Visual Basic と、スプレッドシート Web コンポーネントを使用するには、方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 235883
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Visual Basic カスタム ソリューションでは、スプレッドシートまたは計算エンジンを使用する場合は、Microsoft Office の Web コンポーネントが含まれるスプレッドシート コントロールを使用できます。この資料は、Visual Basic フォーム上のコントロールとしてワークシートを挿入して、スプレッドシートにデータを設定する方法について説明します。

詳細

Office Web コンポーネントの Visual Basic のフォームに、他の ActiveX コントロールを追加することと同じ方法で追加できます。は、 スプレッドシート Office Web コンポーネントに含まれているコントロールより堅牢なオプションよりも、 データ グリッド Visual Basic に付属するコントロールです。スプレッドシートのデータを使用して、書式設定されたデータを表示するには、数式を計算およびユーザーとの対話を許可します。

重要です: を表示し、Office Web コンポーネントのいずれかを使用するには、それらがコンピューターにインストールする必要があります。2000 では、コンポーネントがインストールされているか、組織には、Office 2000 のサイト ライセンスがある場合は、イントラネットからコンポーネントをダウンロードできます。ユーザーは、これらのコンポーネントもインストールする必要がありで、Office 2000 のライセンスの対象とする必要があります。Microsoft Internet Explorer 4.01 以降のバージョンは、ユーザーに使用してください。

サンプル プロジェクトの作成手順

  1. Visual Basic では、新しい標準 EXE プロジェクトを作成します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. Microsoft Office Web コンポーネント 9.0 への参照を追加します。
  3. スプレッドシート コントロール Visual Basic ツールボックスから、フォームに追加します。
  4. は、 スプレッドシート コントロールの表示し、ワークシートのように、使用、または非表示にし、計算エンジンに表示されているページ上のコントロールを使用します。
協力して、 スプレッドシート Visual Basic でのコントロールは、Excel のワークシートでの作業にほとんど同じです。メソッドとプロパティは、スプレッドシート コンポーネントを操作するために使用して Excel を自動化する際に使用するものに類似しています。

スプレッドシート コントロールを作成します。

データを追加することができます、 スプレッドシート 次の方法のいずれかで制御します。
  • データ グリッドを直接入力します。
  • コピーして Excel シート、テキスト ファイル、または Word 文書からデータを貼り付けます。
  • テキスト ファイルまたは Web ページからデータをインポートします。詳細については、LoadText メソッドのトピックと、HTMLURL プロパティのトピックでは、オンライン ヘルプを参照してください。
  • スプレッドシートにデータを設定するコードを記述します。
バインドする方法がないことに注意してください、 スプレッドシート データを直接制御します。

次の手順が表示され、書式を設定します。 スプレッドシート サンプル データベース Northwind (NWind.mdb) からのデータを制御します。
Sub GetNwindData()

    Dim rstEmployees As Object
    Dim cnn As String
    Dim strSQL As String
    Dim fldCount As Integer
    Dim intIRow As Integer
    Dim intICol As Integer
    Dim varData As Variant

    'Create recordset and fill with records from Northwind sample database.
    Set rstEmployees = CreateObject("ADODB.Recordset")
    cnn = "DRIVER={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; DBQ=C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VB98\nwind.mdb"
    strSQL = "SELECT FirstName, LastName, Title, Extension FROM Employees ORDER BY LastName"
    rstEmployees.Open strSQL, cnn, 3 ' adOpenStatic = 3
    
    'Clear any existing values from the spreadsheet control.
    Spreadsheet1.ActiveSheet.Cells(1, 1).Select
    Spreadsheet1.ActiveSheet.UsedRange.Clear

    'Add the field names as column headers.
    For fldCount = 0 To rstEmployees.Fields.Count - 1
        intIRow = intIRow + 1
        Spreadsheet1.ActiveSheet.Cells(1, intIRow).Value = rstEmployees.Fields(fldCount).Name
    Next

    'Fill the control with data from the database.
    Dim iNumCols As Integer
    Dim iNumRows As Integer
    
    iNumCols = rstEmployees.Fields.Count
    iNumRows = rstEmployees.Recordcount
    varData = rstEmployees.GetRows(iNumRows)
    
    For intIRow = 1 To iNumRows
        For intICol = 1 To iNumCols
            Spreadsheet1.ActiveSheet.Cells(intIRow + 1, intICol).Value = varData(intICol - 1, intIRow - 1)
        Next
    Next

    'Format the headers in row 1 with a Bold Font that is 11 points.
    With Spreadsheet1.ActiveSheet.Range(Spreadsheet1.Cells(1, 1),
Spreadsheet1.ActiveSheet.Cells(1, iNumCols)).Font
        .Bold = True
        .Size = 11
    End With
    
    'AutoFit the columns and make all text left-aligned.
    With Spreadsheet1.ActiveSheet.Range(Spreadsheet1.Cells(1, 1),
Spreadsheet1.ActiveSheet.Cells(iNumRows + 1, iNumCols))
        .AutoFitColumns
        .HAlignment = ssHAlignLeft
    End With

End Sub
				


スプレッドシート コントロール ブックではありませんし、1 つのシートが含まれています注意してください。その 1 つのシートには、ActiveSheet プロパティを指します。

ヘルプを表示します。

Office Web コンポーネント ライブラリへの参照を作成した後、ヘルプ オブジェクト ブラウザーを使用またはアクセスできます、 全般 スプレッドシート プロパティ ツールボックスのタブ。検索して、ヘルプ ファイル Msowcvba.chm をダブルクリックすることもできます。キーワードとキーを押して、特定のキーワードのヘルプを表示するには、強調表示、 F1 キー キーです。モデルのヘルプの参照を作成して、オブジェクトの使用方法の詳細については、Visual Basic または Visual Basic for Applications のヘルプを参照してください。

グラフ コントロールは、スプレッドシート コントロールにバインドできます。Chart コントロールの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしていますください。
235885 グラフ Web コンポーネントは VB を使用するには、方法

関連情報

Office Web コンポーネントの詳細については、Microsoft Office 2000 Visual Basic/プログラマのガイドの「第 12 章"Web テクノロジーの使用」を参照してください。

プロパティ

文書番号: 235883 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbofficewebspread kbmt KB235883 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:235883
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com