ActiveX スクリプト ホストで実行時エラーをキャッチする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 232394 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
メモ Microsoft Visual C++ 2005、Microsoft Visual C++ .NET 2003、および Microsoft Visual C++ .NET 2002年は、Microsoft .NET Framework によって提供されるマネージ コード モデルとアンマネージ ネイティブ Windows コード モデルの両方をサポートします。 この資料の情報は、アンマネージ Visual C++ コードのみに適用されます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

すべてのプログラムのようなスクリプト、ActiveX スクリプトで実行ホスト 2 つの種類のエラー、コンパイル時および実行時にスローできます。 以前の実装、ActiveX スクリプト エンジン エラーの 2 種類の違いを行わないマイクロソフト (VBScript と JScript) によって提供されます。 両方が IActiveScriptSite::OnScriptError() で処理します。 スクリプト エンジンの最新バージョンを区別を実行時およびコンパイル時エラー間しました。 、構文エラーなどのコンパイル時のエラーは、 IActiveScriptSite::OnScriptError() メソッドを使用して、ActiveX スクリプト ホストをも報告されます。 ただし、無効な引数を渡すなど、実行時エラーが直接に報告されません OnScriptError() 。 代わりに、さまざまなメソッド、 IActiveScriptSiteDebug::OnScriptErrorDebug() に報告されます。

ここでは、スクリプトからスローされたランタイム エラーをキャッチする既存の ActiveX スクリプト ホストを変更する方法について説明します。

詳細

この資料では、ActiveX スクリプト ホストを既に作成したを想定しています。 この方法の詳細については、ください「、この資料の「関連情報」に記載してください。

スクリプト エンジンの最新のリリースで IActiveScriptSiteDebug::OnScriptErrorDebug はランタイム エラーが発生したとき呼び出されます。 IActiveScriptSiteDebug インターフェイスは、 前に デバッガーのデバッグに参加する機会が関与するスクリプト ホストを示します。 スクリプト ホストされたときに、実行時エラー通知を受けるために発生、 IActiveScriptSiteDebug の最小限の実装が必要。

IActiveScript::SetScriptSite メソッドが呼び出されると、スクリプト エンジンは、 IActiveScriptSiteDebug インターフェイスのホストの IActiveScriptSite のポインターを QueryInterface にされます。 これが失敗する場合は、スクリプト エンジンは単独でスクリプト デバッガーに連絡を試みます。 ただし、QueryInterface が成功した場合、スクリプト エンジンがスクリプト用のデバッグ機能を確立する IActiveScriptSiteDebug::GetApplication() を呼び出すし。 IActiveScriptSiteDebug::GetApplication() に障害が発生した場合は、あるデバッグが、コンピューター上にありませんをすべてのエラー処理の IActiveScriptSite::OnScriptError() に戻す、スクリプト エンジンと結論付けます。

これは、最低限の実装では、 IActiveScriptSiteDebug インターフェイス:
   STDMETHOD(GetDocumentContextFromPosition)(
      DWORD dwSourceContext, 
      ULONG uCharacterOffset, 
      ULONG uNumChars, 
      IDebugDocumentContext **ppsc) {return E_NOTIMPL;}

   STDMETHOD GetApplication( IDebugApplication **ppda ) {return E_NOTIMPL;}

   STDMETHOD(GetRootApplicationNode)( IDebugApplicationNode **ppdanRoot) {return E_NOTIMPL;}
   
   STDMETHOD(OnScriptErrorDebug)( 
      IActiveScriptErrorDebug *pErrorDebug, 
      BOOL *pfEnterDebugger,
      BOOL *pfCallOnScriptErrorWhenContinuing) {return E_NOTIMPL;}
				
ノート を Visual C++ 2005 で、共通言語ランタイム サポート コンパイラ オプションを追加する ( と clr:oldSyntax ) を正常に上記のコード サンプルをコンパイルします。 追加する、共通言語ランタイム サポート コンパイラ オプションには、次の手順に従います。
  1. [ プロジェクト ] をクリックして [ProjectName プロパティ ] をクリックします。

    メモ ProjectName は、プロジェクトの名前のプレースホルダーです。
  2. [構成プロパティ ] を展開し、[ 全般 しています。
  3. 右側のウィンドウでクリックして選択 共通言語ランタイム サポート、古い構文 (または clr:oldSyntax) プロジェクト設定で、 共通言語ランタイムがサポート します。
  4. [ 適用 ] をクリックし、 [OK] を実行します。
共通言語ランタイム サポート コンパイラ オプションの詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/k8d11d4s.aspx
代わりに、スクリプト ホストより完全な IActiveScriptSiteDebug インターフェイスの実装を選択可能性があります。 IActiveScriptSiteDebug インターフェイスに関するマニュアルは、次の MSDN を参照して Web サイト。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/6c5sfkte(VS.85).aspx

関連情報

ActiveX スクリプトの作成の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
223139VBScript を ATL アプリケーションにホスト サポートを追加する方法
183698Axsh.exe は、アクティブ スクリプト ホストを実装する方法を示します
168214MFCAxs.exe は、MFC を使用して、アクティブ スクリプト ホストを実装します。
223389Scripting.exe ファイルには、ヘッダーとホストとエンジン ActiveX スクリプトを作成する必要なライブラリが含まれます

プロパティ

文書番号: 232394 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 5.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual C++ 2005 Express Edition
  • Microsoft Visual C++ .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual C++ .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
  • Visual Basic, Scripting Edition 5.0
  • Visual Basic, Scripting Edition 4.0
  • Visual Basic, Scripting Edition 3.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbactivexscript kbmt KB232394 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:232394
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com