Randomize1cList 機能の補助負荷の分散の DC 間で WINS します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 231305 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

重要 : この資料は、レジストリを変更する方法について。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ワークステーションと、関連付けられているドメイン コントローラー (DC) 異なるサブネット上に存在するネットワーク上では、ログオンとネットワークの検証問題がします。 このネットワークは、WINS 名前解決のため、メインの媒体として使用する構成にもされています。

ドメイン コントローラーが監視すると、いずれかが、他よりもより頻繁に読み込まれる見つかります。 オーバーロードされた DC は、の間のネットワーク トラフィックを監視が次を表示します。
サーバー マネージャーでは次を表示します。
  • 数が多い (数百) Pipe\Lsarpc への接続。
ネットワーク トラフィックのネットワーク モニター キャプチャ, で次のことがあります表示。
  • 接続はされません頻繁または Pipe\Lsarpc でトランザクションを実行します。
  • 一般的なサーバー メッセージ ブロックのエラー メッセージのコードには、 STATUS_IO_TIMEOUT および STATUS_PIPE_NOT_AVAILABLE があります。
パフォーマンス モニターで、次のことがあります表示。
  • 大きな処理数 LSASS プロセスにします。
  • LSASS プロセスに大規模なスレッド数 (300 - 700 +)。
  • A、LSASS とシステム プロセス: によって高い CPU 使用率が (100% に近づいた) を結合する: を付けて、LSASS スレッド数の増加、LSASS 増加増加コンテキストが LSASS スレッド間で切り替えのため、使用すると、システム プロセスが使用する CPU 時間の比率。
ワークステーションが再起動されたときに生成するネットワーク トラフィックのネットワーク モニターのキャプチャとネットワークにログの詳細な分析は、オーバーロードされた最も DC が名前照会応答 WINS domainname <1c> で返される IP アドレスが IP アドレスの一覧で最初のドメイン コントローラーであるを示します。

新しい WINS サーバー機能、Randomize1cList はこれであり、これら特定の状況での DC 間よりも負荷分散を昇格させることができます。 for example、オーバーロードされたドメイン コントローラーが IP アドレスが、ドメイン名の <1c> で最初の DC リスト)。

原因

WINS 名前解決に使用されるネットワークでは、ワークステーションのログオン サーバーはとおり選択されます。
  1. ワークステーションは自身のローカル サブネット上の SAM ログオン要求をブロードキャストします。
  2. ワークステーションが、最大 25 個のドメイン コントローラーの IP アドレス] の一覧を返す、WINS サーバーに domainname <1c> の WINS 名前照会を送信し、ワークステーション、案内 SAM ログオン要求を送信一覧に表示されている各ドメイン コントローラーの IP アドレスに順番。

    SAM ログオン要求が発行される送信これら順序は決まります domainname <1c> 名前クエリの応答、WINS で IP アドレスの順序によって、最初の SAM ログオン要求は、ボックスの一覧という最初アドレスに送信します。 (ブロードキャストまたは指示) SAM ログオン要求に応答する最初のドメイン コントローラーが、ワークステーションのログオン サーバーとして選択されます。

ワークステーションのサブネット上の DC がある場合、ローカルの DC ではこれらのいずれかが通常として選択されて、ワークステーションのログオン サーバー、リモート DC より前の最初のブロードキャスト SAM ログオン要求を受信し、リモート DC よりも早く応答によくしたがっています。

IP アドレスは、ドメイン名の <1c> に表示されます、DC のいずれか、ワークステーションのサブネットでドメイン コントローラーがない場合、ワークステーションのログオン サーバーとして選択されて名前クエリの応答します。 通常、すべての案内 SAM ログオン要求の発行が急速に後、1 つはされ、最初の応答は、最も忙しく DC からと考えられます。 時間の経過は、通常の結果は各ドメイン コントローラーとほぼ等しい数がワークステーション ログオン サーバーになるです。

ただし、状況によっては、ことは、リモート DC を定期的に検証トラフィックの後続のボリュームでオーバーロードになると、ワークステーションのログオン サーバーとして選択するのいずれかです。

解決方法

Windows NT 4.0 および Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition

この問題を解決するには、Windows NT 4.0 または Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition 用の最新サービス パックを入手してください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
152734Q152734 How to Obtain the Latest Windows NT 4.0 Service Pack

Windows NT 3. 51

サポートされている修正プログラムしますです、はのみことを目的としていますこの資料に記載されている問題を解決します。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。 Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

ただし、これより新しい修正ファイルがリリースされている可能性もあります:
   Date      Time     Size      File name   Platform
   --------------------------------------------------
   06/08/98  06:23p   170,400   Wins.exe    x86
   06/08/98  06:24p   310,544   Wins.exe    Alpha
				

Randomize1cList を有効にする方法

警告 : 深刻な問題として、オペレーティング システムの再インストールする必要がありますが生じるレジストリ エディターを誤って使用する場合。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。
修正プログラムを適用すると Randomize1cList をアクティブに下記のように、レジストリを変更してできます。

警告 : ほとんどのネットワークではありませんこの機能を有効にします。 状況によっては、そのでした実際に悪影響を与える、場所に応じて、DC domainname <1c> リストが存在します。 たとえば、リストの順序の変更とことがありますワークステーション London 中華人民共和国香港でログオン サーバーを選択します。 アクティブことにする Randomize1cList のみを徹底したネットワーク分析すると確認を行うのために対して適切な観測の現象、WINS およびネットワークの構成と共に勧めします。

修正プログラムのインストール後、Randomize1cList 機能をアクティブ: に
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE サブツリーから、次のキーに移動します:
    \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Parameters
  3. [ 編集 ] メニューの [ 追加] をクリックします。
  4. 次の追加:
       Value Name: Randomize1cList
       Data Type:  REG_DWORD
       Data:       00000001
       Radix:      Hex
    						
    このキーは、IP の順序アドレス <1c> の連続したドメイン名を WINS サーバーの変更、名前照会応答かどうかを決定します。 状況によっては、この変更がドメイン内でのログオン サーバーとして動作するドメイン コントローラー間で負荷分散向上します。
    Value: 0
    Meaning: 1C List Randomization is not enabled. The WINS server returns the
    list of IP addresses in WINS domainname<1C> name query responses in
    the same order each time such a name query is made.
    
    Value: 1   
    Meaning: Enables 1C List Randomization. The WINS server rotates the list of
    IP addresses in WINS domainname<1C> name query responses a random
    amount each time such a query is made. 
    						

状況

マイクロソフトでは、この問題を Windows NT 4.0 および Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition の問題として認識しています。 この問題は、まず Windows NT 4. 0 と Windows NT Server 4. 0、ターミナル サーバーのエディション Service Pack 4 修正されました。

詳細

ローカル DC がない場合は 1 つのシナリオの DC 間で分散寸法線 (段違い) の laod につながる可能性をネットワークまたはルーターの混雑は。 これは、一連の案内セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のログオン要求間の伝送遅延可能性があります。 場合は、このような転送遅延アプローチから最初のサーバー、ドメイン コントローラーの IP アドレスの一覧に SAM ログオン要求応答を受信に必要な時間をこのドメイン コントローラーは、ワークステーション、ドメイン内の大部分に対してログオン サーバーになる可能性があります。

この潜在的な問題を解決するには、Randomize1CList 機能を提供に Wins.exe の拡張が行われています。 アクティブ化されると、Randomize1CList 機能連続 domainname <1c> で IP アドレスの一覧で名前照会応答は、ワークステーションに転送する前にランダムな金額を回転します。 これにより前述のように、問題のシナリオでの DC のよりも読み込み。

プロパティ

文書番号: 231305 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbmt KB231305 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:231305
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com