Active Directory でプリンターを制御するグループ ポリシー設定を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 234270 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

アクティブ ディレクトリのプリンター関連の設定を有効またはグループ ポリシー設定を使用して無効にできます。グループ ポリシー オブジェクト Active Directory コンテナー (サイト、組織単位、およびドメイン) に関連付けられているにはすべてのグループ ポリシー設定が含まれています。この構造体は、最大化し、Active Directory を拡張します。

この資料ではプリンターと有効またはローカル グループ ポリシー エディターを使用してプリンターの管理を無効にする方法を管理するために特定のポリシーについて説明します。

詳細

2 種類の構成は、グループ ポリシーの設定でプリンターを設定できます。
  • [コンピューターの構成
  • [ユーザーの構成

Active Directory でコンピューター用のプリンター固有の設定を構成する方法

  1. クリックしてください。 スタート、ポイント プログラム、ポイント 管理ツールプロパティ Active Directory ユーザーとコンピューター.
  2. Active Directory コンテナー (組織単位、またはドメイン) を管理するドメインをクリックします。そのコンテナーを右クリックしをクリックしてプロパティ
  3. クリックして、 グループ ポリシー タブをクリックし、「新しい」グループ ポリシー設定を作成するのには [新規] をクリックします。
  4. ローカル グループ ポリシー エディターで、次のフォルダーを展開します。
    • [コンピューターの構成
    • 管理用テンプレート
    • プリンター
次の設定は [有効にします。 コンピューターの構成n:
  • プリンターの公開を許可します。 有効または、ディレクトリ内のプリンターの公開を無効にします。
  • 印刷スプーラーにクライアント接続の受け入れを許可します。印刷スプーラーがクライアント接続を許可するかどうかを制御します。ポリシーが設定されていない場合は、ユーザーがローカル プリンターを共有したり、印刷キュー、プリンターの接続を開きますまで、スプーラーのクライアント接続を受け付けません。この時点では、スプーラーはクライアント接続の受け入れを自動的に開始されます。
  • 公開されているプリンターの排除を許可します。ドメイン コント ローラーを削除することができるかどうかを決定する (つまり、Active Directory からの削除) のプリンターをこのコンピューターによって発行されています。要求に公開して、コンピューターが応答しない場合は、既定では、ドメイン コント ローラー上の排除サービス Active Directory からプリンター オブジェクトを排除します。公開されたプリンターが、コンピューターを再起動すると、削除されたプリンター オブジェクトは再公開されます。
  • 自動的に新しいプリンターを Active Directory に公開します。既定では、この設定が有効です。具体的には、選択されている共有プリンターがディレクトリに置かれるように、オフにできます。
  • 公開の状態を確認します。 公開されたプリンターが Active Directory に公開されることを確認するために使用します。既定では、公開の状態は検証されません。
  • [プリンター] フォルダーの左側のウィンドウでカスタムのサポート URL:このポリシー ビットは、管理者がサーバーにカスタマイズされたサポート Url を追加するに設計されています。このビットが選択されていない場合は、可能な場合、ナビゲーション ウィンドウの [プリンター] フォルダーの Url 選択したプリンターとベンダーのサポート URL を表示します。このビットを選択し、カスタマイズされたサポート URL を指定する場合は、前述の 2 つのサポート Url がカスタマイズされた URL に置き換えられます。既定値は選択されていません。(ハットは、カスタマイズされたサポート URL はありません) です。
  • コンピューターの場所プリンターの検索時に使用される既定の場所の条件を指定します。この設定は Windows のプリンターの場所追跡機能のコンポーネントです。この設定を使用するには、場所の追跡が可能に プリンターの検索場所のテキストを入力します。設定します。場所の追跡を有効にすると、ユーザーがプリンターを検索すると、システムは指定された場所を基準にしてください。ここに入力した値は、検索を実行しているコンピューターの実際の場所を上書きします。

    ユーザーのコンピューターの場所を入力します。ユーザーがプリンターを検索する場合は、システム プリンターを検索するのには、指定した場所 (と他の検索条件) を使用して、近くにあります。この設定を使用して、特定のプリンターや、使用するプリンターのグループにユーザーを誘導することもできます。
  • ディレクトリの排除の間隔 排除の間隔は、放棄されたPrintQueueオブジェクトをチェックする間、排除サービスがスリープする時間を決定します。排除サービスは 1 時間ごと、この排除間隔値を読み取ります
  • ディレクトリの排除の再試行 排除サービスが破棄されたPrintQueueオブジェクトを削除する前に、プリント サーバーにしようとする回数を設定します。
  • ディレクトリの排除の優先順位: 排除スレッドのスレッド優先順位を設定します。排除スレッドはドメイン コント ローラーでのみ実行され、古いプリンターをディレクトリから削除する役割を担います。有効な値は、-2、-1、0、1、および 2、THREAD_PRIORITY_LOWEST を通じて THREAD_PRIORITY_HIGHEST に対応します。既定値は 0 です。
  • カーネル モード ドライバーを使用してプリンターのインストールを禁止します。 ローカル コンピューター上のカーネル モード ドライバーを使用するプリンターをインストールすることかどうかを決定します。カーネル モードのドライバーはシステム全体のメモリへのアクセスがあります。このため、プログラミングにカーネル モード ドライバーの停止エラーを可能性があります。
  • ディレクトリ排除の再試行イベントのログ:ドメイン コント ローラー上の排除サービスがコンピューターのプリンターを排除する前に、コンピューターに接続しようとすると、イベント ログに記録するかどうかを指定します。

    排除サービスは公開されたプリンターが、プリンターが使用可能であることを確認するのにはコンピューターを定期的にアクセスします。
    コンピューターが応答しない場合は、再試行を指定した回数、指定した間隔で。を ディレクトリの排除の再試行再試行回数を設定します。既定値は、2 つの再試行回数です。を ディレクトリの排除の間隔再試行の間隔を設定します。既定値は 8 時間です。再試行によってコンピューターが応答がない場合は、そのプリンターがディレクトリから排除されます。
  • プリンターの検索場所のテキストを入力します。 Windows プリンターの物理的な位置を追跡する設定を有効にします。

    場所の追跡を使用して、企業での配置計画を設計して、配色パターンの場所にコンピューターとプリンターを割り当てるします。場所の追跡を見つけてコンピューターとプリンターを関連付けるに使用される標準の方法をオーバーライドします。標準的な方法は、プリンターの IP アドレスとサブネット マスクを使用して、近くにコンピューターや物理的な場所を予測します。この設定を有効にする場合は、ユーザーの場所でのプリンター、プリンターの場所や場所の名前付けスキームを知らなくても参照できます。

    場所の追跡を有効にするを追加します。 参照 [プリンターの追加ウィザードのボタン プリンターの名前と場所を共有します。 画面に、 全般 タブには プリンターのプロパティダイアログ ボックス。グループ ポリシーのコンピューターの場所の設定を有効にする場合は、既定では入力したデフォルトの場所の表示、場所フィールドです。
  • プリンターの参照 この設定を有効にする場合は、それを参照共有プリンター印刷サブシステムを発表します。印刷サブシステムの共有プリンターを参照一覧に追加する必要がない場合は、この設定を無効にする必要があります。この設定が構成されていない場合は、ディレクトリ サービス提供中ですが、ディレクトリ サービスが利用できない場合に追加する場合は、共有プリンターを参照一覧に追加されません。
  • 公開するプリンターを排除します。 この設定は、ディレクトリからプリンターを削除することができるかどうかを決定します。この設定を未構成のままにするが最善です。ただし、プリンターを公開、コンピューターが機能している場合でも、ネットワーク上排除されていることを確認する場合は、排除サービスで断続的にのみいるダイヤルアップ リンクを使用する場合またはネットワーク障害時に、公開されたプリンターを削除できないようにするのには、このポリシーを有効にできます。プリンターが Active Directory から削除されないようにするのには、このポリシーを有効にし、既定の選択内容の保持 決して 続いて 再公開されないプリンターを排除します。リスト。
  • Web ベースの印刷: このポリシー ビットはインターネットを無効にするのには、管理者用に設計されています完全に印刷します。このポリシー ビットを選択すると、サーバー上の共有プリンターの web に公開され、共有プリンターがない HTTP を使用して他のクライアントからの受信ジョブを承諾することは。既定値は選択されていません。

Windows Server 2008 R2 に追加グループ ポリシー オブジェクトが新しい


  1. ドメイン コント ローラーをクリックします。 スタート[ 管理ツールをクリックし、[グループ ポリシーの管理] をクリックします。または、クリックしてください スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] GPMC。MSCを押して 入力してください。.
  2. フォレストと [ドメイン] を展開します。
  3. 自分のドメインで、このポリシーを作成する OU を選択します。
  4. OU を右クリックし、選択する GPO を作成し、このドメインにし、ここにリンクする
  5. GPO の名前を入力しをクリックしてください ].新しく作成したグループ ポリシー オブジェクトを右クリックしをクリックしてください 編集.これには、グループ ポリシー管理エディターが表示されます。
  6. グループ ポリシー管理エディターで、次のフォルダーを展開します。
    • [コンピューターの構成
    • ポリシー
    • 管理用テンプレート
    • コントロール パネル
    • プリンター


次の追加設定] で有効にできます。 [コンピューターの構成:
  • プリンターの追加ウィザードの [ネットワーク スキャン] ページ (ネットワーク管理):このポリシーは、コンピューターがドメイン コント ローラー (たとえば、企業ネットワークでドメインに参加しているラップトップ) にアクセスできる場合に、管理されたネットワーク上のコンピューターの [プリンターの追加ウィザードが表示されますプリンター (種類ごと) の最大数を設定します。
  • プリンターの追加ウィザードの [ネットワーク スキャン] ページ (いないネットワーク):このポリシーは、コンピューターがドメイン コント ローラー (たとえば、ホーム ネットワーク上でドメインに参加しているラップトップ) に到達できないときに、いないネットワーク上のコンピューター、[プリンターの追加ウィザードが表示されますプリンター (種類ごと) の最大数を設定します。
  • サーバーに印刷ジョブを常に表示:プリント サーバーから印刷すると、印刷スプーラーにクライアントが印刷ジョブ自体を処理またはそれらの作業を行うには、サーバーに渡すかどうかを決定します。このポリシー設定は、Windows プリント サーバーは印刷に影響します。
  • 分離プロセスで印刷ドライバーを実行する:このポリシー設定は、印刷スプーラーがプリンター ドライバーを分離または別のプロセスで実行されるかどうかを決定します。場合印刷ドライバーがロードされている、独立したプロセス (または分離されたプロセス) に、印刷ドライバーの障害の印刷スプーラー サービスを引き起こさない。
  • 拡張ポイントと印刷の接続を Windows 更新を検索:このポリシー設定では、クライアント コンピューターのポイントと印刷のドライバーを検索する場所を管理することができます。このポリシー設定を有効にする場合は、クライアント コンピューターのポイントと印刷の互換性のあるドライバーを Windows Update に互換性のあるドライバーがローカルのドライバー ストア ドライバーのサーバー キャッシュからを検索するのに失敗した後検索を続けます。
  • パッケージ ポイントを使用して印刷のみ:このポリシー パッケージのポイントを使用してのみを印刷するには、クライアント コンピューターを制限します。この設定を有効にすると、ユーザーをポイントし、パッケージに対応したドライバーを使用してプリンターにのみ印刷することができます。パッケージのポイント アンド プリントを使用すると、クライアント コンピューターは、プリント サーバーからダウンロードされるすべてのドライバーのドライバーの署名を確認します。
  • 印刷印刷ドライバーによって報告されたドライバー実行互換性の設定をオーバーライドします。このポリシー設定は、印刷スプーラーが印刷ドライバーによって報告された、ドライバー分離の互換性よりも優先されるかどうかを決定します。ドライバーの互換性を報告しない場合でも、これが分離プロセスで印刷ドライバーを実行していることができます。

    このポリシー設定を有効にする場合は、印刷スプーラーは、印刷ドライバーによって報告された、ドライバー隔離互換フラグの値を無視します。
  • パッケージのポイントと印刷]-[承認されたサーバー:承認されたサーバーをパッケージ ポイントと印刷が制限されます。このポリシー設定は、パッケージのポイントと印刷の接続を承認されたサーバーを制限します。この設定は、パッケージのポイントと印刷の接続だけに適用されます、非パッケージのポイントと印刷の接続の動作を制御する「ポイントと印刷制限ポリシーから完全に独立しています。

    Windows Vista またはそれ以降のバージョンの Windows を実行している Clinet 非パッケージのポイントと印刷の接続をいつでも、パッケージのポイントと印刷の接続に失敗することを確認しようとします。これには、このポリシーによってブロックされるとが含まれます。管理者は、特定のプリント サーバーの印刷のすべての接続をブロックするには、両方のポリシーを設定する必要があります。

    この設定を有効にすると、ユーザーはポイントをパッケージ化し、のみ、ネットワーク管理者によって承認されたサーバーを印刷する印刷することができます。パッケージのポイント アンド プリントを使用すると、クライアント コンピューターは、プリント サーバーからダウンロードされるすべてのドライバーのドライバーの署名を確認します。
  • [ポイントと印刷の制限:このポリシー設定はクライアントのポイントを制御する、印刷の動作、セキュリティなどの Windows Vista コンピューターを求められます。印刷管理者以外のクライアントにのみ、ドメインのメンバーであるコンピューターのみにポリシー設定を適用します。

    ポリシー設定を有効にすると、次の条件を取得します。
    • のみ Windows XP およびそれ以降のクライアントは、明示的に名前付きのサーバーの一覧からプリンター ドライバー コンポーネントがダウンロードされます。クライアントでは、互換性のあるプリンター ドライバーが場合は、プリンターの接続を行います。互換性のあるプリンター ドライバーがクライアント上で使用できない場合、接続は確立されません。
    • Windows Vista のクライアント セキュリティの警告と管理者特権でのコマンド入力を求めるようにするには、表示されないユーザーをポイントすると、印刷の構成または接続のプリンター ドライバーを更新する必要が場合。

    ポリシー設定を未構成にすると、次の条件を取得します。
    • Windows Vista クライアント コンピューターをポイントし、任意のサーバーに印刷することができます。
    • ユーザーがポイント アンド プリントを使用して、サーバーへのプリンター接続を作成するとき Windows Vista コンピューターに警告し、管理者特権のコマンド プロンプトが表示されます。
    • 既存のプリンター接続のドライバーの更新が必要な場合 Windows Vista コンピューターに警告し、管理者特権のコマンド プロンプトが表示されます。
    • Windows Server 2003 および Windows XP クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、フォレスト内の任意のサーバーへのプリンター接続を作成できます。

    ポリシー設定を無効にすると、次の条件を取得します。
    • Windows Vista クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、サーバーへのプリンター接続を作成できます。
    • Windows Vista コンピューターはポイント アンド プリントを使用してユーザーが任意のサーバーへのプリンター接続を作成するときに警告や管理者特権のコマンド プロンプトは表示されません。
    • 更新する既存のプリンター接続のドライバーを持っている場合 Windows Vista コンピューターで警告または管理者特権のコマンド プロンプトは表示されません。
    • Windows Server 2003 および Windows XP クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、サーバーへのプリンター接続を作成できます。
    • ユーザーが [ポイントと印刷をするには、フォレスト内のコンピューターWindows Server 2003 および Windows XP SP1 とそれ以降のサービス パックに設定を適用します。

    [ポイントと印刷の詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

プリンター固有の設定を Active Directory 内に構成する方法

  1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントし、 [管理ツール] をポイントおよび、クリックしてください Active Directory ユーザーとコンピューター.
  2. Active Directory コンテナー (組織単位、またはドメイン) を管理するドメインをクリックします。そのコンテナーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. グループ ポリシー"New"を作成するのには、新規作成をクリックします。
  4. グループ ポリシー エディターで、次のフォルダーを展開します。 [ユーザーの構成管理用テンプレートコントロール パネル、およびプリンター
次の設定を構成します。 ユーザーの構成n:
  • プリンターの削除を無効にする:削除するユーザーがローカル プリンターおよびネットワーク プリンターをようにします。ユーザーがプリンターを削除しようとする場合など、削除コマンドを使用して、コントロール パネルの [プリンター] ツールの Windows 操作がポリシーによって禁止されていることを示すメッセージ表示します。ただし、このポリシー ユーザー、プリンターを削除するのには、プログラムを実行できなきます。
  • プリンターの追加を無効にする:ユーザーは、一般的な方法を使用して追加のローカルおよびネットワーク プリンターをようにします。このポリシーは、[プリンターの追加ウィザードから削除されます、 スタートメニューとコントロール パネルの [プリンター] フォルダーから。また、ユーザーはプリンター アイコンを [プリンター] フォルダーにドラッグしてプリンターを追加できません。このメソッドを使用すると、操作がポリシーによって無効になっていることを説明するメッセージが表示されます。

    このポリシー ユーザー、ハードウェアの追加と削除ウィザードを使用してプリンターを追加することはできません。また、ユーザーはプリンターを追加するのには、プログラムを実行できます。このポリシーでは、ユーザーが既に追加したプリンターは削除されません。ただし、このポリシーを適用すると、ユーザーはプリンターが追加されていない場合は、印刷できません。

    プリンターのアクセス許可を使用して、ポリシーを設定せずに、プリンターの使用を制限することができます注意してください。[プリンター] フォルダーで、プリンターを右クリックしをクリックしてください プロパティ、し、をクリックして、 セキュリティ タブ。
  • ダウン レベル ページは、プリンターの追加ウィザードで表示:ネットワークで共有プリンターを [プリンターの追加ウィザードでを検索することができます。ユーザーがクリックするとこのポリシーを有効にする場合 ネットワーク プリンターを追加します。しかし、特定のプリンターの名前を入力しないでください、プリンターの追加ウィザードはネットワーク上のすべての共有プリンターの一覧が表示され、プリンターを選択するように求められます。このポリシーを無効にする場合は、ユーザーがネットワークを参照できません。代わりに、プリンターの名前を入力してくださいする必要があります。

    このポリシーでプリンターの追加ウィザードのみに影響します。ユーザーは共有プリンターを参照したり、ネットワーク プリンターに接続する他のツールを使用してからできます。
  • プリンターを検索するときの既定の Active Directory パス:プリンターの検索を開始する Active Directory の場所を指定します。

    プリンターの追加ウィザードは、ユーザーを Active Directory に共有プリンターを検索できます。このポリシーを有効にする場合は、位置で指定したこれらの検索を開始、 既定の Active Directory パス ボックス。それ以外の場合は、Active Directory のルートで検索を開始します。

    このポリシーは、Active Directory 検索でプリンターを提供します。Active Directory からのユーザーの検索を制限しません。
  • プリンターをブラウズを有効にする:プリンターの追加ウィザードに、インターネットまたはイントラネットの web ページへのパスを追加します。
    このポリシーを使用するプリンターをインストールできる web ページにユーザーを誘導するのにことができます。

    このポリシーを有効にする、テキスト ボックスに、インターネットまたはイントラネットのアドレスを入力するかどうかは、ウィンドウを追加します。 設定ブラウザー設定e ボタンを プリンターを検索します。 [プリンターの追加ウィザードのページです。を 参照ボタンの表示の横にある、 インターネットまたは企業のイントラネット上のプリンターに接続します。 オプションです。ユーザーがクリックしたとき 参照、Windows インターネット ブラウザーを開き、利用できるプリンターを表示するには、指定のアドレスに移動します。

    このポリシーを追加する、プリンターを検索する容易します。

関連情報

これらのポリシー設定の詳細についてをクリックして、説明 各ポリシーの設定] タブ。

プロパティ

文書番号: 234270 - 最終更新日: 2012年12月12日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
キーワード:?
kbenv kbinfo kbprint kbmt KB234270 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:234270
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com