Visual Studio 6. 0 SP3 のリリースの情報:: 6 - Visual InterDev の

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 230730 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

開発者ツールの Microsoft Visual Studio スイート全体の情報を更新するこの Readme ファイルが含まれています。 コア サービス パック、インターネットからダウンロードすると、このファイルの一部のセクション、受信した更新プログラムに適用します。 固定、問題が、Visual Studio セクションに加えて、コアによって更新された製品は、セクションに記載されているコアに適したをダウンロードします。

リリースの Microsoft Visual Studio 6. 0 サービス パック 3 ノートの内容は次のとおりです。

PART 1: 概要とインストール

Visual Studio の PART 2:

Visual Basic の PART 3:

Visual C++ の PART 4:

PART 5: Visual FoxPro

Visual InterDev の PART 6:

PART 7: Visual J

Visual SourceSafe の PART 8:

PART 9: ファイルのバージョン

最新の製品情報については、Visual Studio の Web のサイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/vstudio

最新の製品アップデートはでの強調表示 Visual Studio のサポート サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/support/vstudio

ください「関連下にあるこのリリース ノートの他の部分の詳細について。

詳細

Microsoft Visual InterDev

インストール情報

SQL サーバーへの接続

使用はして場合 MDAC 2. 1、SQL サーバーへの接続、する必要があります実行システム ディレクトリ内で探すことができる MDAC 2. 1 SP1 と共にインストールされる instcat.sql のバージョン。

instcat.sql を実行します。

  1. [ スタート ] ボタン、 プログラム Microsoft SQL Server での選択クリックして実行 ISQL_w。
  2. メッセージが表示されたら、更新する必要のある SQL Server サーバーに接続します。
  3. ファイル メニューを 開く クリックします。 システム、ディレクトリから instcat.sql を選択します。
  4. [ クエリ ] メニューの [ 実行 を] をクリックします。

Internet Explorer 5

Internet Explorer 5 のインストールは強くお勧めします。 強化された HTML の編集とその他の利点を提供する Visual InterDev 6. 0 で Internet Explorer 5 を使用します。 Internet Explorer 5 は、[言語] </a0> フォルダーの [IE5 フォルダーに Visual Studio 6. 0 Service Pack 3 CD で提供されます。 またでは、 Microsoft Windows テクノロジのインターネット エクスプローラーのホーム ページ から利用できるもです。

http://www.msdn.microsoft.com

"NT SP4 がテストできません"メッセージ

Visual InterDev 6. 0 のインストール中に、NT Option Pack に Windows NT 4. 0 Service Pack 4 をインストールする場合がメッセージが表示「NT SP4 でこれをテストしていない、よろしいですか? を続行する」 このメッセージに「 はい 」を返信する必要があります。

Windows NT 4. 0 Service Pack 4 を使用します。

Visual InterDev 6. 0 リリース後に、Service Pack 4 なりました利用可能な Windows NT の。 Windows NT Server コンピューターに Service Pack 4 をインストールするをお勧めします。 Windows NT 4. 0 Service Pack 4 は、Microsoft Windows Update ページから入手できます。

Windows NT Service Pack 4 の可用性が Visual InterDev 6. 0 のリリース ノート ファイル (ReadmeVI.HTM) で公開されているインストール手順を少し変更を必要です。 [全般]: 中
  • Windows NT Service Pack 4 をインストールするサーバー コンポーネントを Visual InterDev 6. 0 をインストールした後必要があります。 Service Pack 4 はコンポーネントのような Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)、修正プログラムをいますが、IIS およびその他のサーバー コンポーネントが既にコンピューターにインストールされる場合にのみ、修正プログラムをインストールです。
  • ASP 修正 (ASP2FIX1.EXE)、デバッグを使用し、Global.asa ファイルを更新の問題を修正する Windows NT Service Pack 4 『 ください。 ASP のホットフィックスを個別にインストールする必要はありません。

Visual InterDev 6. 0 のリリースのインストール指示 (ReadmeVI.HTM) の修正

で Windows NT 4. 0 Service Pack 4 が使用できるようになりました次のインストール手順は、Visual InterDev 6. 0 のリリース ノート ファイル (ReadmeVI.HTM) の対応する指示を置き換えます。

クライアントのインストール: Windows NT がインストールする場合

次のコンポーネントが、PageNavbar デザインタイム コントロール、リモート デバッグ、およびローカル コンピューター上のアクティブ サーバー ページをプレビュー必要です。 これらの機能を活用する場合、これらのコンポーネントを選択しないと選択可能性があります。
  1. BackOffice インストール ウィザードの起動 ] を選択し、 インストール をクリックします。
  2. BackOffice のインストール ウィザードでは、 ユーザー設定 ] または [ Visual InterDev の開発 オプション選択を求め。 ユーザー設定 ] を選択し、 次へ] をクリックします。
  3. ディスク容量要件の確認 ] 次へクリックします。
  4. フロントエンド ページ サーバーの拡張 MS データ アクセス コンポーネント をコンポーネントの一覧のトップ レベルを選択します。
  5. Windows NT Option Pack] を展開して選択します。

    NT Server 用のインターネット インフォメーション サーバー-
    Microsoft 管理コンソール
    NT オプション パックの一般的なファイル
    NT Workstation の Web サーバー (PWS) - 個人
    トランザクション サーバー
    データ アクセス コンポーネント (たとえば、データ 1. アクセス 5)
  6. 残りのコンポーネントをオフにします。 他のコンポーネントをオフにするとウィザードはさまざまな依存関係のユーザーに警告するメッセージを表示可能性があります。 Visual InterDev のクライアントとは、サーバーではなくこのコンピューターを使用しているためを [はい] の依存関係を無視する選択できます。
  7. ウィザードの残りの手順を続行します。

Windows NT のサーバーのインストール

次の手順は Windows NT 上でサーバーをインストールする場合に従います。
  1. ウィザードで、 BackOffice のインストール ウィザードの起動 ] を選択し、[ インストール ] をクリックします。
  2. BackOffice インストール ウィザードでは、 ユーザー設定 ] または [ Visual InterDev の開発 オプション選択を求め。 ユーザー設定 オプションを選択して [ 次へ ] をクリックするには。
  3. 次のオプションを選択します:

    Windows NT Option Pack 4. 0 の
    MS Data Access コンポーネント
    リモート コンピュータ デバッグ
    FrontPage サーバー拡張
    Visual InterDev サーバー
  4. 次へ] をクリックする前に、 Windows NT Option Pack 4. 0 ノードを展開します。 既定で選択したオプション、に加えて Visual InterDev RAD リモート展開サポート ノードを選択します。 Visual InterDev RAD リモート展開サポート ] を展開し、 Visual InterDev RAD リモート展開サポート 2 番目のインスタンスを選択します。 Visual InterDev RAD リモート展開サポート が選択されている両方のレベルで確認します。
  5. 次へ ] をクリックし、BackOffice のインストール ウィザードの残りの手順を続行します。
  6. Windows NT 4. 0 Service Pack 4 をインストールします。 Service Pack 4 を以前インストールした場合、5 まで手順 1 でインストールしたサーバー コンポーネントを更新する再インストールする必要があります。

データ接続の変更

OLE DB データ ソース プロバイダー、データ ソースとより効率的な接続での柔軟性を提供するを使用して今すぐデータ接続を確立できます。 OLE DB プロバイダーをまだサポートしていないデータ ソース、ODBC ベースの接続を使用しても引き続きできます。

詳細については、「データベースに接続]、Visual InterDev 6. 0 SP3 ドキュメントにしてください。

HTML エディターへの変更

新しい Glyphs

非ビジュアル要素をマークするために使用グリフ Internet Explorer 4. 0 または Internet Explorer 5 で、エディターが使用されているかどうかによって異なります。 Visual InterDev に付属するマニュアルの Internet Explorer 4 を併用するグリフとおりです。 次の表は、グリフをコンピューターに Internet Explorer 5 がインストールされている場合、エディターを表示できます。
Glyph Represents 
 
 HTML comment (<-- through -->)

 Line break (<BR> tag)
  
 Beginning of division (<DIV> tag)
  
 End of division (</DIV> tag)
  
 Beginning of form (<FORM> tag)
  
 End of form (</FORM> tag)
  
 Beginning of paragraph (<P> tag)
  
 End of paragraph (</P> tag)
  
 Beginning of span (<SPAN> tag)
  
 End of span (</SPAN> tag)
  
 Style element (<STYLE>)
  
Script in the <BODY> portion of the document. This can 
include client script block (<SCRIPT>) and inline server 
script block in .asp files (<% %>, or <SCRIPT RUNAT="Server">).

Anchor point for absolutely positioned elements and for image 
elements that are aligned left or right (for example, 
<IMG ALIGN=RIGHT>). The glyph appears where the HTML tag 
defining the element is located in the HTML document. 


Unrecognized HTML tags and unmatched ending tags.  
				

強化されたスペースの保存

Internet Explorer 5 を使用している場合 Visual InterDev スクリプトとデザイン時コントロール (DTC) など、特別な処理を必要とする要素をフィルター処理するときに HTML ファイルの正確なレイアウトを保持の向上、ジョブを行えます。

「も例外」を参照してくださいこのマニュアルの後半の空白保持します。

ASP スクリプト オブジェクトのデバッグ

下位レベルのコンポーネントで発生するエラーをキャッチするためのスクリプト オブジェクト モデルに新しいデバッグ機能が追加されています (などデータベースへのアクセス中に)、イベントのトレースやオブジェクトのスクリプト可能なエラーの発生時に警告を表示します。 スクリプト オブジェクト モデル、およびデバッグの詳細について、「「デバッグ スクリプト オブジェクトで ASP ページ」Visual InterDev 6. 0 に付属するドキュメントにします。

ASP スクリプト オブジェクト デバッグの有効化

ページをまず作成すると、次のスクリプト ブロックが自動的に.asp ページに追加こと ASP スクリプト オブジェクト デバッグは、ドキュメントが誤ってという:
<SCRIPT id=DebugDirectives runat=server language=javascript>
// Set these to true to enable debugging or tracing
@set @debug=false
@set @trace=false
</SCRIPT>
				
これが正しくありません。 そのページのスクリプト オブジェクト モデルを有効にするまで、スクリプト ブロックはページに追加されません。

既存のアプリケーションをデバッグの追加

新しいスクリプト オブジェクト デバッグ機能は、Visual InterDev 6. 0 で新しい Web を作成するときに自動的に利用できます。 ただし、自動的に追加されない、既存のアプリケーションにします。 デバッグ機能を活用するアプリケーション (プロジェクト) で、スクリプト ライブラリを更新して、次の手順で説明した、個々 の.asp ページを更新: 既存のアプリケーションでのスクリプト ライブラリを更新します。
  1. Visual InterDev で更新するプロジェクトを開きます。
  2. プロジェクト エクスプローラーでプロジェクトを _ScriptLibrary ノードが見えるように開きます。
  3. [ _ScriptLibrary ] ノードを右クリックして、[ 追加 ] を選択し、 [項目の追加 [します。
  4. [ [項目の追加 ] ダイアログ ボックスで選択する次のフォルダーでは、通常、コンピューターのマスター スクリプト ライブラリに移動には、 ファイルの場所 </a0>] ボックスを使用する 既存 </a0>] タブ:
    ビジュアル Studio\VIntDev98\ScriptLibrary \Program Files\Microsoft
  5. フォルダー内のすべてのファイルを選択し、[ ファイルを開く します。
  6. メッセージが表示されたら、既存のファイル、スクリプト ライブラリのプロジェクトのコピーを上書きすることを確認します。
  7. ASP オブジェクトのデバッグを使用したいすべてのプロジェクトに対してこの手順を繰り返します。
スクリプト ライブラリを更新したらデバッグ個別.asp ページを追加できます。

スクリプト オブジェクト デバッグ、個々 の.asp ページを追加するには

  1. .asp ページを開き、次のブロックの直後の追加、< % @ 言語 = %、ページ上部にあるブロック。
    <SCRIPT id=DebugDirectives runat=server language=javascript>
    // Set these to true to enable debugging or tracing
    @set @debug=false
    @set @trace=false
    </SCRIPT>
    					
  2. 必要なデバッグ オプションを設定します。 詳細については、「"デバッグ スクリプト オブジェクトで ASP ページ] ドキュメントにしてください。

スクリプト ライブラリのローカライズされたエラー メッセージ

Visual InterDev デザインタイム コントロールを使用しているときに、スクリプト ライブラリ内エラーが発生した、する場合、結果のエラー メッセージがエラー番号と共に、表示されます。 エラー番号で、変換エラー テキストを検索することがあります。 これらのエラー メッセージの変換のバージョンは、Service Pack 3 CD \support フォルダーに、適切な言語のサブディレクトリの下に SLErrors.htm で入手できます。 サービス パックをダウンロードする場合は SLErrors.htm は、ファイルを展開したフォルダーにあります。

その他の修正

次の問題は、Visual Studio 6. 0 Service Pack 3 でも修正されました。 "Q"番号をほとんど修正プログラムの前に、さらに、問題と修正プログラムの詳細を提供するサポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の ID を示します。

  • 190753[FIX ページが削除されたレコードをポイントすると更新
  • 190939[FIX 問題 FrontPage 98 を使用して ASP ページを編集するには
  • 191560タイムアウトの Web プロジェクトを Web サーバーに接続しません。
  • 224936Visual InterDev 6. 0 でのソース ビューに切り替えと GPF
  • 224958Internet Explorer 5 でピッキングする HTML エディターが正しくありません。
  • 224944テーブルに貼り付けるときのスタイルを維持するテキストが失敗します。
  • 22494164 Meg Win9x クライアント上で多くのデザインタイム コントロールのメモリの問題
  • 224950通常に戻るリストの行頭文字付き箇条書きのスタイルの変更
  • 224953Visual InterDev クラッシュを FIELDSET 内の要素を Re-Aligning と
  • 224956責任の範囲を破棄された HTML の選択と、Visual InterDev クラッシュするには
  • 224945Visual InterDev がソース管理で SP へのアクセス時に応答を停止します。
  • 224946色の名前がタブの変更後が必要ですと返されない
  • 2249486 部のローカライズされたバージョンでのテンプレート ページ ウィザードの問題
  • 224949ツールのタイムアウト値のデータがない効果 Visual InterDev 6. 0 で
  • 224951ASP ファイル-新しい問題を防止する削除から
  • 224952テーブル デザイン ウィンドウのメニューで GPF
  • 224957Visual InterDev 6. 0 の HTC (インターネット エクスプローラー 5 スクリプトの動作) をデバッグすることはできません。
  • 224937Internet Explorer 5 のシャットダウン HTA アプリケーション (インターネット エクスプローラー 5 動作) のデバッグ
  • 224938Visual InterDev スクリプト デバッガーにより Internet Explorer でアクセス違反
  • 224939Access の OLE DB 接続の名前のオブジェクトの間違ったリスト
  • 224942Visual InterDev 6. 0 での thisPage.navigate.Show() で GPF
  • 224934Visual InterDev 6. 0 の拡張関数します。
  • ユーティリティ プロジェクトを保存する </a0>] としてを行う際、IDE がクラッシュします。
  • Visual InterDev 6. 0 がクラッシュする ActiveX コントロール (付き) の ASP ページを開く

既知の問題

空白保持 HTML エディターでの例外

HTML エディターまたはデザイン ビューとソース ビューの切り替えにドキュメントを読み込む、エディター限り、ドキュメントの書式を保持しようとします。 ただし、このことはできません常にします。 に対して行わ Internet Explorer 5 を使用している場合、次のような変更がれますドキュメント。
  • <object> 要素内の <param> 要素を変更することがあります。 変更は、複数のまたは別の <PARAM> タグの統合の 1 つの <PARAM> 要素を分割するなどのタグの再編成にあります。 <param> タグは既定値を明示的に指定する追加することも可能性があります。 <param> タグへの正確な変更は、<object> 要素で参照されるオブジェクトによって異なります。 複数の <param> タグは、同じ名前を付ける、重複は削除されます。
  • 一致するタグ別のケースでは、開始タグの先頭文字の大文字小文字に変換されます。 たとえば、<STRONG> [個人用ページ </STRONG> のは <strong> [ページ </strong> に変換されます。
  • インライン スタイル属性内のコンテンツの書式 (スタイル ="") は保持されませんスタイル属性が順序は変更するとします。 特定の変更次のとおりです。
    • スタイル名はすべて大文字に変換されます。 スタイル属性はすべて小文字に変換されます。 たとえば、背景色 = # FF01EA が背景色 = # ff01ea。
    • 簡易カラー校正用のスタイル属性を個別のスタイル属性に置き換えられる可能性があります。 枠線のスタイル属性可能性があります - 左罫線に置き換えられますたとえば、罫線、TOP、罫線、右、および枠線-下。
  • 空の文字列を明示的に割り当てられている属性を削除する場合があります。 たとえば、属性値 =""タグを削除する可能性があります、<input> で。
  • 完了、ドキュメントの構造を修正するタグを挿入する場合があります。 たとえば、DHTML 編集コンポーネントは <td> タグの周りに不足している <tr> タグを追加します。
  • 次を含むドキュメントを読み込めませんでした。
    • 複数の <html>、<head>、<title>、または <body> タグ。
    • <frame> または <frameset> タグ。
    • <select>、内部スクリプト <textarea>、<label>、または <listing> 要素。
    • 次の例として、属性値内のサーバー スクリプト:
    <INPUT TYPE=TEXT VALUE = <% =serverID.value%>>
    <INPUT TYPE=TEXT VALUE = "<%Response.Write("x, y")%>">
    					

個別のテーマを再計算時に削除済み

ソース管理を使用して、テーマに属するファイルを取得するとき、常にチェックアウトや実行ローカル取得テーマ内のすべてのファイルに対して。 これを行う、ファイルを取得する前に、テーマのフォルダーを選択しています。 それ以外の場合は、テーマの一部をローカル サーバー上の残りの部分が場合、あります問題。 リンクを再計算またはローカルからマスター モードに切り替えるプロジェクトから削除するテーマがあります。 同様に、同時にすべてのファイルのバックアップで確認します。

ページの原因で RDS オブジェクト「を読み込めませんでした」メッセージ

ページには、HTML エディターでのソース ビューに切り替えると、RDS コンポーネントを参照する <object> タグが含まれる、メッセージが表示されます。
一部のオブジェクトが読み込めませんでした。 オブジェクトがテキストとして表示されます。
これは RDS オブジェクトされているため、ビジュアルな表示それらをソース ビューがレンダリングできないためです。 ただし、オブジェクトは正しく機能します。

関連情報

Visual Studio 6. 0 SP3 Readme の詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。

230722Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パート 1 - とインストールの概要

230724Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 2 - Visual Studio

230726Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パート 3 - Visual Basic

230727Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 4 - Visual C++

230729Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 5 - Visual FoxPro

230731Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 7 - Visual J

230732Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 8 - Visual SourceSafe

230733Visual Studio 6. 0 SP3 Readme パーツ 9 - ファイルのバージョン

プロパティ

文書番号: 230730 - 最終更新日: 2014年2月10日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Service Pack 3
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB230730 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:230730
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com