修正: DTC ログの通知の問題がトランザクションが不完全

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 232533 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

明らかな理由も、直接には、Microsoft SQL Server、Microsoft トランザクション サーバー、または分散トランザクション コーディネーター (DTC) を使用して分散トランザクションがあるときに完了しません。

トランザクションが応答を停止すると、ため、エラーは表示されませんもは、エラー ログに記録任意の場所。ただし、ですは」、「「準備中」状態または"通知失敗のみ] 状態で、一定の時間のこの問題を示す値を取得するトランザクションを MS DTC 管理コンソールの [トランザクション] タブを使用できます。 しますMS DTC 管理コンソールは、コンピューター上の system32 ディレクトリにあります。

c:\winnt\system32\dac.exe

原因

DTC は、トランザクションの現在の状態を記録するのにログ ファイルを使用します。トランザクションの状態のログをログ通知は失われるありを受け取っていません。これは、ため、無期限に待機するには、トランザクション マネージャーと、トランザクションが完了することはありません。

解決方法

SQL Server

この問題を解決するのに最新のサービス パックの Windows NT 4.0、または、個々 のソフトウェア更新プログラムを入手します。最新の service pack の入手方法の詳細についてを参照してください。
個々 のソフトウェア更新プログラムの入手方法の詳細については、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストを参照してください、次のアドレス、World Wide Web 上で。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS

Windows NT サーバーまたはワークステーション 4.0

この問題を解決するのに最新のサービス パックの Windows NT 4.0、または、個々 のソフトウェア更新プログラムを入手します。最新の service pack の入手方法の詳細についてを参照してください。
  • Windows Service Pack センター - または -

  • 152734最新の Windows NT 4.0 service pack の入手方法
個々 のソフトウェア更新プログラムの入手方法の詳細については、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストを参照してください、次のアドレス、World Wide Web 上で。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS

Windows NT Server 4.0 は、ターミナル サーバーのエディション

この問題を解決するのに、Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition の最新のサービス パックを入手します。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の文書番号をクリックします。
152734 Windows NT 4.0 Service Pack の入手方法

状況

マイクロソフトはこれが問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows NT Server version 4.0、ターミナル サーバーのエディションの Service Pack 6 で最初に修正されました。

詳細

修正プログラムのインストール

この修正プログラムは、Microsoft windows Nt 4.0 (Service Pack 5 またはそれ以降を推奨) を実行しているシステムにのみインストールする必要があります。Microsoft Windows NT バージョン 3.51 または Windows 2000 を実行しているシステムにインストールされません。

この修正プログラムが、Windows NT 4.0 Service Pack 5 に含まれるリリースの Microsoft DTC のバージョンに基づいているに注意してください。この修正プログラムをインストール、ここで説明する問題を修正するだけでなく、Windows NT 4.0 Service Pack 5release のレベルを Microsoft DTC をアップグレードします。

非クラスター化システム上にインストールする方法

  1. システムに空の一時ディレクトリを作成します。
  2. 自己解凍形式の実行可能ファイル (I051099c.exe [i386] または A051099c.exe [Alpha]) を実行しするように求めるメッセージが表示されたら、一時ディレクトリの名前を入力します。プログラムは、次のファイルを圧縮解除、一時ディレクトリに。
    Dtcsetup.exe
    Qfe051099c.txt
  3. 実行されている場合は、Microsoft DTC サービスを停止します。Microsoft Transaction Server、Microsoft SQL Server、Microsoft メッセージ キュー、および Microsoft COM トランザクション インテグレーター [COMTI] など、Microsoft DTC に依存するすべてのサービスを停止します。
  4. 開いている場合は、コントロール パネルを閉じます。
  5. Dtcsetup.exe を実行します。
  6. システムを再起動します。
  7. DTC に依存するすべてのサービスを再起動します。

クラスターでは、既にクラスター化された Microsoft DTC をインストールする方法

  1. クラスターの両方のノードでは、空の一時ディレクトリを作成します。
  2. 自己解凍型実行可能ファイル (I051099c.exe [i386] または A051099c.exe [Alpha])、クラスターの両方のノードで実行しするように求めるメッセージが表示されたら、一時ディレクトリの名前を入力します。プログラムは、次のファイルを圧縮解除、一時ディレクトリに。
    Dtcsetup.exe
    Qfe051099c.txt
  3. 実行されている場合、Microsoft DTC のクラスター リソースを停止するには、Microsoft クラスター サーバー (MSCS) のクラスター アドミニストレーターを使用します。Microsoft Transaction Server、Microsoft SQL Server、Microsoft メッセージ キュー、および COMTI の Microsoft など、Microsoft DTC に依存するすべてのサービスを停止します。
  4. クラスター内のすべてのシステムで、コントロール パネルを閉じます。
  5. Microsoft DTC のクラスター リソースを制御するノードで Dtcsetup.exe を実行します。その他のクラスター ノードに Microsoft DTC をインストールするプロンプトが表示されたら、それらのノードで Dtcsetup.exe を実行します。
  6. すべてのシステムを再起動します。
  7. Microsoft DTC に依存するすべてのサービスを再起動します。

クラスターで、クラスター化されていない Microsoft DTC をインストールする方法

  1. クラスターの両方のノードでは、空の一時ディレクトリを作成します。
  2. 自己解凍型実行可能ファイル (I051099c.exe [i386] または A051099c.exe [alpha])、クラスターの両方のノードで実行しするように求めるメッセージが表示されたら、一時ディレクトリの名前を入力します。プログラムは、次のファイルを圧縮解除、一時ディレクトリに。
    Dtcsetup.exe
    Qfe051099c.txt
  3. クラスター内のすべてのシステムで、Microsoft DTC サービスを停止します。Microsoft Transaction Server、Microsoft SQL Server、Microsoft メッセージ キュー、および COMTI の Microsoft など、Microsoft DTC に依存するすべてのサービスを停止します。
  4. クラスター内のすべてのシステムで、コントロール パネルを閉じます。
  5. クラスター化システムでこのリリースをインストールするとセットアップは自動的に Microsoft DTC のクラスター バージョンをインストールします。Microsoft DTC のクラスター バージョンには、MSCS リソース グループ ネットワーク名リソースと共有ディスク リソースの両方が含まれる必要があります。このリリースをインストールする前に少なくとも 1 つそのような MSCS リソース グループが存在することを確認します。Dtcsetup.exe は、ネットワーク名リソースと共有ディスク リソースの両方が含まれることが見つかる最初の MSCS リソース グループに Microsoft DTC を割り当てます。後は必要なリソースを確実にグループが存在する、そのリソース グループを制御するノードで Dtcsetup.exe を実行します。
  6. その他のクラスター ノードに Microsoft DTC をインストールするプロンプトが表示されたら、それらのノードで Dtcsetup.exe を実行します。
  7. すべてのコンピューターを再起動します。
  8. Microsoft DTC に依存するすべてのサービスを再起動します。

プロパティ

文書番号: 232533 - 最終更新日: 2013年11月4日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Transaction Services 2.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbqfe kbhotfixserver kbbug kbdtc kbfix kbmt KB232533 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:232533
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com