Microsoft Office ソリューションのサポートを取得: オフ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 234322 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料は開発者関連機能を提供するすべての各プログラムを含む、Microsoft Office のすべての以前のバージョンに適用されます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

詳細

どのような製品が開発サポートを使用できるでしょうか。

次の Office プログラムが Microsoft Office 開発のサポートの対象: されます、Microsoft Word、Excel、Outlook、されます、バージョン、および Microsoft Office 開発します。

Office のさまざまなエディションに含まれているその他のプログラムは、オブジェクト モデルが含まれない、またはカスタマイズまたは、ソリューションの一部としてプログラミングするように設計されていないため、対象はありません。

サポートに問い合わせる前に確認するリソースを提示

「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)
http://support.microsoft.com/search
マイクロソフトのサポート Web サイトの FAQ
http://support.microsoft.com/default.aspx?pr=faqs
Microsoft Office 開発のサポート Web サイト
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=supportcontent.asp?ID=FH;EN-US;ofd
Microsoft MSDN Office の Web サイト
http://msdn.microsoft.com/office
Microsoft の開発者向けのネットワーク
http://msdn.microsoft.com/
マイクロソフト プレス
http://mspress.microsoft.com
マイクロソフト コミュニティと公開インターネットのニュースグループ
http://communities.microsoft.com

開発、サポート インシデントとは

インシデントは、1 つのサポートの問題および解決に必要な商慣習上合理的な作業として定義されます。 1 つのサポートの問題は下位の問題に分割することはできませんが問題です。 問題は、下位の問題から成る、各ものと見なさ、別個のインシデント。 マイクロソフトが 1 インシデントに対するサポートを提供、する前にして、Microsoft Support 担当者を指定が問題と、許容可能なソリューションのパラメーターに一致する必要があります。 サポート案件は複数の電話とそれを解決するオフラインの研究にあります。 マイクロソフト製品のバグには、手数料ベースのインシデントを考慮されません。

問題は、可能な最小スコープの下に 必要があります。 開発者は自分で作成したソリューションで最もよくであるため、すばやく問題の範囲を限定する最適な位置です。 問題を解決するために必要な合計時間通常は低くなります。

使用しているコードを表示、サポート担当者必要がある場合でもが発生している問題を再現するときに、コードをできるだけ短くを確認してみます。 コードは、ソリューションを作成するいるとは無関係に実行することができる必要があります。

大規模な開発プロジェクトでサポート担当者のみサンプル コードに関連するサポート インシデントは提供します。 必要のサンプル コードは、ソリューションに統合するがあります。 サポート担当者できません設計、ソリューションまたはビジネス ルール、またはできますソリューションで直接使用できるコードを提供します。

Microsoft パーソナル サポート

個人のサポートをサポートのインストール、展開、構成、および Office プログラムを使用します。 個人のサポート担当者するためのマクロの記録方法および開発者関連機能にアクセスする方法について説明して支援を提供できます。 開始する適切なリソースも提案ことができます。 ただし、個人用のサポートを提供する Microsoft サポート担当者は開発者のテクノロジ トレーニングされません。 カスタム ソリューションに関連付けられている特定の質問がある場合、か、以前、この資料で説明するリソースを相談することができます。 またはマイクロソフトからサポートを取得する、プロフェッショナル サポート インシデントを送信できます。

マイクロソフトのサポート

プロフェッショナル サポートは Office の顧客を支援し、以下で指定された、ガイドラインで、Office 製品を伴うソリューション開発者がソリューションを作成します。 製品サポート サービス (PSS) は、さまざまな潜在的な問題に役立つが PSS は継続的なトレーニングを提供またはコンサルティング、ソリューションの作成を支援する役割を実行できません。 開発者は、最小可能なスコープに問題に限定すると、これにより、サポート担当者に最も効率的な方法で役立つことができます。

: 場合、開発者と、ソリューションを作成する、Microsoft 一般に問い合わせることを勧めします、独立したソリューション プロバイダー。 ソリューション プロバイダーは継続的なヘルプとサポートをソリューションをニーズに適していますがの用意できます。

ローカルお住まいの地域でマイクロソフト認定パートナーについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
https://partner.microsoft.com/US/program/competencies/licensingsolutions/40011666
か、Microsoft 認定パートナー情報を問い合わせてくださいことができます (800) 765-7768、米国内または (877) 568-2495 カナダにある行です。 その他の場所でのサポートについては、各国のマイクロソフトに問い合わせてください。

によって提供されるはサポート プロフェッショナル サポートしますか?

  • 録音マクロの可能な) 場合、さまざまな Office プログラム内。
  • 同じプログラム内から、Office プログラムのオブジェクト モデルによるプログラミングします。
  • オートメーションをサポートする他のプログラミング環境から Office アプリケーションを自動化します。 これはに含まれますが、アプリケーション、Microsoft Visual C++、Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual J ではこのメソッドは、Microsoft VBScript、Microsoft WordBasic、および任意他サード パーティ製の製品やコンポーネントの Microsoft Visual Basic などの他の Microsoft プログラムに制限はありません。 Office 開発のサポートはさまざまな Office オブジェクト モデルの詳細についてを説明します。
  • Office ベースのフォーム内の ActiveX コントロール (*.ocx) またはその他のコントロールのコンテナーの使用。 Office または Office 開発者によってインストールされているコントロールは、完全にサポートします。

    : Office ベースのフォーム上にあるカスタムまたはサード パーティ製のコントロールに問題が発生する場合、コントロールを Visual Basic フォームやその他のコンテナーを使用ましょう。 多くの場合、さまざまなコントロールのコンテナーでコントロールに関連した問題が発生するを Office しない、コントロールの問題を示しますこの。 Office 開発のサポートのみするのに役立つ問題が特定、Office ベース フォーム上のコントロールを使用する場合。
  • Office Visual Basic Editor、スクリプト エディター、スクリプト デバッガー、および他開発者関連ツールを使う Office および Office 開発に含まれると。
  • Office およびパッケージやディストリビューション ウィザードなど、Office 開発に含まれるテクノロジを使用する Office ソリューションの展開に関する質問します。
  • アカウンティングをおよび Office のバグを文書化プログラム。
  • Access でデータ アクセス ページ。 提供するサポートに対応する Office オブジェクト モデルおよび DHTML オブジェクト モデルに固有になります。
  • Office 関連関係の XML、HTML、DHTML、VB スクリプト、および JScript プログラミングします。 Office 開発のサポートは、これらの言語と、スクリプト エディターと Visual Basic Editor で使用できるコントロールをサポートします。 これらのサンプル コードは、Office プログラムのオブジェクト モデルに固有の言語。
  • FrontPage 2003 を使用すると、HTML タグ。 HTML のサポートは HTML、変更、既存の HTML を挿入する支援に限定され、次のガイドライン内のタグを HTML の構文が誤って。
    • HTML タグ サポートし、の http://www.w3.org に含まれている HTML、[現在の W3C に関する推奨事項について説明します。 作成または"推奨の推奨または"下書きの作業の段階ではタグのトラブルシューティングはサポートされていません。
    • 一般に利用できる最新のブラウザーでサポートされるどのブラウザー固有のタグを決定するガイダンスです。

      : HTML これらのガイドラインにも適用カスケード スタイル シート、http://www.w3.org/Style/ で定義されています。

サポートがないプロフェッショナル サポートによって提供されるでしょうか。

  • サード パーティ製の製品のオブジェクト モデル。
  • -Office 以外のプログラミング環境の特定を使用する質問します。
  • HTML、XML、または DHTML (FrontPage 2003 を除く)、Office プログラムで保存されているファイルに何らかの方法で変更します。 HTML ファイルがテキスト エディターや、FrontPage 2000 のような別のプログラムによって変更された後、Office 2000 プログラムのネイティブ ファイル形式でされなくはあり Office サポートまたは Office 開発のサポートによってサポートされることはできません。
  • 編集または何らかの方法で.htt ファイルを変更します。 これらのファイルは、アクティブ デスクトップを使用する場合 Microsoft Windows の操作にとって重要です。
  • 既存のソリューションに機能を追加するコードを記述します。 このレベルのサービスは、マイクロソフト アドバイザリー サービスによって提供されます。
  • ソリューションのデバッグ アクティブにします。 代わりに、サポート担当者はデバッグ ツールと方法を使用する方法に関するアドバイスを提供できます。 必要がある場合、ソリューションのデバッグによる直接サポートは、このレベルのサービスはマイクロソフト アドバイザリー サービスによって提供されます。

連絡先の情報

Web からプロフェッショナル、開発者に関連したインシデントを送信するには、を参照します。
http://msdn.microsoft.com/en-us/support/default.aspx
Microsoft サポート担当者にする場合は、番号の呼び出しをご質問の性質によって異なります。 該当するプログラムに応じて、次の電話番号のいずれか、ご質問が Microsoft Office または Microsoft Office 開発に含まれる技術に固有場合を呼び出す:
  (425) 635-7050  Microsoft Access
  (425) 462-9673  Microsoft Word
  (425) 635-7070  Microsoft Excel
  (425) 635-7088  Microsoft FrontPage
  (425) 635-7145  Microsoft PowerPoint
  (425) 635-7118  Microsoft Office Developer (for questions specific to
                  features included only with Microsoft Office Developer)
ご質問は、Microsoft Office または、Microsoft Office 開発に同梱されてまたは Microsoft Outlook またはメッセージング テクノロジに関するが何の範囲外が、呼び出す (800) 936-5800。 このサポートしますが、しか設定できません。
  • Visual C++ で問題が、C プログラミング言語または構造体に関連直接を使用して Office プログラムを自動化します。
  • 使用するための ActiveX コントロールは Office、場所、問題がない直接関連には、Office で作成します。
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス、Microsoft のサイト サーバー、またはその他、サーバーベースの Web 開発のプロジェクトを使用します。
  • 独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) の Visual Basic をライセンスする独自のアプリケーションで使用できるアプリケーション SDK のサポート、Microsoft Visual Basic
  • カスタムの FrontPage WebBots を実装または、FrontPage WebBot 内の HTML を編集します。

プレミア サポート

マイクロソフト プレミア サポート契約を持っている場合、インシデント通常、インシデントのと同じ方法で提出できます。

アドバイザリ サービス

マイクロソフト アドバイザリー サービスは中断-修正プログラム製品メンテナンスのニーズを超える予防的なサポートを提供する時間、consultative 料ベースのサポート オプションです。 マイクロソフト アドバイザリー サービスについては、このマイクロソフト Web サイトを参照して: http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

プロパティ

文書番号: 234322 - 最終更新日: 2014年2月11日 - リビジョン: 5.9
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office 2000 Developer
  • Microsoft Office 97 Standard Edition
  • Microsoft Office 95 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbpolicy kbmt KB234322 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:234322
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com