は、システム センターの仮想マシン マネージャー 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2010 年 9 月 14日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2308590 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめ

ここで、2010 年 9 月 14日にリリースされた修正プログラムのロールアップ パッケージで解決される、Microsoft システム センター仮想マシン マネージャー (SCVMM) 2008 R2 の問題について説明します。

詳細

解決の問題の一覧

問題 1

別のクラスター ノードには、Hyper-V VM では、クラスターがフェールオーバーした後 重複する仮想マシン (VM)、SCVMM の管理のコンソール ウィンドウに表示されます。 さらのいずれか、重複する仮想マシンの状態に設定されて指定されていません。?SCVMM の管理のコンソール ウィンドウから、不足している VM を削除しようとした場合、VM が削除されます。

問題 2

次のシナリオを検討してください:
  • インストール Hyper-V の役割をコンピューターが実行されている Windows Server 2008 R2。
  • コンピューターは、仮想ハード ディスクから起動するのには、構成
  • は、コンピューターは、Hyper-V とフェールオーバー クラスターの一部です。 クラスターにクラスターの共有ボリューム設定されている。
  • クラスター共有ボリュームを使用して VM を作成する SCVMM 2008 R2。
このシナリオでは、操作は失敗と組み合わせて、2912 (0x8004232C) エラー コード。

問題 3

、バーチャル マシンのマネージャーのサービス (Vmmservice.exe) がクラッシュした場合は、次の条件に該当する:
  • システム センターのオペレーション マネージャー 2007年の統合を有効にします。
  • パフォーマンスとリソースの最適化 (PRO) の機能が有効な管理パックのインポートには、オペレーション マネージャー。
  • ホスト グループの PRO 設定は変更には、SCVMM サーバー。


この修正プログラム ロールアップ パッケージは、次の SCVMM 2008 R2 修正プログラム ロールアップ パッケージに記載されている修正プログラムも含まれます:
982522は、システム センターの仮想マシン マネージャー 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2010 年 6 月 8日
978560は、システム センターの仮想マシン マネージャー 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2010 年 2 月 9日
976244は、システム センターの仮想マシン マネージャー 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 11 月 10 日

この SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージの入手方法

この修正プログラム ロールアップ パッケージで使用可能な Microsoft の更新します。

Microsoft Update からこの更新プログラムを入手するには、次の手順は、SCVMM サーバーで実行します:
  1. クリックして開始、し、選択コントロール パネル.
  2. コントロール パネルダブルクリックWindows Update.
  3. で、Windows UpdateウィンドウをクリックしてMicrosoft Update から更新プログラムのオンラインの確認.
  4. クリックして重要な更新プログラムには.
  5. 選択System Center 仮想マシン マネージャー 2008 R2 用の更新 (KB2308590)、し、[OK].
  6. クリックして更新プログラムのインストール.
メモ場合は、仮想マシン マネージャーまたは仮想マシン マネージャー エージェントサービスが実行されている場合、SCVMM のサーバーにこの修正プログラム ロールアップ パッケージがインストールされているに再起動するコンピューター。

Hyper-V とホストの仮想サーバーは、SCVMM エージェントを更新する方法

この更新プログラムは、Hyper-V と仮想サーバーのホストに VMM エージェントを更新する必要があります。 ホストの状態がアテンションが必要、エージェントが更新されていない場合。

、SCVMM エージェントで複数のホストを更新するには、次の手順を実行します:
  1. 開く SCVMM の管理コンソールのウィンドウ。
  2. クリックして管理、し、コンピューターの管理.
  3. ホストを選択しクリックしてエージェントの更新.
  4. ユーザー アカウントの資格情報を入力しクリックして[OK].

は、修正プログラム ロールアップ パッケージを Microsoft Update カタログを手動でダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2308590

メモ、Microsoft Update カタログは、修正プログラム ロールアップ パッケージの異なるバージョンがあります。 これらの異なるバージョン EVAL、OEM、小売り業、および WORKGRP のラベルがあります。 適切なバージョンをダウンロードします。

は、Microsoft Update カタログ、SCVMM サーバーからダウンロードできるこの修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールするには、次の手順を実行します:
  1. 抽出 VmmServer64Update、RETAIL.cab ファイルを一時ディレクトリ。
  2. は、昇格したコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力および更新プログラムをインストールするのには Enter キーを押します:
    msiexec/update vmmServer64Update ・ RETAIL.msp ブートス トラップ = 1

    メモパッケージの名前、ダウンロードされたバージョンによって異なります。
  3. 後、SCVMM サーバーでは、修正プログラム ロールアップ パッケージがインストールされている更新 SCVMM エージェントで、Hyper-V とホストの仮想サーバー。

修正プログラム ロールアップの情報

前提条件
SCVMM 2008 R2 をインストールする必要があります。

再起動の要件
場合は、仮想マシン マネージャーまたは仮想マシン マネージャー エージェントサービスが実行されている場合、SCVMM のサーバーでは、修正プログラム ロールアップ パッケージがインストールされているに再起動するコンピューター。

置き換えに関する情報を更新
この修正プログラム ロールアップ パッケージは、修正プログラム ロールアップ パッケージ 982522 置き換えられます。

ファイル情報
元に戻す全体を表示する
バイナリバージョンファイル サイズタイムスタンププラットフォーム
DB.adhc.dll2.0.4274.02272482010-05-06 19時 37分x64
Engine.Adhc.Operations.dll2.0.4274.03173602010-05-06 19時 37分x64
Engine.AuthorizationManager.dll2.0.4273.0634082010-01-05 15時 17分x64
Engine.BitBos.dll2.0.4275.01453282010-04-08 18時 48分x64
Engine.MomDal.dll2.0.4275.01903842010-04-08 18時 59分x64
Engine.VmOperations.dll2.0.4273.06573282010-01-05 15時 17分x64
ImgLibEngine.dll2.0.4274.04771042010-05-06 19時 42分x64
Utils.dll2.0.4274.03747042010-05-06 19時 25分x64
ViridianImplementation.dll2.0.4274.01740002010-05-06 19時 42分x64
VirtualizationInterfaces.dll2.0.4272.0593042009-10-26 18時 35分x64
vmmAgent.exe2.0.4275.034538722010-04-08 18時 41分x64
VMWareImplementation.dll2.0.4274.0プログラム 9112802010-05-06 19時 42分x64
VMSetup.dll2.0.4274.022301922010-05-06 19時 25分x64
VSImplementation.dll2.0.4272.0961682009-10-26 18時 35分x64
vmmAgent.msi (32 ビット) (EVAL のみ)2.0.4275.057932802010-04-08 17時 01分i386
vmmAgent.msi (64 ビット) (EVAL のみ)2.0.4275.064225282010-08-04 19時 34分x64
vmmAgent.msi (32 ビット) (OEM のみ)2.0.4275.077276162010-04-08 17時 01分i386
vmmAgent.msi (64 ビット) (OEM のみ)2.0.4275.083568642010-08-04 19時 34分x64
vmmAgent.msi (32 ビット) (製品版のみ)2.0.4275.076318722010-04-08 17時 01分i386
vmmAgent.msi (64 ビット) (製品版のみ)2.0.4275.082606082010-08-04 19時 34分x64
vmmAgent.msi (32 ビット) (WORKGRP のみ)2.0.4275.069544962010-04-08 17時 01分i386
vmmAgent.msi (64 ビット) (WORKGRP のみ)2.0.4275.075847682010-08-04 19時 34分x64
ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2308590 - 最終更新日: 2010年9月15日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 Workgroup Edition
キーワード:?
kbbug kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2308590 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2308590
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com