文書番号: 233493 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は Word で発生する改ページのトラブルシューティングを行う方法について説明します。ドキュメントの位置に予期しないまたは望ましくないです。

メモ 改ページを見るには、印刷レイアウト表示よりも標準表示の方が簡単です。Word 2000、Word 2002 および Word 2003 で標準表示に切り替えるには、[表示] メニューの [標準] をクリックします。Word 2007、Word 2010 および Word 2013、[表示] タブをクリックし、[下書き] をクリックします。

詳細

段落の前後の間隔を確認する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. 不要なページ区切りの直前または直後にある段落を選択します。
  2. [書式] メニューの [段落] をクリックします。
  3. [インデントと行間隔] タブをクリックし、[段落前] または [段落後] に、異常に高い値が設定されているかどうかを確認します。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. 不要なページ区切りの直前または直後にある段落を選択します。
  2. [ページ レイアウト] タブで、[段落] ダイアログ ボックスの起動ツールをクリックし、[インデントと行間隔] タブをクリックします。、右クリックし段落を選択してや、[インデントと行間隔] タブをクリックします。
  3. 前の間隔に、 、または段落後に異常に高い値が設定されているかどうかを確認してください。

前の段落のページ レイアウト オプションを確認する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. 不要なページをに従って、ページ上の最初の段落を選択します。改行します。
  2. [書式] メニューの [段落] をクリックします。
  3. [改ページと改行] タブをクリックします。
  4. 次のいずれか、次の 3 つの改ページ調整するかどうかを確認します。選択します。
  • [段落前で改ページする] 段落前に改ページが挿入されます。
  • : 現在の間に改ページができなくなり、次の文章です。
  • [段落を分割しない] 段落内で改ページができなくなります。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. 不要なページをに従って、ページ上の最初の段落を選択します。改行します。
  2. [ページ レイアウト] タブの [段落] で、[段落]ダイアログ ボックスの起動アイコンをクリックします。
  3. [改ページと改行] タブをクリックします。
  4. 次のいずれか、次の 3 つの改ページ調整するかどうかを確認します。選択します。
  • [段落前で改ページする] 段落前に改ページが挿入されます。
  • : 現在の間に改ページができなくなり、次の文章です。
  • [段落を分割しない] 段落内で改ページができなくなります。

[用紙の端からの距離] 設定を確認する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックし、[余白] タブをクリックします。
  2. 設定をヘッダーまたはフッターが大きすぎるかどうかを確認するを確認します。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. [ページ レイアウト] タブの [ページ設定] で、[ページ設定] ダイアログ ボックスの起動アイコンをクリックします。
  2. [その他] タブをクリックします。
  3. 設定をヘッダーまたはフッターが大きすぎるかどうかを確認するを確認します。
メモ この設定は Word のヘッダーまたはフッター テキストの、ページ端からの印刷開始位置を決定します。既定値は 0.5 インチです。使用可能な印刷範囲を設定を大きな値を減少、ドキュメント。

ページ区切りに続くテキストが表内にあるかどうか確認する

Word 改ページを挿入することはできませんするためのオプションが用意されています。テーブルのセル。そのセル全体がページに収まらない場合は、結果、Word は、次のページにセル全体をプッシュします。

このオプションを変更するには、次の手順を実行します。

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. 表の内部に挿入ポイントを置きます。
  2. [テーブル] メニューの[表のプロパティをクリックします。
  3. [行] タブをクリックします。
  4. オンにし、 行の途中で改ページする チェック ボックスします。
これにより、表全体のページ区切りオプションが設定されます。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. 表の内部に挿入ポイントを置きます。
  2. [表ツール] の [レイアウト] タブに移動します。
  3. [] で、[プロパティ] をクリックします。
  4. [行] タブをクリックします。
  5. オンにし、 行の途中で改ページする チェック ボックスします。
これにより、表全体のページ区切りオプションが設定されます。

手動 (または「固定」) のページ区切りを探す

CTRL キーを押しながら ENTER キーを押すことで、手動ページ区切りが挿入された可能性があります。または、Word のバージョンに応じて、次の方法のいずれかを使用して手動ページ区切りが挿入された可能性があります。

Word 2002、Word 2002、または Word 2003

  1. [挿入] メニューの [中断] をクリックします。
  2. ページ区切りを選択し、[ok]をクリックします。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

[挿入] タブの [ページ] グループで、[ページ区切り] をクリックします。

[置換] コマンドを使用して手動ページ区切りを検索することで、手動ページ区切りを削除することができます。

メモ 削除すると、[すべて置換] ボタンをクリックしてしないで文書にセクション区切りが含まれていない限り、自動改ページします。

[標準] スタイルのテキストに続く、意図しないページ区切りを確認する

一連の見出しスタイルが、ドキュメントで使用されるかどうか (アウトライン、用標準スタイルでは、予期しない書式設定されたテキストなど) の後に改ページは、通常のテキストに続くことがあります。この問題がのみ発生します。標準表示モード、アウトライン表示では発生しません。次のいずれかを使用します。メソッドは、不要なページ区切りの個々 のオカレンスを削除します。

方法 1: 標準テキストに「次の段落と分離しない」オプションを適用する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. 通常のテキストを選択します。
  2. [書式] メニューの [段落] をクリックします。
  3. 改ページと改行] タブをクリックしを次へを選択する] をクリックします。
  4. [Ok]をクリックします。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. 通常のテキストを選択します。
  2. [ページ レイアウト] タブの [段落] で、[段落]ダイアログ ボックスの起動アイコンをクリックします。
  3. 改ページと改行] タブをクリックしを次へを選択する] をクリックします。
  4. [Ok]をクリックします。

方法 2: 「次の段落と分離しない」オプションを見出しから削除する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. 通常のテキストの前に見出しテキストを選択します。
  2. [書式] メニューの [段落] をクリックします。
  3. [改ページと改行] タブをクリックし、次を維持する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [Ok]をクリックします。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. 通常のテキストの前に見出しテキストを選択します。
  2. [ページ レイアウト] タブの [段落] で、[段落]ダイアログ ボックスの起動アイコンをクリックします。
  3. [改ページと改行] タブをクリックし、次を維持する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [Ok]をクリックします。

方法 3: 意図しないページ区切りの発生状況を恒常的に変更する

Word 2000、Word 2002、および Word 2003

  1. [書式] メニューのスタイルをクリックします。
  2. [一覧] ボックスの一覧ボックスで、[すべてのスタイルをクリックします。
  3. 見出し 1のスタイル] ボックスの一覧でをクリックします。
  4. 変更をクリックします。
  5. [書式] をクリックし、[段落] をクリックします。
  6. [改ページと改行] タブをクリックします。
  7. する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  8. 現在のドキュメントや、作業中のテンプレートに基づくすべての新しい文書の永続的な変更を行うをオンにします テンプレートに追加します。.それ以外の場合、変更はのみ、現在のドキュメントに影響します。
  9. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Word 2007、Word 2010 および Word 2013

  1. [ホーム] タブで、[スタイル] に移動し、スタイルの一覧を開き、スタイルのダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
  2. 見出し 1のスタイル] ボックスの一覧でをクリックします。
  3. 変更をクリックします。
  4. [書式] をクリックし、[段落] をクリックします。
  5. [改ページと改行] タブをクリックします。
  6. する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  7. 現在のドキュメントや、作業中のテンプレートに基づくすべての新しい文書の永続的な変更を行うをオンにします このテンプレートに基づく新しいドキュメントの追加.それ以外の場合、変更はのみ、現在のドキュメントに影響します。
  8. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

マイクロソフトのサポート オプション

この問題を解決できない場合は、いくつかのサポート オプションで役立つことができます。

すばやく検索自分でオンライン応答します。

マイクロソフト オンライン サポートを使用して、マイクロソフト サポート技術情報およびその他の技術リソースの迅速で正確な回答を検索します。検索を制御するのには、サイトをカスタマイズすることもできます。

検索を開始するには、次の Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/support/

マイクロソフトの製品サポート

問題のトラブルシューティングを支援するためにマイクロソフト製品のサポート担当者に問い合わせてください。

Microsoft Windows のトラブルシューティングに関するサポートの入手方法の詳細については、Windows エクスプ ローラーで [ヘルプ] メニューのヘルプ トピックをクリックします。[内容] タブで、[トラブルシューティング] をダブルクリックします。サポート オプションを表示するのには、 Microsoft テクニカル サポート連絡先] をクリックします。

Microsoft Word のトラブルシューティングに関するサポートの入手方法の詳細については、については、Microsoft wordの [ヘルプ] メニューをクリックし、[テクニカル サポート] をクリックします。

Microsoft ソリューション プロバイダー

Microsoft ソリューション プロバイダーの技術を使用して、あらゆる規模および業界の企業にとってビジネス上の問題を解決するには、Microsoft と提携した独立組織です。

米国およびカナダにお住まいの地域では、Microsoft ソリューション プロバイダーを見つけるには、Microsoft 売上情報センター (800) 426-9400 に呼び出します。米国以外の場合は、各国内の支社にお問い合わせください。会社を検索するには、Microsoft ワールド ワイド オフィス Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/worldwide/

プロパティ

文書番号: 233493 - 最終更新日: 2013年2月11日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2013
  • Microsoft Word 2010
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
kbinfo kbmt KB233493 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:233493
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com