Office 2000 での製品コード GUID の番号付けのしくみ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 230848 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP230848
すべて展開する | すべて折りたたむ
Microsoft Office XP については、次の資料を参照してください。302663

Microsoft Office 2003 については、次の資料を参照してください。832672

概要

この資料では、Microsoft Office プログラムとユーティリティで使用される番号付けのしくみについて説明します。

詳細

Office またはスタンドアロンの Office プログラムをインストールすると、Microsoft Windows レジストリの次の場所に、製品コード (GUID) が作成されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
各 GUID で使用される形式は次のとおりです。
{xxyyzzzz-78E1-11D2-B60F-006097C998E7}
					
GUID の最初のセクションには、バージョン、SKU (store-keeping unit)、および製品の言語に関する情報が含まれています。
文字           定義                       設定可能な値
-------------------------------------------------------------
xx           製品のバージョン            00 〜 FF
yy           製品の SKU               00 〜 FF
zzzz         製品の言語識別子            必要な任意の値
					
このしくみでは、各言語版の Office の 255 SKU それぞれに対して最大 255 のバージョンを設定できます。これら 3 つの値はすべて GUID 内に 16 進形式で格納されます。

バージョン番号は、Office およびスタンドアロンの各 Office プログラムの初期リリース バージョンでは 00 です。それ以降、新しいバージョンまたは Service Release がリリースされると、バージョン番号の数字が大きくなります (01、02、03)。

SKU 番号は、次の表に示すように、Office またはスタンドアロンの Office プログラムのパッケージごとに異なります。
   SKU 番号      プログラム
   -----------------------
   00           Microsoft Office 2000 Premium Edition CD1
   01           Microsoft Office 2000 Professional Edition
   02           Microsoft Office 2000 Standard Edition
   03           Microsoft Office 2000 Small Business Edition
   04           Microsoft Office 2000 Premium CD2
   05           Office CD2 SMALL
   06-0F        (予約済みの値)
   10           Microsoft Access 2000 (スタンドアロン)
   11           Microsoft Excel 2000 (スタンドアロン)
   12           Microsoft FrontPage 2000 (スタンドアロン)
   13           Microsoft PowerPoint 2000 (スタンドアロン)
   14           Microsoft Publisher 2000 (スタンドアロン)
   15           Office Server Extensions
   16           Microsoft Outlook 2000 (スタンドアロン)
   17           Microsoft Word 2000 (スタンドアロン)
   18           Microsoft Access 2000 ランタイム版
   19           FrontPage Server Extensions
   1A           Publisher スタンドアロン OEM 版
   1B           DMMWeb
   1C           FP WECCOM
   1D-1F        (スタンドアロン SKU 用に予約済みの値)
   20-2F        Office Language Packs
   30-3F        文章校正ツール キット
   40           Publisher 試用版 CD
   41           Publisher トライアル版 Web
   42           SBB
   43           SBT
   44           SBT CD2
   45           SBTART
   46           Web コンポーネント
   47           VP Office CD2 および LVP
   48           VP PUB および LVP
   49           VP PUB および LVP OEM 版
   4F           Access 2000 SR-1 ランタイム最小版

				
言語識別子 (LCID) は、言語ごとに異なります。LCID は 16 進形式で GUID に格納されるため、各 GUID に対応する言語を特定するには 10 進に変換する必要があります。たとえば、16 進の 0409 は 10 進の 1033 に相当し、これは英語版であることを意味します。

: 残りの桁 (78E1-11D2-...) には、容易に分類できる情報は含まれていません。

このため、GUID が 00020407 から始まる場合は、この GUID が初期リリース版 (00) の Microsoft Office 2000 Standard Edition (02) であり、製品の言語がドイツ語 (16 進の 0407 = 10 進の 1031 = ドイツ語) であることがわかります。

次の手順を実行すると、コンピュータにインストールされているプログラムの GUID を表示できます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のサブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
GUID の名前は中かっこ ({) で始まるため、これらの GUID は Uninstall サブキーの一覧の最初に表示されます。

各 GUID のデータ ウィンドウには、[アプリケーションの追加と削除] ダイアログ ボックスに表示される製品名 (DisplayName)、製品がインストールされた日付 (InstallDate)、インストール元 (InstallSource) などの複数の値が表示されます。

プロパティ

文書番号: 230848 - 最終更新日: 2006年10月17日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2000 Premium
  • Microsoft Office 2000 Professional
  • Microsoft Office 2000 Standard
  • Microsoft Office 2000 Small Business Edition
  • Microsoft Office 2000 Developer
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
kbsetup kbregistration kbinfo KB230848
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com