Microsoft SQL Server 7. 0 のシステム管理トレーニング キットのコメントと修正

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 235214 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料のコメント、修正、および、マイクロソフト プレス帳 Microsoft SQL Server 7. 0 システム管理トレーニング キット、に関する既知のエラーに関する情報 ISBN 1-57231-827-9 します。

次のトピックが含まれます。
  • Runbcpa.cmd ファイル (第 6 章) に CD-ROM: 修正
  • ページ xxx: をインストールする StudyNwind データベースの修正
  • ページ 118: 削除するドロップを変更します。
  • RAID レベルとフォールト トレランスが正しくない間のページから 126: 接続
  • ページ 162: 42 のステップが誤って重複ステップ 38
  • ページ 302: Sp_addrolemember の例が正しくありません。
  • ページ 354、手順 4: 手順 5 から 2 が正しくないです。
  • 手順 8 用のページ 474: 無効なステートメント

詳細

Runbcpa.cmd ファイル (第 6 章) に CD-ROM: 修正

ページ 143 では、bcp ユーティリティを使用してデータをインポートする手順します。 自分で作成ではなく、この手順のため完了したバッチ ファイルを使用する場合は、入力ミス、Runcpa.cmd ファイル (C:\Sqladmin\Exercise\Ch06\Runcpa.cmd) で修正の必要。 間のスペース"と電子メール"、「C:\Sqladmin...」が省略するとします。

変更:
bcp StudyNwind..Products in c:\sqladmin\exercise\ch06\newprods.txt /c /t"," /r\n /ec:\sqladmin\exercise\ch06\newprods.err /b250 /m50 /SSQLSERVER /Usa

: を
bcp StudyNwind..Products in c:\sqladmin\exercise\ch06\newprods.txt /c /t"," /r\n /e c:\sqladmin\exercise\ch06\newprods.err /b250 /m50 /SSQLSERVER /Usa

このコマンドを含む改行ではないと忘れないようにしてください"と SSQLSERVER"は置き換える必要が、サーバー名、サーバー名が SSQLSERVER でない場合。

ページ xxx: をインストールする StudyNwind データベースの修正

ページ xxx] [StudyNwind データベースの使用については、操作を行いましていない伝えますバッチ ファイルを実行するコンピューターに既にインストールされている SQL に必要な。 実際には、前のページ、xix、第 2 章まで SQL Server のインストールを示します。

注: StudyNwind データベースの使用」というタイトルの手順で説明したように、バッチ ファイルを実行する前に SQL Server をインストールする必要があります。

ページ 118: 削除するドロップを変更します。

行 4 と、変更データベースの構文の例の 6 行「自動ファイル拡張を使用して」のセクション ページ 118、DROP 削除に変更します。

変更:
"| 削除ファイルの logical_file "

"| 削除ファイル グループ のファイル グループ

: を
"| ファイルの REMOVE logical_file "

"| REMOVE ファイル グループ のファイル グループ

RAID レベルとフォールト トレランスが正しくない間のページから 126: 接続

ページの ["活用 Windows NT Server フォールト トレランス"] セクションで、126 RAID レベルと対応する、フォールト トレランスに関する情報は正しくありません。

変更:
"のレベルが入る数値フォールト トレランスを提供する機能に対して。 RAID 0 ないフォールト トレランスを提供は RAID 5 は、最適なフォールト トレランスを提供します。"

: を
「RAID 0 ではないフォールト トレランス、RAID 1 は、最適なフォールト トレランスを提供する一方」

ページ 162: 42 のステップが誤って重複ステップ 38

ページ 162、「の作成、パッケージを DTS デザイナーで」というタイトルの手順で 38 と 42 の手順は同じです。

42 の手順を読んでください。
"変換元ステップ列で、選択 ProductsCopy を作成します。 [優先順位] 列には正常に完了を選択します。 変換先ステップ] 編集している Access から SQL Server へのコピーのデータの優先順位制約、リンク先の手順があるため、変更できないことに注意ください。 [OK] をクリック [ワークフローのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じますしてコピーのデータの優先順位制約を Access から SQL Server に保存:"

ページ 302: Sp_addrolemember の例が正しくありません。

ページ 302、5 行下。
変更:
"sp_addrolemember 'Carl'、'db_datareader'"

: を
"sp_addrolemember 'db_datareader'、'Carl'"

ページ 354、手順 4: 手順 5 から 2 が正しくないです。

ページ 354、手順 4 で、次の手順を実行手順 2 〜 5 を置き換えます。

2. コンソール ツリー、でサーバーを右クリックして] を [プロパティ] をクリックします。 [サーバーの設定] タブ、[変更] をクリックするには。
3. [、プロファイル名]-ボックスの一覧、SQL Server エージェントのプロファイルを選択します。
4. [テスト] をクリックします。
テストが成功したことを示す、メッセージが表示されます。 [OK] をクリックして、メッセージを閉じますをします。
SQL Server のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます [OK] をクリックします 5。
メッセージは、再起動 SQL Server エージェントが行った変更が影響するかどうかを確認するが表示されます。 [Yes/はい] をクリックします。 [OK] のサービスが再起動をクリックします。

手順 8 用のページ 474: 無効なステートメント

474] ページの手順、ReplProducts テーブルから選択する 8 内のステートメントを変更します。

ステートメントは読み取り専用。
	USE PullSubs
	SELECT * FROM ReplProducts WHERE ProductID = 1
				

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

プロパティ

文書番号: 235214 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MSPRESS Microsoft SQL Server 7.0 System Administration Training Kit ISBN 1-57231-827-9
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdocfix kbdocerr kbmt KB235214 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:235214
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com