情報: Visual Studio 6.0 SP3 のリリース ノート: 7 - Visual j の部品

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 230731
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

このリリース ノートには更新情報が含まれています、Microsoft Visual Studio スイート全体の開発者向けのツールです。ダウンロードするかどうかは、コア サービス パック、インターネットからは、すべてのセクションでこのファイルの適用に、更新を受信します。コアのダウンロードに適した固定の問題はVisual Studio セクションに加えて商品のセクションに示されています。これは、主要なダウンロードで更新します。

Microsoft Visual Studio 6.0サービス パック 3 のリリース ノートには、次のセクションが含まれます。

パート 1:概要とインストール

Visual Studio の第 2 部:

パート 3:Visual Basic

パート 4: Visual C++

第 5 部: ビジュアルFoxPro

パート 6: 視覚 InterDev

第 7 部: Visual J は

Visual SourceSafe の第 8 部:

パート 9: ファイル バージョン

を、最新の製品情報、Visual Studio の Web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/vstudio
最新の製品アップデートでは、Visual Studio のサポートを参照してください。サイトのハイライトに。
http://support.microsoft.com/support/vstudio
詳細については、後述の参照設定を参照してください。このリリース ノートの他の部分について。

詳細

VISUAL J は

インストール情報

Visual J はマイクロソフトのデバッグに関連する 6.0 の一部の機能トランザクション サーバー (MTS) は、Windows NT 4.0 Service Pack 4 (SP4) が必要です。WindowsNT 4.0 SP4 のMicrosoft Windows Update Web ページから利用可能です。
Windows 2000 Beta 3 ではデバッグは visual j アプリケーションできません。
最新の問題は、Visual j をデバッグできないことがあります。2000 のアプリケーション onWindows ベータ版 3。この問題を受けませんアプリケーションをコンパイルします。詳細についてを参照してください。

新しい Microsoft 仮想マシン

オートメーションでは、記載されている、オートメーション問題への応答がMicrosoft 仮想マシン (Microsoft VM) のファイルを開始して更新されています。Service Pack 2 を使用します。このサービス パックに含まれる、Microsoft VM のバージョンです。Visual j には、このリリース ノートの部分 9 ファイルの記載します。この変更となる Microsoft Visual j では、コンピューター上の両方に適用インストールされていると、Visual J は再頒布可能フォルダー、その Visual j分散しているアプリケーションは、更新の自動化も含まれますファイルです。

製品版とデバッグ バージョンは Microsoft の間で切り替えるにはVM システム クラス、classd.exe または classr.exe を実行します。

この service pack には、連邦地方裁判所の裁判官ロナルド H. Whyte で発行される、予備的な判決を遵守するために必要な必要な Visual j ファイルが含まれます。これらの変更は、Service Pack 2 でまた含まれていた。

コンパイラ、デバッガー、ActiveX、および IDE の修正

このサービス パック リリースには、以下の全般的な問題プログラミング環境が解決されています。
  • OnCOMRegisterメソッド Java と COM パッケージ DLL から呼び出されるされていません。Dll を登録することで問題の原因です。
  • Pdm.dll 関連する、一般保護違反が発生しました.スクリプトを実行して XML データの変換後のファイルです。
  • 特定の順序のスペース、改行、およびキャリッジVisual j コード エディター、デバッガーとの同期に原因を返しますコードをステップ実行します。
  • Visual j を使用して作成したコントロールがされてマークを使用すると、既定のスレッド モデル両方。この既定の設定は、いくつかの問題を作成します。まず、ユーザーインターフェイス コントロールは、コントロールのウィンドウを所有するスレッドにバインドされています。ハンドルでは、コントロールが正しくは、マルチ スレッドで動作しませんアパートメントのスレッドです。Service pack 3 では、既定のスレッド モデルの ActiveX でアパートメントにはコントロールが変更されました。
  • をコンピューターにインストールされている Visual J はデバッガーの Internet Explorer 5 の終了する可能性がありますが異常終了する。この問題は表示するコンテンツの種類に依存しています。Internet Explorer 5 とあなたのマシンの速度です。これは修正されていますVisual Studio のサービス パック 3。
  • ユーティリティ プロジェクトは、保存を実行するときに IDE がクラッシュしました。これは、この service pack で修正されています。
  • 中断モードでは、ビジュアル デバッグ中にブレークポイントのプロパティ] ダイアログ ボックス数回ユーザーを開いた場合J はこれら複数のインスタンスの処理に問題がありました。
  • JVC com.ms.fx.IFxLocaleFormatting.classに対しては正常にコンパイルできない、またはcom.ms.fx.FxFormattedText.class です
  • スクリプトの動作の問題をデバッグします。Internet Explorer 5 のスクリプト ビヘイビアー (.htc) にアクセスできませんでした。デバッガーでは、このため、デバッグができなかった。これがされています。Visual Studio 6.0 サービス パック 3 の修正。
  • スクリプト デバッガーが存在していた場合でも、Visual Studio での処理の実行時のエラーです。場合であっても、Visual Studio 6.0 はランタイム エラーを処理する、スクリプト デバッガーがインストールされました。ユーザーが、スクリプト デバッガーを選択することがこのような状況で使用すると、アプリケーションです。Visual Studio またはスクリプトのいずれかデバッガーは、実行時エラーを処理できます。
  • Service Pack 3 には、デバッガーの更新が含まれています、.js、.vbs ファイルをデザイン時のブレークポイントを設定するユーザーです。
  • シングル スレッドに含まれているフォームの動作ActiveX コントロールが変更、する環境では、アプリケーション実行されました。たとえばを作成した場合は、シングル スレッド編集コントロールが含まれている、フォーム上のコントロールおよびフォームの編集、実行可能ファイルにコンパイルされました。コントロールのキーストロークを処理することはできません。ただし、コンパイルされなかった場合フォームは、実行可能ファイルに、JView と編集を通じて、アプリケーションの実行コントロールが期待どおりに動作しています。この service pack には有効にする更新プログラムが含まれています。期待どおりに動作するのには、WFC フォームで ActiveX コントロールのシングル スレッドを埋め込み、実行環境に関係なく。
  • Internet Explorer 5 用の DHTML編集コントロールを追加すると、Visual j を生成する開始コンパイルがそれを固定することおよび適切なラッパーです。これがされています。このサービス パックに含まれる Jactivex.exe を固定します。
  • Visual j 6.0 では、Windows NT、コンピューターをデバッグするときデバッグ マネージャーまで取得プロセスのファイル名を照会して、パフォーマンス データのレジストリです。この方法には、プロセス情報の取得クラッシュの原因となった。その結果、マシン デバッグ マネージャーが変更になりましたまず、プロセス状態の API を使用して、プロセス データを取得するには次のように試みる。この場合は試みは失敗し、マシン デバッグ マネージャーのパフォーマンス データを照会します。レジストリ。

Windows 基礎クラスの修正

次の項目が 1.0.0.8443 で修正されていますのリリースWindows 基礎クラスです。このリリースの Microsoft VM をインストールします。Service Pack 3 に含まれています。

ActiveX サポートを修正します。

  • 215353ActiveXHost では特定の ActiveX コントロールのライセンスを処理しません。DB グリッド 6.0 など、一部の ActiveX コントロールをホストする場合は、フォームがあった場所ではないコンピューター上のライセンスを必要とします。もともと作成されて、警告またはエラー メッセージを示すが表示されます、ライセンス n 日後に期限切れになります。これが発生する場合でも、コンピューターはアプリケーションが配置された有効なライセンスを持っていた。これは今すぐです。固定、およびコントロールでない場合、警告は表示されませんライセンスを受けていません。

HTML コードの分離の修正

既知の問題も参照してください。
  • 194787DhDocument.setTitle では、initForm からは動作しませんDhDocument.setTitle文字列タイトル) を呼び出すことも、ドキュメントのタイトルに影響がありませんでした。SetTitleonDocumentLoadを呼び出すことにこの問題を回避動作します。DhDocument.setTitle今すぐ正しく動作からの両方initFormonDocumentLoad です
  • 195174時<BODY>タグを大文字にしないは、JDHTML コントロールにバインドされたテンプレートに追加できません。</BODY>コード分離 HTML のサーバー側を実行するときや、<BODY>タグHTML テンプレート文書に (大文字でした。<BODY>) をコード ビハインド モジュールが正しく、ドキュメント、および DhElements にバインドできませんでした。ページを追加できませんでした。検索<BODY>タグは、今の場合小文字を区別しません。</BODY></BODY></BODY>
  • 195173DhDocument.dumpDHTML と DhDocument.dumpHTML を呼び出すときの WinIOException ですDhDocument.dumpHTMLおよびDhDocument.dumpDHTMLはサポートされていないメソッドです。@Deprecatedとしてが設定されていて、その場合、コンパイラは警告メッセージを表示ために使用します。
  • 197567DhCell.resetTextAlign は設定、セルのテキストの配置が含まれている行をしますDhCell.resetTextAlignが今のと一致すると、セル内のテキストの配置をリセットします。セルが含まれている、DhRow です。
  • 197566は、ヘッダー行またはフッター行を削除した後、DhTable.removeAll は例外をスローします。リリースの WFC で、ヘッダーまたはフッターを削除する場合ArrayIndexOutOfBounds例外がスローされました。これはないです。長いようです。
  • 223366DhStyleBase の setBackgroundImage がありません。直接イメージの背景のスタイルを設定する方法はありませんでした。DhStyleBase から派生した要素、Internet Explorer を介してプログラミングなし文書のオブジェクト モデルです。DhStyleBase 今すぐ新しい方法がある: 「imageurl」がイメージへのパス (完全修飾または相対パス) setBackgroundImage(文字列「imageurl」)。
  • 223370WFC のイベント ハンドラーのサポート。UI コントロールをコード ビハインド HTML のシナリオします。Visual j 6.0 で分離コード HTML プロジェクトでは、ユーザーを検索します。wfc.uiコントロールを HTML ページに追加すると、そのイベントをサポートしていません。onLeaveonEnterイベントのハンドラーです。しかし、 onMouseEnter onMouseLeaveイベントでも正しく実行されます。OnEnteronLeavewfc.ui.Formでのコントロールの配置だけ場合を実行します。
  • から呼び出されている onDocumentLoad を停止、DhInlineFrame にバインドします。DhInlineFrame は<IFRAME>タグをinitFormにバインドDhDocument.setBoundElements (DhElement elements[])は、サイレント モードで処理された例外をスローしますがフレームワークです。その結果、 onDocumentLoadは決してドキュメントを呼び出しました。このバグは今固定されています。、フレームワークが正しくバインド、DhInlineFrame<IFRAME>タグとonDocumentLoad は、期待どおりに呼び出されます。 </IFRAME></IFRAME>
  • DIV をバインド要素が SPAN タグで囲まれていないテキストで例外が発生します。によって頻繁にネストされている要素にバインドします。要素は例外がスローされることがありません。回避策として生を囲んでいた<span>タグ内の HTML テキスト。この問題が解決されて、および回避策必要はありません。 </span>
  • を呼び出すと、メソッドは WFC コントロールの分離コードのシナリオでバインドしますCom.ms.wfc.uiのコントロールを HTML ページし、参加してもらうユーザーを追加することができます、コード ビハインドのシナリオです。適切な動作を実現するには、ユーザーは次のいずれか呼び出す必要があります。DhBaseContainer.add (com.ms.wfc.ui.Control c)メソッドまたは使用DhComponentWrapper です。そのコントロールのプロパティを設定する、DhComponentWrapper、作成 (またはコントロールのコンス トラクターを指定する) でありそれをコンテナーに追加します。DhBaseContainer.addメソッドを呼び出すことと同じです。詳細については、 DhComponentWrapperDhBaseContainer です
  • コンソール アプリケーションからの呼び出しの DhModule.doMain とは、NullPointerException 。コンソール アプリケーションからサーバー側アプリケーションをテストすることができます。DhModuleオブジェクトを作成する、サーバー側コードのクラスを設定し、呼び出すことによってのドメインします。以前は、ドメインをこの方法で呼び出すことは、null ポインター例外を発生させる;このここで正常に動作します。
  • タブの選択を変更を引き起こす NullPointerException 。HTML ページでホストされているタブ コントロールのタブの選択コード ビハインドのシナリオは、NullPointerException をことになります。この例外ではないです。スローされます。
  • 、HTML デザイナーでの編集 HTML コードから分離アプリケーションは、Internet Explorer 5 では動作しません。コード分離-HTML アプリケーションを HTML デザイナーで編集を行う関数では、Internet Explorer 5 のインストールされて、ため、<PARAM>のタグ<OBJECT>要素は正しく破棄されます。HTML コードの分離既に展開されているアプリケーションは影響を受けません。これがされています。Visual Studio の Service Pack 3 で修正します</OBJECT>。
  • が vj6sampl.exe からのサンプルの HTML コードの分離を停止 Internet Explorer 5 をインストールするときに使用します。HTML コードの分離のサンプルから vj6sampl.exe など"dhButton、""dhContainer、"と"dhImage"停止作業と Microsoft5.0.3167 の仮想マシンのバージョンがインストールされています。Microsoft VM のバージョン 5.0.3167Internet Explorer 5 に同梱します。これは Visual Studio で修正されていますサービス パック 3。
  • DhBulletedList.resetID は DhElementNotFoundException をスローしますResetIDは、 DhBulletedListを呼び出すことでも投げますDhElementNotFoundException、およびメソッドとしてマークされて@deprecated 。ただし、コンパイル時に警告が生成されます。さらに、CodeSense またはオブジェクト ブラウザーを防ぐために、メソッドが表示されていない、誤って呼び出す開発。
  • DhCell.getText でデータ バインドを含めるセルを空の文字列が返されます。この操作が正しく動作します。
  • と DhDocument.getAllElements と呼ばれる場合は、DhDocument.findElement は DhElementNotFoundException をスローしますDhDocument.findElement文字列 elementID) を呼び出すとスロー、 DhElementNotFoundExceptionが要素を検索する呼び出しの後に呼び出された場合DhDocument.getAllElements ですDhDocument.getAllElementsが最初に呼び出された場合でも、 DhDocument.findElementが正常に動作します。
  • DhEdit.addOnClick は、複数行のテキスト ボックスの場合だけの com.ms.wfc.core.WFCException をスローします。要素の主張は、WFCException initFormに DhEdit をスローは、複数行にイベント ハンドラーを追加できませんでした、<INPUT type="text">または<TEXTAREA>。回避策を追加することがイベント ハンドラーは複数行の文字列を編集コントロールにonDocumentLoad です。両方のinitFormで期待どおりに動作これでイベント ハンドラーを追加し、 onDocumentLoad です</TEXTAREA>。
  • DhElement resetID のメソッドは廃止されましたDhElementクラスのresetIDメソッドに失敗しました。このサービス パック、メソッドの動作が使用されなくなりました。
  • DhModule を終了は、IIS でメモリ リークが発生します。この service pack のリリースでは、DhModule が正しく破棄します。使用後は。
  • DhModule のメソッドをオブジェクトのパラメータの値を取得しますDhModuleクラスはそれを可能にする、次の方法をサポートします。オブジェクトのPARAMタグの値を取得します。
    • パブリック文字列 getParameter (文字列 paramName)
    • パブリック文字列 getParameterNames()
    ParamNameパラメーターには、object パラメーターを識別します。取得します。Object パラメーターには対応しない場合は、要求、これメソッドは、空の文字列を返します。

    2 番目のメソッドは、 getParameterNames、利用可能なすべてのパラメーター値の名前を取得し、これらの名前の String オブジェクトの配列を返します。これらのメソッドは、Internet Explorer 内でのみ使用するサポートされています。呼び出しその他の環境のトリガー内からこれらのメソッドは、 WFCInvalidStateException です

  • DhRadioButton と DhCheckBox ない表面のドキュメント オブジェクト モデルの属性やスタイルを HTML に設定します。HTML ラジオ ボタンまたはチェック ボックスが、カスタムのバインドオブジェクトにバインドした後は、プロパティの設定にそれらのプロパティを保持しないとJDHTML では。オブジェクトにバインドした後は、これらの一意のプロパティが失われます。これは固定されており、ラジオ ボタンおよびチェック ボックスに対するカスタム プロパティはJDHTML から使用できます。
  • DhRow.add DhCell だけにかかるようになりました。WFC の最初のリリースでは、DhRow.add は要するDhElement から派生したオブジェクト。場合は、オブジェクト DhCell から派生したと、このメソッドではありませんでした。サイレント モードで失敗します。DhElement は DhCell から派生していない場合は、このリリースは、 WFCInvalidParameterExceptionがスローされます。
  • DhTable.showNextPage をした後 getBodyCell と呼ばれる場合は、null ポインター例外をスローします。この問題は、Internet Explorer 5 でのみ表示されます。GetBodyCellが既に呼び出されている場合でも通話DhTable.showNextPage今すぐ正常に動作します。
  • 、DhText.setFont、DhText.getFont、および DhText.resetFont が動作しない正しくします。場合は、 DhTextオブジェクトで表されたテキストは下線なしまたは非線-アウトのフォントがそのオブジェクトに対してsetFontを呼び出すアウト取り消し線や下線付きフォントでレンダリングされました。属性のストライク アウト、下線、フォントから削除します。これが動作します。期待どおりにします。
  • のサーバー側コードで WFC の例外を取得します作成問題 IIS でメモリ不足が発生します。データ バインドは、決してコンテナーに変更されました DhTables はないです。正常に完了する、IIS を原因と消費されているが、決してそのメモリを解放します。
  • Internet Explorer 5 を返します"できない get WFC フォーム表面の例外"場合は、ネットワーク経由では、分離コードで複雑なシナリオをロードします。既定のセキュリティ設定では、Internet Explorer 5 をしました。WFC コントロール コード ビハインドのシナリオ場合原因正常に機能、HTML ドキュメントは、ローカル ネットワーク ドライブまたはイントラネット サイトから読み込まれました。これシナリオは期待どおりには動作しました。
  • Mshtml.dll ファイルを Internet Explorer の問題は、タイマーの開始後にブラウザー ウィンドウ閉じします。オブジェクトをした前に、タイマー コントロールのいるが破棄されていることでした。非アクティブにします。そのサイトが破棄される前にオブジェクトが現在非アクティブです。
  • のパフォーマンスの向上: DhBaseContainer.removeAllSafe を追加します。DhBaseContainer は非常に迅速にすべての子要素を削除するメソッドremoveAllSafeを備えています。現在使用しています。DhBulletedListにし、開発者の派生のコンテナーとしても使用できます次に示します。
    public void setElement(DhElement e)
    {
        removeAllSafe();
        m_item = e;
        if (e != null)
           super.add(e);
    }
    					
  • 問題の最初のオブジェクトにバインドされていない場合は、バインド要素に DHDocument 。バインドし、オブジェクトを追加するに問題がありました、DhDocument。オブジェクト、DhDocument setHTMLDocumentへの呼び出しし、setBoundsElement などのすべての後追加前に、に追加されていない場合DhDocument を落ちる。この問題は修正されています。
  • ReadyStateEvent が"済"として、readyState は値ReadyStateEventした文字列"済"の状態が readyState は値としてどのような準備の状態でした。準備状態は、次のいずれかできます。値: 完全なインタラクティブ、読み込み、または初期化されていないです。
  • 、ピリオド (.) を先頭に名前の要素に追加することはできませんなしのスタイルしますNameパラメーターは、ピリオドで区切られますを開始していない、DhStyle は、 DhStyle(string name)のコンス トラクターを使用して作成された場合は、スタイルができませんでした。要素に追加します。このコンス トラクターはピリオド スタイル名を前に付加します。いずれかがない場合です。
  • DhModule に、getPropertyBag メソッドが追加されました。WFC の最初のリリースでは、それはできませんでしたがDhDocument から派生したクラスのいずれかを取得するには、コード ビハインド シナリオで<PARAM>タグ内の DhModule<OBJECT>でタグです。DhModule は、新しい 2 つの方法があります。</OBJECT>
    • パブリック文字列 getParameterNames
      属性の名前を表す文字列の配列を返すそれぞれの<PARAM>のタグです。
    • パブリック文字列 getParameter パラメーター (文字列名)
      渡された場合、VALUE 属性が返されますでパラメーター名です。
  • 既存のヘッダーまたはフッター行を持つテーブルにバインドする場合は、[ヘッダー/フッターの行、テーブルの一部として扱われません。呼び出すことDhDocument.setBoundElements (DhElement elements[])を含めるには、既存をバインドするには<TABLE>HTML にバインドしますこのテーブルには。ただし、そのテーブルは、<THEAD>がある場合は、または<TFOOT>、それらテーブルの一部として扱われますされません。たとえば、 myTable.removeAllのすべてのヘッダーおよびフッター行がすべて、本文の行には、除去ままになります。上記の問題を回避を取得することが<TABLE>DhDocument.findElement文字列 id) でonDocumentLoad です。どちらの場合は正常に動作します。</TABLE></TFOOT></THEAD></TABLE>

その他の WFC ライブラリとコントロール修正プログラム

  • 223358スローは、WFCException の MDI 子ウィンドウは 2 つ以上の親のコンス トラクターで作成します。3 つ以上のマルチ ドキュメント インターフェイス フォームを作成した場合子をコンス トラクターに、WFC の Win32Exception がスローされます。その後例外を追加 2 つの子フォームを必要があります。これは、ここで固定されています。は、任意の数の MDI 子ウィンドウを構築し、フォームに追加のコンス トラクターです。
  • 223365: MouseEnter と MouseLeave ハンドルを再作成する必要があります、PictureBox では混乱を取得します。場合、MouseEnter および MouseLeave イベントの問題が、それらの 1 つへの応答、ピクチャ ボックスが再作成します。たとえば、ピクチャ ボックスに、 setBorderStyleメソッドを呼び出すと、ハンドルの再作成が発生します。この場合はメソッドが、 MouseEnter MouseLeaveまたはイベント ハンドラーと呼ばれる、MouseEnter と置くの状態のままです。解決できない、および将来の Enter または Leave イベントが間違っています。これです。1 つまたは複数の入力/脱退を見逃すことができますが、ほとんどの場合を修正イベントです。制御、しかし、自体は、し、Enter または Leave のイベントを再同期します。いくつかの時間後に期待どおりに発生します。
  • 223351子供、setSelectedIndex では、タブ コントロールが正しく描画 いません。タブ コントロール上のメソッドsetSelectedIndexを呼び出すことも、子コントロールをレンダリングするのには失敗ページが正しくします。この問題は解決されました。
  • 223368方法 setChecked のコンテキスト メニューに機能していません。制御用のコンテキスト メニューを受け取るされませんでしたが進入のメッセージです。したがって、実行されるメニュー チェックしていなかった適用します。今すぐメソッドsetCheckedでコンテキスト メニューを呼び出すことと、期待どおりに動作します。
  • 223352ボタンのサイズはフォーム デザイナーとランタイムの間に矛盾がなくなり。MDI の子ウィンドウのコンス トラクターで作成された、MDI フレームはそれらに 2 回、1 回は親によって適用のスケールがあると一度単独で。これは、コントロールのサイズを変更するのには、子ウィンドウが必要です。時間およびデザイン時に動作します。MDI は自動スケールなった親します。自分の子供。
  • 223344文字列の配列の場合、com.ms.wfc.app.RegistryKey.setValue メソッドが正しく動作しません。そのパラメーターでは、文字列の配列をcom.ms.wfc.app.RegistryKey.setValue (オブジェクト)を呼び出すときいくつか文字列の最後の要素を配列内の文字を書き込むことができません正しくします。手書き文字列の配列をこのメソッドのこれは正しくします。
  • 223367Com.ms.wfc.app.RegistryKey.setValue メソッド終端の文字を Windows NT では対応できません。Windows NT 上のcom.ms.wfc.app.RegistryKey.setValueで文字列値を設定すると、null 終端文字を追加できませんでした。正しくします。これは修正されています。A NullPointerException を RebarBand も、子コントロールを削除する場合スローされます。次のコードをスローするNullPointerException:
    RebarBand Band = new RebarBand();
    rebar1.addBand(Band);
    rebar1.removeBand(Band); // throws NullPointerException
    					
    この操作が正常に動作して、例外ではないです。スローされます。

  • Rebar、同じ行上の複数の RebarBands を起動することはできません。デザイン時に、同じ行上の複数の RebarBands でRebarコントロールを作成することでした。実行時に、ただし、各 RebarBand 独自の行に表示されます。これで、RebarBands を表示します。それらが属する場所を入力します。
  • データ バインドの問題を dateTimePickerDateTimePickerコントロール内の日付フィールド、正しく日付データ フィールドにバインドできます、データベースです。
  • Form.createWindowGraphics は、WFCInvalidArgumentExceptioN をスローします。この方法は今すぐ正常に機能し、使用可能なcom.ms.wfc.ui.Graphicsクラスが返されます。
  • ガベージ IE5 をインストールするとツールバーに表示されます。Internet Explorer 5 は Windows 95 または Windows 98 で実行している場合は、ツールヒントにツールバーとツールバーの下に意味のない文字が表示されます。ボタンのイメージです。これは、この service pack で修正されています。
  • イメージ リストの既定値を 16 色に設定しますイメージ リストコントロールに新しいプロパティなりました: colorDepth 。このプロパティの値が定数のいずれかに設定する必要があります。ColorDepth 列挙体では。ただし、システム上で実行している場合は256 色の画像を含めるには、ImageList が 256 色である、 colorDepthプロパティは、次のいずれかに設定する必要があります。
    • ColorDepth.COLORDEPTH_64K_COLORS
    • ColorDepth.COLORDEPTH_MILLIONS_OF_COLORS
    • ColorDepth.COLORDEPTH_TRUE_COLOR
  • ListItem.setSelected(false) と setFocused(false)、機能しません。コードでは、正常にクリアしてできますからフォーカスを削除します。ListView コントロール内のリスト アイテム。
  • 修正データ フィールド一覧 DataBinder のプロパティ ページにします。Visual j 6.0 が、ユーザーがしようとするとを応答を停止しますドロップダウン データ フィールド] メニューの [プロパティ] ページは、DataBinder を修正します。オブジェクトです。RasterOp.BRUSH と RasterOp.PEN が動作しないと透明なイメージが期待どおりにします。透明なイメージの RasterOp をペンやブラシで描画します。不透明な白の色ではなく、イメージの領域を描画します。ブラシまたはペンを指定します。これは、RasterOp.BRUSH ケースを固定されています。RasterOp.PEN は、何も描画されます。
  • イメージを保存するオブジェクトをメモリ ストリームに通常どおりを動作しません。のイメージ リストからイメージオブジェクトを抽出し、しようとしてをメモリ ストリームに永続化またはファイルの場合は落ちる基の PICTDESC でしたnull 。ビットマップが有効 PICTDESC 今度は返されますとイメージすることができます。正常に永続化します。
  • システムの問題を Windows NT 4.0 Service Pack 3 にします。特定の状況で Windows NT 4.0 を実行しているコンピューターService Pack 3 ウィンドウを示しました、WFC アプリケーションを実行するときにフリーズします。親ウィンドウがありませんでした。この問題は、Windows NT 4.0 で修正されていますサービス パック 4 と Visual Studio 6.0 Service Pack 3 です。WFC を今すぐチェック、ウィンドウが親の。
  • OnDocumentReady は HTMLControl を拡張する場合には呼び出されませんCom.ms.wfc.ui.HTMLControlを拡張するユーザー記述コントロール、 onDocumentReadyメソッドが呼び出されます。これは固定されており、メソッドとして呼び出される必要です。

その他の修正

  • 223361メソッド Time.getDayOfWeek の値はエラーが発生しました。Time.getDayOfWeek メソッドの「解説」セクションにはが含まれています。情報が正しくないです。GetDayOfWeek によって返される値を記述する必要があります。メソッドは、常に 0 から 6 までここで 0 の値は、日曜日です。
  • WFC のリファレンス ドキュメントから省略した File.File のコンス トラクターをオーバー ロードします。次のオーバー ロードされたバージョンのコンス トラクターに省略しました。File.Fileのトピック。
    • 公開ファイルの (パスの文字列、int 型のモード)
    • 公開ファイル (文字列パスモードの int、intへのアクセス
    最初のバージョンでは、ファイルへのアクセスに設定されているFileAccess.READWRITE、およびファイルの共有を FileShare.NONE に設定します。2 番目access パラメーターが設定されている場合は、バージョン、ファイルの共有 FileShare.READ に設定されています。FileAccess.READ へ。それ以外の場合は、ファイルの共有を設定するにはFileShare.NONE。

既知の問題

Access 2000 データベースでデータ フォーム ウィザードの ODBC 経由で接続してください。

「認識できないデータベース形式」エラーが発生可能性がありますする場合データ フォーム ウィザードを使用して、Access 2000 データベースに接続しています。接続するのにはAccess 2000 のデータベース、ODBC なくへのアクセスをデータベースの種類を指定します。Access 98 想定されます)、[データベースの種類] ページで。[接続]情報ページは、Access 2000 のデータベース ファイル (*.mdb) で、指定できます。データベース、およびドライバーとの Microsoft アクセス ドライバー (*.mdb)。代わりに、ウィンドウから、データ ソース ウィザードを使用して、DSN の設定でした。コントロール パネルの [し、データの接続情報] ページで、DSN を指定します。フォーム ウィザード。

コード ビハインド HTML サポートと Windows 2000 ベータ 3

Windows 2000 では機能しません、 DhDocument (DhComponentWrapper() メソッド) を使用して追加される WFC コントロールcom.ms.wfc.uiパッケージからベータ 3。この問題は、Windows 2000 の将来のリリースで修正されます。

関連情報

詳細については、Visual Studio 6.0 SP3リリース ノートは、次の資料で、マイクロソフト サポート技術を参照してください技術情報:

230722 Visual Studio 6.0 SP3リリース ノート パート 1 - 概要とインストール

230724Visual Studio 6.0 SP3 Readme パート 2 - Visual Studio

230726 Visual Studio 6.0 SP3 readme ファイル 3 部 - ビジュアル基本的です

230727 Visual Studio 6.0 SP3リリース ノート パート 4 - Visual C++

230729Visual Studio 6.0 SP3 Readme パート 5 - Visual FoxPro

230730 Visual Studio 6.0 SP3 Readme パート 6 - ビジュアルInterDev

230732 Visual Studio 6.0 SP3リリース ノート パート 8 - Visual SourceSafe

230733Visual Studio 6.0 SP3 のリリース ノート パート 9 - ファイルと詳細情報

プロパティ

文書番号: 230731 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB230731 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:230731
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com