テンプレートできなくなります。ユーザー初期化プロパティ (ユーザー id やパスワードなどの情報) に関する情報をプロバイダーからの照会先に消費者、不正な情報は可能なクラッシュを引き起こすか、分岐を受け取ります。

Visual SourceSafe 統合に関する問題

次の Visual SourceSafe 統合の問題が修正されました。
  • 206665 最新バージョンの取得] コマンドで変更されたすべてのプロジェクトは再読み込みされませんでした。2 つ以上のワークスペースがコンピューターで開いている各プロジェクトを別のコンピューター上で、プロジェクトの設定が変更された場合は、プロジェクトの設定は、すべてのプロジェクトに更新されていません。3 つ以上のワークスペースを変更した場合は、すべてが更新されました。

既知の問題

現在の問題については、Visual の C++ 6.0 SP3 のリリースについて説明します。修正された問題については、この前のセクションを参照してください。

OLE DB と ODBC の問題

  • ODBC 接続を指定する場合は、Excel のスプレッドシートにワークシートを表示するのには、MFC EXE Appwizard を失敗します。

    Excel ODBC 接続を指定すると、MFC EXE Appwizard は空のリストが表示され、テーブルを選択するように要求します。この問題を回避するには、OLE DB プロバイダーをドライバーの ODBC 接続、Excel スプレッドシートを代わりに使用します。
  • MFC EXE Appwizard の OLE DB プロバイダーの ODBC ドライバーを Access のテーブルのレコード セットを開くには、アプリケーションが失敗を生成します。

    Access のテーブル、OLE DB プロバイダー用 ODBC ドライバーを通じて接続する MFC EXE の Appwizard で生成されたアプリケーションを実行すると、「レコード セットを開くに失敗しました」メッセージが表示されます。この問題の回避策は現在ありません。これは、Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) の今後のリリースで修正されます。
  • SQL server 用 Microsoft OLE DB プロバイダーは、主キーのないテーブルを開くことができません。

    SQL server 用 Microsoft OLE DB プロバイダーに定義されている主キーを持たないテーブルを開くことができません。この問題を回避するには、ODBC ドライバーと、SQL サーバーの ODBC ドライバーは、Microsoft OLE DB プロバイダーを使用して、テーブルにアクセスします。
  • カーソル位置のレコードを削除 ADO と Microsoft Access がODBC ドライバーです。MDAC 2.1 の ODBC ドライバーで既知の問題については、「Access ODBC キーセット カーソルなりますが壊れています後削除に:

    http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q230/1/31.asp

Visual Studio の SP3 の MDAC 2.1 を使用します。

MDAC 2.1 ライブラリとヘッダー ファイルは、セットアップはインストールされません。Visual Studio サービス パック 3 で MDAC 2.0 のヘッダーとライブラリ、MDAC 2.1 バイナリ比較でテストされています。MDAC 2.1 の特定のインターフェイスを使用する必要がある場合は、ヘッダーとライブラリを手動でインストールする必要があります。ライブラリとヘッダー ファイルをインストールする方法については、「Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.1 をインストールする」を参照してください。

Windows 2000 の問題

  • Windows 2000 Beta 3 デバッガーがクラッシュする可能性があります。

    最新の問題 Windows 2000 Beta 3 での Visual C アプリケーションのデバッグができないことがあります。アプリケーションをコンパイルすることができます。
  • デバッガーの例外が正しく Windows 2000 で報告ことがあります。

    Windows 2000 のいくつかのリリースでは、デバッガー特定の種類の例外を正しく報告しません。たとえば、ことがあります、デバッガー、アボートのメッセージを報告する、CRT に通過例外くれます。この問題を Windows 2000 以降のリリースで修正される予定です。
  • SDK のヘッダーおよびライブラリの場合、Internet Explorer 5 および Windows 2000 の Visual Studio の Service Pack 3 に含まれていません。

    Visual Studio Service Pack 3 は、最新の SDK ヘッダーおよびライブラリ Internet Explorer 5 または Windows 2000 に含まれません。更新されたヘッダーおよびライブラリでは、Internet Explorer 5、マイクロソフトの Web およびインターネットのサンプルのダウンロード エリアから利用できます。Windows 2000 SDK の将来の更新についてを参照してください、 MSDN の SDK Web ページ.
  • OLE DB ODBC プロバイダーへのアクセスを使用すると、不適切な列マップ MFC AppWizard を生成します。

    OLE DB を使用して、MFC データベース アプリケーションを作成し、Access データベースでは、OLE DB ODBC プロバイダーを使用する場合は、AppWizard が Set.h ファイルに不適切な序数の列マップを生成可能性があります。回避策は、1 から始まる序数をリセットです。たとえば。
    BEGIN_COLUMN_MAP(CMyTable)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(2, DBTYPE_I4, m_id)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(3, DBTYPE_STR, m_field1)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(4, DBTYPE_STR, m_field2)
    END_COLUMN_MAP()
    
    should be:
    
    BEGIN_COLUMN_MAP(CMyTable)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(1, DBTYPE_I4, m_id)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(2, DBTYPE_STR, m_field1)
       COLUMN_ENTRY_TYPE(3, DBTYPE_STR, m_field2)
    END_COLUMN_MAP()
    					

関連情報

Visual Studio 6.0 SP3 readme ファイルの詳細については、次の資料では、Microsoft Knowledge Base を参照してください。

230722 Visual Studio 6.0 SP3 リリース ノート パート 1 - 概要とインストール

230724 Visual Studio 6.0 SP3 Readme パーツ 2 - Visual Studio

230726 Visual Studio 6.0 SP3 Readme 一部 3 - Visual Basic

230729 Visual Studio 6.0 SP3 Readme 部品 [5]-[Visual FoxPro

230730 Visual Studio 6.0 SP3 Readme 一部 6 - Visual InterDev

230731 Visual Studio 6.0 SP3 Readme 一部 7 - Visual j

230732 Visual Studio 6.0 SP3 Readme パーツ 8 - Visual SourceSafe

230733 Visual Studio 6.0 SP3 Readme 一部 9 - ファイルのバージョン

プロパティ

文書番号: 230727 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB230727 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:230727
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com