発生しました"が表示される: マクロとスイッチ、展開ウィザードのショートカットを作成します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 236519 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
警告: 基本的なマクロ、コーディング、および相互運用性のスキルが必要です。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

パッケージと Microsoft Office 2000 開発版の展開ウィザード] でマクロと呼ばれる特殊なキーワードを使用できます。 これらの単語を使用するアプリケーションをインストールするターゲット コンピューターにコンポーネントを指すショートカット パスを作成できます。

たとえば、アプリケーションに常に、アプリケーションのサブディレクトリ内のファイルを指すショートカットする可能性があります。 ただしとがわからない、ユーザーがアプリケーションをインストールにどのようなパス。 $(AppPath) マクロを使用すると、マクロでは、ショートカットの参照先アプリケーションがインストールされているディレクトリにファイルを確実にできますので、この問題を解決するのにことができます。 パッケージがインストールされているし、$(AppPath) マクロがハードコーディング、アプリケーション ディレクトリのパスに変換される結果のショートカットは、そのパスを含みます。

ここでは、これらのマクロを使用しての基本的な規則について説明し、どのようなマクロは、展開ウィザードのテーブルも。

詳細

ウィザードでコマンドラインを作成するための規則

重要 : 引用符、スイッチ、およびマクロを適切な場所に配置してください。

規則 1: コマンド ライン スイッチは、適切な配置が必要。

通常、スイッチはされた直後に、次例のように、実行可能ファイル。
Files\Office\Msaccess.exe/wrkgrp"、Files\NWIND\System.mdw"
ただし、[ディストリビューション ウィザードは不要実行可能ファイルにパスを入力することです。 マクロを使用すると、ディストリビューション ウィザード パスときを決定、ユーザーがアプリケーションをインストールします。 パッケージと、次の例のとして内の適切な場所にデータベースにスイッチと、パスを配置する、展開ウィザードでショートカットを作成するとします。

、ワークグループ ファイルを指定する:
/wrkgrp「$ AppPath)\System.mdw (」「$ (AppPath)\NWIND.MDB」
データベースの最適化:
「$ (AppPath)\NWIND.MDB」の/Compact
データベースの修復:
「$ (AppPath)\NWIND.MDB」の/Repair
常に、アプリケーション モードで実行実行時 (ユーザーが、すべてのリテール バージョンの Access を持って) 場合でも。
/ランタイム「$ (AppPath)\NWIND.MDB」
: これらの例でことするスイッチで囲まない半角の二重引用符 () をメモします。 のみパス引用符で囲みます。

規則 2: は各パスの引用符で囲みます。

場合、コマンドラインには、ワークグループ情報ファイルとデータベース名を指定するとなどの 1 つ以上のパスが含まれています各パスで囲みます半角の二重引用符 () のパスにスペースまたは長いファイル名が含まれる場合。 行全体を囲むまたは 1 つ以上のパスを囲む引用符を挿入することはできません。 後にどのような例が正しくないかとがし例あり正しい。

次の使用例は、1 つ以上のパスが 1 組の引用符の内側ため、不正解です。
「$ (AppPath)\System.mdw $ (AppPath)\NWIND.MDB」の/wrkgrp
注: 1 組の引用符の内側の 2 つのパスを配置する場合は、2 番目の $(AppPath) は、セットアップして、結果は、ユーザーのコンピューターに機能しないショートカット無視されます。

ターゲット ファイルのコマンドライン文字列の次例は、各パス設定されているため、独自の内部引用符の正しいです。
/wrkgrp「$ AppPath)\System.mdw (」「$ (AppPath)\NWIND.MDB」
: Msaccess.exe へのパスがパッケージのインストール時に自動的に追加され、このターゲット ファイルのコマンドライン文字列では必要ありません。

規則 3: 囲いマクロを引用符で参照

Microsoft Access のスイッチは引用符で囲むされません。 ただし、ディストリビューション ウィザードのマクロ ルール 2 下の例のように、引用符で囲むは。


以下はマクロのショートカットは、展開ウィザードのコマンド行を対応のテーブルです。

元に戻す全体を表示する
マクロインストールします
$(WinSysPath)Windows 95 で (以降) の \Windows\System サブディレクトリまたは Microsoft Windows NT と Windows 2000、\Winnt\System32 ディレクトリ。
$(WinSysPathSysFile)Windows 95 で (以降) の \Windows\System サブディレクトリまたは、\Winnt\System32 ディレクトリの Windows NT システムとして Windows 2000 ファイルされ、アプリケーションが削除されたときに削除されません。
$(WinPath)\Windows Windows 95 で (以降) または Windows NT および Windows 2000 では \Winnt です。
$(AppPath)ユーザーが指定されたアプリケーション ディレクトリまたは Setup.lst の [セットアップ] セクションで指定 DefaultDir 値。
$ (AppPath) \Samplesアプリケーション ディレクトリのサブディレクトリを \Samples。
パス (C:\ など)パスによって識別されるディレクトリ。 お勧めできません。
$(ProgramFiles)アプリケーションが、通常はインストールされているディレクトリ:、ファイル
$(CommonFiles)共有ファイルがもインストールされている共通のディレクトリ:、Files\Common ファイル
$ (CommonFiles) \SubdirectoryFiles\Common Files\subdirectory
たとえば。
$ (CommonFiles) \My Company\My アプリケーション
$(MSDAOPath)データ アクセスのレジストリに格納されている場所オブジェクト (DAO) コンポーネント。 使用しないでこのファイルにします。

関連情報

ユーザー設定ワークグループ セキュリティ ファイルをパッケージに追加しようとしている、「次。
241479発生しました"が表示される: ディストリビューション ウィザードが、ワークグループ情報ファイルをインクルードする] オプション
コマンド ライン スイッチのアクセスの追加についてはをクリックして資料以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
209207[ACC2000] Microsoft Access でコマンド ライン スイッチを使用する方法

プロパティ

文書番号: 236519 - 最終更新日: 2014年1月23日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2000 Developer
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbpdwizard kbappsetup kbwizard kbmt KB236519 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:236519
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com