文書番号: 238096 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP238096
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows 98 ではなく、Windows 98 Second Edition のシャットダウン時および再起動時の問題について説明します。 Windows 98 のシャットダウンで生じる問題のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
202633 Windows 98 におけるシャットダウン時の問題のトラブルシューティング

詳細

Windows 98 Second Edition が正常にシャットダウンされず、画面に次のメッセージが表示されたまま数分間応答を停止 (ハング) する場合があります。
Please wait while your computer shuts down
または、点滅しているカーソルのみが画面に表示された状態になる場合や、コンピュータが、シャットダウンではなく再起動する場合があります。

Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement

マイクロソフトは、特定のハードウェアおよびソフトウェア構成で Windows 98 Second Edition を実行しているコンピュータのシャットダウン時の問題に対処する Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement をリリースしました。Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement で対処される問題には、シャットダウン時にコンピュータが再起動する問題、およびシャットダウン時にコンピュータが応答を停止 (ハング) する問題が含まれます。

マイクロソフトでは、この資料で概要を説明しているトラブルシューティング手順を実行することをお勧めします。これらの手順を実行した後もシャットダウン時の問題が引き続き発生する場合は、この更新プログラムを適用することをお勧めします。 Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
239887 Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement に関する情報
: Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement を適用すると、Msconfig.exe の [全般] タブの [詳細設定] をクリックして表示される [アドバンス トラブルシューティングの設定] ダイアログ ボックスに [高速シャットダウン使用不可にする] チェック ボックスが表示されなくなります。

トラブルシューティング

Windows 98 Second Edition のシャットダウンで生じる問題のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
202633 Windows 98 におけるシャットダウン時の問題のトラブルシューティング

シャットダウン時の問題の一般的な原因

Windows 98 Second Edition のシャットダウン時の問題は、以下のいずれかが原因で発生する可能性があります。
  • 高速シャットダウンのレジストリ キーが有効になっている。
  • Exit Windows サウンド ファイルが破損している。
  • 任意のプログラムまたは TSR (terminate-and-stay-resident) プログラムが正しく終了されていない可能性がある。
  • 読み込まれたデバイス ドライバが、互換性がない、破損している、または競合している。
  • 互換性のないアドバンスト パワー マネージメント (APM) 設定または ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) 設定が含まれている。
  • 互換性のない基本入出力システム (BIOS) 構成設定が含まれている。
  • コンピュータのハードウェアが不適切に構成されている、または破損している。
  • リアル モードの IRQ が割り当てられていないビデオ アダプタがある。
: Windows 98 Second Edition には、ACPI、OnNow、および APM の最新の更新プログラムが含まれています。また、これらの新機能をサポートするために、Windows 98 の最初のリリースで実装されていた Fast Shutdown コードは削除されています。

Windows 98 Second Edition には多数の新しいドライバが含まれていますが、すべてのサードパーティがハードウェア ドライバを更新しているわけではありません。Windows 98 Second Edition を完全にサポートするためには、一部の既存のコンピュータまたはデバイスで BIOS またはデバイス ドライバを更新することが必要な場合があります。

既知の問題

IRQ ステアリング

このオプションを使用すると、複数の PCI デバイスが同じ割り込み要求行 (IRQ) を共有できます。BIOS が完全には対応していない場合にこのオプションを使用すると、2 つ以上のデバイスが IRQ を共有していなくても、コンピュータが正常にシャットダウンされないことがあります。PCI バスの IRQ ステアリングを無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし [コントロール パネル] をクリックします。次に、[システム] をダブルクリックします。
  2. [デバイス マネージャ] タブで [システム デバイス] をダブルクリックします。
  3. [PCI バス] をダブルクリックし、[IRQ ステアリング] タブの [IRQ のステアリングを使う] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] を 2 回クリックし、コンピュータを再起動します。
  5. コンピュータを再起動した後、再度コンピュータのシャットダウンを試みます。
コンピュータが正常にシャットダウンした場合、BIOS 構成の変更、または BIOS の更新プログラムが必要な場合があります。構成の変更または更新プログラムについては、使用している BIOS の製造元にお問い合わせください。

Resume on Ring and LAN

コンピュータの BIOS の "Resume on Ring and LAN" 機能を無効にすると、シャットダウン関連の一部の問題が解決することがあります。この機能を無効にする方法の詳細については、コンピュータまたは BIOS の製造元にお問い合わせください。

プラグ アンド プレイ BIOS

シャットダウン処理中に、BIOS と Windows がコンピュータのハードウェアと正常に通信していない場合があります。Windows 98 Second Edition を、プラグ アンド プレイ BIOS を無視してハードウェアと直接通信するように構成できます。

: この方法は、テスト目的にのみ使用してください。プラグ アンド プレイ BIOS を無効にしたままにすると、一部のハードウェアが機能しなくなる場合があります。

プラグ アンド プレイ BIOS を使用しないように Windows を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動し、Windows 98 のスタートアップ メニューが表示されるまで Ctrl キーを押したままにします。
  2. "Command prompt only" を選択します。
  3. コマンド プロンプトで次の行を入力します。
    cd \windows\system
  4. Bios.vxd ファイルの名前を Bios.old に変更します。
  5. コンピュータを再起動します。
  6. コンピュータを再起動した後、Windows のシャットダウンを試みます。
コンピュータが正常にシャットダウンした場合、システム BIOS がシャットダウンの問題に関係している可能性があります。マザーボードまたは BIOS の製造元に、更新プログラムについてお問い合わせください。

コンピュータの BIOS の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299697 コンピュータの基本入出力システムの一般的な概要

NVRAM/ESCD

起動およびシャットダウン処理中に BIOS と Windows が相互に通信する方法に関して特定の設定があります。この設定を確認するには、NVRAM/ESCD 更新機能を無効にすることで、シャットダウンの問題が解決するかどうかを判断します。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし [コントロール パネル] をクリックします。次に、[システム] をダブルクリックします。
  2. [デバイス マネージャ] タブで [システム デバイス] をダブルクリックします。
  3. [プラグ アンド プレイ BIOS] をダブルクリックし、[設定] タブの [NVRAM / ESCD 更新を使用不可にする] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックし、コンピュータを再起動します。
  5. コンピュータを再起動した後、再度コンピュータのシャットダウンを試みます。

高速シャットダウンのレジストリ キーが有効になっている

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

Microsoft システム構成ユーティリティには、高速シャットダウンを無効にするオプションがあります。Windows 98 Second Edition では、このオプションを設定していない場合、コンピュータがシャットダウンではなく再起動する場合があります。この問題を解決するには、次のレジストリ キーにある FastReboot データ値を 1 から 0 に変更します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Shutdown
: Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement を適用すると、Msconfig.exe の [アドバンス トラブルシューティングの設定] ダイアログ ボックスに [高速シャットダウンを使用不可にする] チェック ボックスが表示されなくなります。

ウイルス対策プログラム

コンピュータのシャットダウン時にフロッピー ディスク ドライブをスキャンするようにウイルス対策プログラムが構成されている場合、コンピュータが応答を停止することがあります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
231666 アンチウイルスが原因で、シャットダウン時に Stop エラーが発生

Configmg.vxd ファイルの置き換え

マイクロソフトでは、一部のユーザーが Windows 98 Second Edition の Configmg.vxd ファイルを Windows 98 の Configmg.vxd ファイルと置き換えて、シャットダウン時の問題に対処していることを認識していますが、この方法を使用しないことを強くお勧めします。この方法はテストされておらず、深刻なエラー メッセージ、CPI エラー、およびハードウェア エラーが発生する可能性があります。Windows 98 Second Edition Shutdown Supplement を使用すると、適切なバージョンの Configmg.vxd ファイルがインストールされているかどうかが検出され、以前のバージョンのファイルが Windows 98 Second Edition のバージョンのファイルに置き換えられます。

シャットダウン処理中に実行される機能

Windows 98 Second Edition では、シャットダウン処理中に以下の多数の機能の実行が試行されます。
  • すべてのディスク書き込み機能の完了
  • ディスク キャッシュのフラッシュ
  • Close Window コードによる、実行中のすべてのプログラムの正常な終了
  • すべてのプロテクト モードのドライバのリアル モードへの移行

プロパティ

文書番号: 238096 - 最終更新日: 2007年6月21日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
キーワード:?
kbenv kbfaq kbinfo KB238096
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com