グラフィカル ユーザー インターフェイスまたはレジストリを使用して、Memory.dmp ファイル キャプチャを有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 235496
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Memory.dmp ファイルを有効にする方法について説明します。キャプチャは、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) の Windows NT かを使用します。レジストリを変更します。

詳細

Windows NT は、Memory.dmp ファイルを有効にするには、[使用する必要があります。GUI またはレジストリ ・ ファイルにアクセスできます。適切な使用します。Windows NT は、Memory.dmp ファイルを有効にする方法です。

方法 1: は、GUI を使用して、Memory.dmp ファイル キャプチャを有効にします。

  1. クリックしてください。 開始、ポイント設定をクリックして コントロール パネル、し、ダブルクリック システム.
  2. で、 スタートアップ/シャット ダウン タブには回復 セクションで、次のオプションからを選択できます。
    • システム ログにイベントを書き込む
      このオプションを使用して、既定では、Windows NT Server 4.0 Service Pack 4 または後で。コンピューターが応答を停止する場合は、イベントがシステム ログに書き込まれます、イベント ビューアーの使用方法を表示できます。たとえば。
      イベントID: 1001年
      ソース: ダンプを保存します。
      説明: は、コンピューターを再起動します。バグチェック。バグチェックが: 0xc000021a (0xe1270188、0x00000001、0x00000000、0x00000000)。マイクロソフトの Windows NT (v15.1381)。ダンプが保存されました。C:\Winnt\Memory.dmp。
    • 管理警告を送信します。
      これオプションを実行します。 net send コマンドし、ネットワーク経由で通知を送信、管理者。
    • デバッグ情報を書き込む
      このオプションは、ダンプ ファイルをキャプチャをできます。また、場所を指定します。(デフォルトの場所は、%SystemRoot%\Memory.dmp です、ダンプ ファイルを保存するのにはフォルダー)。

      メモ: 別のドライブに、Memory.dmp ファイルをリダイレクトすることができますがまたは、選択したパーティションに十分な領域がある必要があります。とダンプ操作が実行される、カーネル モード アドレス領域の内容が一時的にページング ファイルは、システム パーティション上に保存し、移動コンピューターを再起動すると、別の場所にします。Windows NT するにはシステム ドライブ上のページング ファイルの大きさにする必要があります、メモリ ダンプを記述します。すべての物理 ram 容量プラス 1 メガバイト (MB) を保持します。
    • 既存のファイルを上書きします。
      場合は、このオプションを選択、Memory.dmp ファイルが新しい前の Memory.dmp ファイルを上書きします。(どのディスク空間を節約します。)
    • [自動的に再起動します。
      場合は、このオプションを選択はバグチェック後、コンピューターを再起動発生します。

方法 2: レジストリを使用して、Memory.dmp ファイル キャプチャを有効にします。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

取得できない場合、状況が発生する可能性があります。Windows NT の GUI へのアクセスをキャプチャするには適切なメソッドを使用します。Memory.dmp ファイルは、レジストリを使用します。

コンピューターでは、FAT ファイル システムを使用します。

  1. MS-DOS ディスクから起動します。
  2. %SystemRoot%\System32\Config フォルダーを検索します。(% システム ルート % が Windows をインストールしたフォルダーの名前です。NT の場合)。
  3. システム ファイル (、拡張子) を付けずに検索してコピーディスクにします。
  4. 別のドライブにディスクを挿入する Windows NT ベースコンピューター、しレジストリ エディターを起動します。
  5. HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブが選択されているを確認します。
  6. で、 レジストリ メニューをクリックして ロードハイブ.
  7. システム ファイルを検索し、クリックしてくださいファイルを開く.
  8. は、 [ハイブの読み込み ダイアログ ボックスが表示されます。で、キーの名前 (たとえば、一時的な名前を入力] ボックスに、テスト) をクリックして [OK].
  9. テストという名前のキーが表示されます。これはシステムのコピーです。ハイブの Windows NT ベース コンピューターからします。
  10. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\TEST\ControlSet001\Control\Crash コントロール
  11. 画面では、次の値の右側にGUI インターフェイスに対応していますが表示されます。
    値の名前: AutoReboot
    データ型: REG_DWORD
    データ: 0 | 1 (Disabled|有効)

    値の名前: CrashDumpEnabled
    データ型: REG_DWORD
    データ: 0 | 1 (Disabled|有効)

    値の名前: ダンプファイル
    データ型: REG_EXPAND_SZ
    データ: %SystemRoot%\Memory.dmp (場所、ダンプ ファイルを保存するのには)

    値の名前: LogEvent
    データ型: REG_DWORD
    データ: 0 | 1 (Disabled|クラッシュが発生すると有効になっている) のログ イベントをシステム ログに記録します。

    値の名前: 上書き
    データ型: REG_DWORD
    データ: 0 | 1 (Disabled|上書き既存のダンプ ファイルを有効になっている)

    値の名前: SendAlert
    データ型: REG_DWORD
    データ: (Disabled|) に管理者へ警告を送信します。
  12. 適切な変更を行った後は、更新をコピーします。システム バックアップ、フォルダー ファイルを %SystemRoot%\System32\Config のオリジナルコンピューターです。

コンピューターは、NTFS ファイル システムを使用します。

ファイル システム内のセキュリティ機能のため、ことはできません。だけでファイルをコピー、変更、およびファイルをバックアップするのには、[コピーを作成する、コンピューターです。ファイル システムにアクセスするには、並列を実行する必要があります。Windows NT をインストールします。パラレル インストールの別のコピーが配置されます、オペレーティング システム ファイルにアクセスすることができます別のフォルダーにシステムです。パラレル インストールの完了後、次の手順に従います。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブが選択されているを確認します。
  3. で、 レジストリ メニューをクリックして ロードハイブ.
  4. %SystemRoot%\System32\Config] フォルダーに移動、Windows NT、元のインストールをクリックして、 システム ファイル、し ファイルを開く.
  5. は、 [ハイブの読み込み ダイアログ ボックスが表示されます。で、キーの名前 (たとえば、一時の適切な名前を入力] ボックスに、テスト).テストという名前のキーが表示されます。これは、システム ハイブです。Windows NT の他のインストールから。
  6. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\TEST\ControlSet001\Control\Crash コントロール
  7. ページでは、値の右側にあるにGUI インターフェイスに対応していますが表示されます。確認し、適切な保存変更します。
  8. Windows の元のインストールを再起動します。[NT]。

リモート コンピューターの場合

  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. で、 レジストリ メニューをクリックして 選択コンピューター、し、リモート コンピューターの名前を入力します。
  3. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
  4. ページでは、値の右側にあるにGUI インターフェイスに対応していますが表示されます。確認し、適切な保存変更します。
  5. レジストリ エディターを終了し、再起動、コンピューターです。

関連情報

詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
130536Windows NT クラッシュの後、メモリ ダンプ ファイルは保存されません。
174630 Windows NT 青い画面が繰り返し再起動します。
244139 Windows 2000 は機能、Memory.dmp ファイルを作成することができます。

プロパティ

文書番号: 235496 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbenv kbmt KB235496 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:235496
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com