Uptime.exe ツールにより見積サーバーの可用性に Windows NT 4.0 SP4 またはそれ以上

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 232243
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Uptime.exe、新しいツール、システムの可用性を表示するために使用可能です。Uptime.exe は現在、ローカルまたはリモートのシステムの稼働時間を表示する使用できます。必要に応じて、システム再起動、またはコンピューターが (ハング) が応答していないなどの重要なシステム イベントをイベント ログ スキャンもできます。可能な場合は、システムの可用性も計算されます。限られた方法で以前のバージョンでの動作がの Windows NT Server 4.0 Service Pack 4 以降では、主なものです。

詳細

Uptime.exe はスタンドアロン プログラムです。このツールをインストールするのには、Windows NT ディレクトリにファイルをコピーします。コマンド プロンプトでツールを実行する可能性があります。

このツールの拡張については、「コマンド プロンプトで、次を入力します。
/help のアップタイム
このツールは、管理者権限を持つ、ただし、ツールの試行を利用可能な情報に基づき、最適な見積もりを作成するのには管理者特権がない場合でも実行すると、最も正確です。いずれの場合も、結果を評価を検討します。

アップタイムと可用性の測定値はオペレーティング システムのローカル ビューを反映することに注意してくださいすることが重要です。「総稼働時間」測定場所自体の通常のオペレーションを実行するオペレーティング システムを報告、測定期間中時間の合計です。とき、サーバーその他の理由でネットワークの停止などをされないことがあります時間は反映されません。

また、オペレーティング システムが正常に機能していますが、これそのサーバーで実行中のサーバー プログラムが正常に動作していることはないことを確認することが重要です。たとえば、オペレーティング システムが使用できるが、そのサーバー上で実行しているデータベースが正しく動作しない可能性があります。

稼働時間、イベント ログを可用性の計算に使用するデータに依存します。イベント ログの開始の前に計算を行うことができますこのツールではありません。イベント ログがオフになっている場合は、計算することはできません。このツールの精度を制限する特定の設定を無効化できます。たとえば、システムが応答を停止し、ブルー スクリーンのエラー メッセージまたはワトソン博士のエラー メッセージはプログラムを無効にするときに、イベントを記述します。ブルー スクリーンのエラー メッセージに関する以下の資料で、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
192463 メモリ ダンプ後にブルー スクリーン情報を収集します。
アプリケーション エラーおよびワトソン博士で、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。
188296 ワトソン博士の Windows NT を無効にする方法
稼働時間は、Windows NT 4.0 Service Pack 4 を使用すると、余力を計算することができますまたはそれ以降のみです。Service Pack 4 で説明した、アップタイムのヘルプ ファイル)、「詳細」とは、システムのシャット ダウンを追跡する、追加のイベントを紹介しました。これらのイベントの詳細については、マイクロソフト サポート技術、次の資料を参照してください。
196452 なぜ WinNT、6005、6006 6008、および 6009 のイベント ログ エントリを表示
このツールは、次の Web サイトで利用できるようになりました。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Intel (x86) バージョンをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
アルファ ・ バージョンをダウンロードします。

プロパティ

文書番号: 232243 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB232243 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:232243
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com