インターネット接続共有に関する問題のトラブルシューティング方

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 238135 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、インターネット接続の共有(ICS)での Windows 98 Second Edition ベースのコンピュータの問題のトラブルシューティング方法について説明します。

詳細

重要: セクションまたはメソッドまたはタスクにレジストリを変更する方法を指示する手順が含まれます。 ただし、重大な問題がレジストリを誤って変更する場合、発生することがあります。 したがって、次の手順に慎重に従うことを確認します。 変更する前に、追加された保護にレジストリのバックアップ。 問題が発生する場合、レジストリが次に復元できます。 どのようにバックアップとどのようにレジストリを復元するかについて、詳細は、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
322756 バックアップと Windows でレジストリの復元方法

ICS を使用すると、複数のコンピュータで 1 つのインターネット接続を共有できます。 Internet service provider(ISP)に問い合わせる、または接続を共有するよう許可されるかどうか確認するために、 ISP の用語と使用ポリシーの条件を ICS をインストールする、または ICS を使用する前、読みます。

ICS の詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
234815 インターネット接続共有につい
ICS をインストールするには。
  1. 開始をクリックし 設定をポイントする コントロール パネルをクリックして、 アプリケーションの追加と削除を次にダブルクリックします。
  2. Windows ファイル タブでインターネット ツールをクリックし、 詳細を次にクリックします。
  3. [インターネット接続共有] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックし、もう 1 度 [OK] をクリックします。
  4. ICS ウィザードを実行するための指示に従います。
: インターネットへの接続に使用するコンピュータにのみ ICS をインストールする必要があります。 このコンピュータは、「ホスト」コンピュータと呼ばれます。 ローカル エリア ネットワーク(LAN)(LAN)のほかのコンピュータがインターネットに接続するために、ホストを使って、電話が「クライアント」コンピュータとかけられます。

ICS の必要条件の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
230140 LAN 内にインターネット接続共有ホストを 1 台しか設置できな
:「ダイヤルアップ アダプタ」の用語がモデムを参照するために、この資料に使用されます。 また、この用語が統合デジタル サービス通信網(ISDN)またはAsymmetric Digital Subscriber Line(ADSL)デバイスを参照できます。

ホスト構成

ICS をインストールした後に、 ICS のトラブルシューティングを行うために、正しいコンポーネントがホストでインストールされることを確認します。 2 つ次の アダプタがダイヤルアップ アダプタまたは アダプタ ネットワーク アダプタであるネットワークのプロパティでのコンポーネントを確認します。

  • TCP/IP(Shared)-> アダプタ
  • TCP/IP(Home)-> アダプタ
ネットワークのプロパティでのコンポーネントを確認するには。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックしてから [ネットワーク] をダブルクリックします。
  2. 構成タブで、TCP/IP(Shared)とTCP/IP(Home)コンポーネントが表示されることを確認するために、 The following network components are installed ボックスを表示します。
ICS が正しくインストールされず、いずれかのコンポーネントがネットワークのプロパティで表示するのに (Home)と (Shared)参照がない場合、正常に動作しません。 この問題が削除できてそしてこの問題を解決するために、 ICS が次に再インストールできる必要があります。

ネットワークのプロパティでの ICS エントリの詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
236465 ネットワーク プロパティでの ICS の表示方法につい
TCP/IP(Shared)コンポーネントがインターネットへの接続に使用するアダプタあって、TCP/IP(Home)コンポーネントが LAN に接続するために、使用するアダプタあります。 TCP/IP(Shared)コンポーネントが The following network components are installed ボックスでない場合、インターネットへホストとクライアント コンピュータに接続できません。 TCP/IP(Home)コンポーネントが The following network components are installed ボックスでない場合、ホストとクライアント コンピュータが LAN 上の相互に接続することができない場合があります。

: インターネットへの接続に使用するアダプタと LAN に接続するために、使用するアダプタがわかる場合、次の Determining the TCP/IP(Shared) and the TCP/IP(Home) adapter セクションが省略できます。

TCP/IP(shared)とTCP/IP(Home)アダプタを確認する方法

  • 標準のダイヤルアップ ネットワーク接

    標準のダイヤルアップ ネットワーク接続で Microsoft ダイヤルアップ アダプタは、ネットワークのプロパティで表示されます。 インターネットへの接続に使用されるかどうか決定する場合、ダイヤルアップ ネットワーク フォルダの ISP のアイコンを確認します。 ダイヤルアップ ネットワーク フォルダを表示するために、マイ コンピュータをダブルクリックし、 ダイヤルアップ ネットワーク フォルダを次にダブルクリックします。

    標準のダイヤルアップ ネットワーク接続で次のコンポーネントは、ホスト コンピュータのネットワークのプロパティで表示されます。

    • ダイヤルアップ アダプタ->TCP/IP(shared)
    • ネットワーク アダプタ->TCP/IP(Home)
    • サードパーティ インターネット ダイヤラ接続

    サードパーティ ダイヤラを使って、インターネットに接続するかどうか確認するために、サードパーティ ダイヤラのダイヤルアップ アダプタを表示するために、ネットワークのプロパティを調べます。 サードパーティ ダイヤラで正常に動作させるために、 ICS がダイヤラ ソフトウェアが32 ビット ダイヤルアップ アダプタを使用する必要があります。 インターネットたとえばAmerica Online ( AOL )への接続に独自のそれらのダイヤラを使用します。

    サードパーティ ダイヤラ接続で次のコンポーネントは、 Third-Party Dialer Adapter がサードパーティ ダイヤラ アダプタの名前だそして Third-Party Dialer Adapter ネットワーク アダプタの名だホスト コンピュータのネットワークのプロパティで表示されます。

    • TCP/IP(Shared)-> Third-Party Dialer Adapter
    • TCP/IP(Home)->ネットワーク アダプタ

    ICS とのサードパーティ ダイヤラの使用方法の詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
    230233 インターネット接続共有の使用時に AOL へ接続する方
    229978 サードパーティのインターネット ダイヤルアップ接続では ICS のオートダイヤル機能を使用できな
    : ネットワーク アダプタを使用するデバイスに対する ISP が一部しばしば「ネットワーク アダプタの MAC アドレス」として呼ばれたアダプタ アドレスを記録します。 このような ISP では、特定のネットワーク アダプタを使用しないとインターネットに接続できないことがあります。 別のネットワーク アダプタを使用したい場合、 ISP に追加詳細について問い合わせます。
  • unidirectional なデバイス

    一方向ケーブル モデムなど、 unidirectional なデバイスのデータを受信するために、データと接続をソースに送信するために、ソースへ接続を持つ必要があります。 ICS がこの一方向アダプタに関する configuration.For 追加情報の種類で正常に動作せず、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
    231648 ICS は、 unidirectional アダプタで機能しません。
  • 双方向のケーブル モデム

    双方向のケーブル モデムにケーブル モデムには、ホスト コンピュータのネットワーク アダプタが必要です。 この構成には、ケーブル モデムの 1 つのとコンピュータと LAN の 1 に 2 つネットワーク アダプタがインストールが必要です。

    TCP/IP(Home)が LAN が接続されるネットワーク アダプタここTCP/IP(Shared)がケーブル モデムが接続されるネットワーク アダプタ ケーブル モデム接続の次のコンポーネントがホスト コンピュータのネットワークのプロパティで表示しだです。
    • (共有) TCP/IP は、 Adapter1 ネットワークを->。
    • (ホーム) TCP/IP は、ネットワーク Adapter2 を->。

  • ADSL デバイス

    デジタル外部非対称加入者回線(ADSL)デバイスに ADSL デバイスには、ネットワーク アダプタがホスト コンピュータに取り付けるのだとが必要です。 この構成には、コンピュータとケーブル モデムの 1 つのと LAN の 1 に取り付けるが必要です。

    デバイスの外部 ADSL 接続で次のコンポーネントは、TCP/IP(Shared)が ADSL デバイスに接続するネットワーク アダプタあるそしてTCP/IP(Home)が LAN に接続するネットワーク アダプタあるホスト コンピュータのネットワークのプロパティで表示されます。

    • Adapter1 ネットワーク->TCP/IP(shared)
    • ネットワーク Adapter2 ->TCP/IP(Home)

    :内部 ADSL デバイスに対してインターネットへの接続に標準ダイヤルアップ アダプタを使用します。 内部 ADSL デバイスは、標準のダイヤルアップ ネットワーク接続と同じように機能します。 また、よう USB ポートを通じて接続するそれ外部 ADSL デバイスのこれに該当できます。 通常 PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)または PPPoA(ATM を介して Point-to-Point プロトコル)にリファレンスを参照します。 TCP/IP(Shared)、(上に示される)ダイヤルアップ アダプタまたは モデム接続 を参照する必要があります。

    詳細については、Microsoft Knowledge Base の以下の記事を参照してください。
    273587 使用するための 設定 ICS の方法
    265728 インターネット接続の共有には、ネットワーク アダプタが 2 つ必要です。
  • ISDN デバイス
    統合デジタル サービス通信網(ISDN)デバイスに対してインターネットへの接続にダイヤルアップ アダプタを使用します。 ISDN デバイスは、標準のダイヤルアップ ネットワーク接続と同じように機能します。

Icssetup.log ファイ

共有アダプタおよびホーム アダプタとして使用可能であるとインターネット接続共有ウィザードにより認識されたアダプタを確認するには、Windows フォルダの Icssetup.log ファイルを調べます。 インターネット接続共有ウィザードでは、[ネットワーク] プロパティのアダプタの一覧から使用可能なアダプタの確認が行われます。 問題が発生している場合は、これらの各アダプタがデバイス マネージャの [ネットワーク アダプタ] にも表示されていることを確認してください。

: インターネット接続共有 ウィザードは アダプタ ホーム としてダイヤルアップ アダプタを決して識別しません。

Icssetup.log ファイルの

インターネット接続共有 セットアップ ログ: 1999年損なう17日水曜日
Build Adapter ListBuild Adapter List - found: ダイヤルアップ アダプ
Build Adapter List-found: Linksys LNEPCI II PCI イーサネット アダプタ
Build Adapter List - found: インターネット接続の共
Find Internal Adapter Candidates, checking: ダイヤルアップ アダプタ NOT
特別の目的アダプタが呼ばれる候補
チェック 内部 アダプタ候補 候補ある Linksys LNEPCI II PCI イーサネット アダプタ BE を検索します。
Find Internal Adapter Candidates, checking: インターネット接続の共有 NOT a candidate, known special purpose adapte
Find External Adapter Candidates, checking: ダイヤルアップ アダプタ IS a candidat
チェック 外部 アダプタ候補 有効な内部アダプタのみ候補 Linksys LNEPCI II PCI イーサネット アダプタ NOT を検索します。
Find External Adapter Candidates, checking: インターネット接続の共有 NOT a candidate, known special purpose adapte
Find Internal Adapter Candidates, checking: ダイヤルアップ アダプタ NOT a candidate, known special purpose adapte
チェック 内部 アダプタ候補 候補ある Linksys LNEPCI II PCI イーサネット アダプタ BE を検索します。
Find Internal Adapter Candidates, checking: インターネット接続の共有 NOT a candidate, known special purpose adapte
Loaded external adapter: ダイヤルアップ アダプ
読み込まれた内部アダプタ: Linksys LNEPCI II PCI イーサネット アダプタ

TCP/IP(Home)とTCP/IP(shared)が間違ったアダプタの表示されます。

この問題を解決するために、以下の手順を実行します。
  1. 開始をクリックし 設定をポイントする コントロール パネルをクリックして、 インターネット オプションを次にダブルクリックします。
  2. [接続] タブで、[共有] をクリックします。
  3. Connect to the Internet using で、一覧からインターネット接続のアダプタを選択します。
  4. </UITERM>を使用すると、<UITERM> Connect to で、ネットワーク化し、ホームが一覧からの LAN にアダプタを選択します。
  5. プロンプトが表示されたら、 OK をクリックしもう一度、 OK をクリックして、その後、コンピュータを再起動します。
[共有] ボタンが表示されない場合は、Inetcpl.cpl および Inetcplc.dll ファイルのバージョンが正しくない可能性があります。 この問題の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
236152 No Sharing Button After Installing インターネット接続の共
:またホストのネットワーク プロパティに表示されるすべてのコンポーネントを削除する、または再インストールする場合、 ICS を削除してそして ICS を再インストールする必要があります。

重要: セクションまたはメソッドまたはタスクにレジストリを変更する方法を指示する手順が含まれます。 ただし、重大な問題がレジストリを誤って変更する場合、発生することがあります。 したがって、次の手順に慎重に従うことを確認します。 変更する前に、追加された保護にレジストリのバックアップ。 問題が発生する場合、レジストリが次に復元できます。 どのようにバックアップとどのようにレジストリを復元するかについて、詳細は、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
322756 バックアップと Windows でレジストリの復元方法

TCP/IP コンポーネントの唯一のいずれかは、ネットワークのプロパティで表示されます。

この問題は、1 つまたは複数のレジストリ キーが壊れると発生します。 この問題を解決するために、以下の手順を実行します。
  1. ネットワーク プロパティに表示された各アダプタの説明を書き留めます。
  2. レジストリ エディタで、次のキーを開きます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Class\Net\<nnnn>
    <Nnnn>が数字に 0000 から始まる4桁場合なります場合。
  3. DriverDesc キーが [ネットワーク] プロパティにあるアダプタの名前と一致しないキーをすべて削除します。

    ネットワーク プロパティに示された同じアダプタの複数のキーがある場合、各キーを削除しその後、削除して、デバイス マネージャでのアダプタを再インストール。 デバイス マネージャでのアダプタを削除するために、 設定をポイントし、そしてそして コントロール パネルをクリックし、そして システムをダブルクリックし、そして デバイス マネージャ タブをクリックし、そして Network adapters をダブルクリックし、そしてアダプタをクリックし、そして 間隔の削除を次にクリックし、、 . 注:元のドライバ ディスクまたはデバイス マネージャから削除した後に、アダプタを再インストールするソフトウェア必要に 開始をクリックする、

不足しているTCP/IP(shared)とTCP/IP(Home)コンポーネント

TCP/IP (共有) コンポーネントおよび TCP/IP (ホーム) コンポーネントが表示されない

この問題を解決するには、Windows 98 Second Edition CD-ROM からこのファイルの新しいバージョンを抽出し、次に ICS を削除して再インストールします。 Iphlpapi.dll ファイルを抽出するために、次の手順に従います。
  1. ファイル名を指定して実行をクリックする、種類 開始をクリックします sfc.exe <B>に</B>ボックスを開いて、 OK を次にクリックします。
  2. Extract one file from Installation disk をクリックします。
  3. データ iphlpapi.dll <UITERM>に</UITERM>ボックスを復元し、そして 開始を次にクリックしたいシステム ファイルを指定します。
  4. 復元 元ボックスに Windows 98 Second Edition ソース CD-ROM フォルダのドライブ文字とパスを入力します。
  5. Save File In ボックスに \Windows\System フォルダ(たとえばC:\Windows\System)と OK クリックへの完全なパスを入力します。
  6. デフォルトのバックアップ フォルダを使用するかどうか確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  7. [OK] をクリックし、システム ファイル チェッカーを終了します。
  8. ICS を削除してから再インストールします

ホストで DHCP サービスを有効にす

適切な IP アドレスを使わないで、クライアントがホスト コンピュータと通信することができません。 クライアント コンピュータがホストから IP アドレスを取得しない場合、 DHCP サービスが無効なのは、あります。 ホスト コンピュータで DHCP サービスを有効にするには、以下の手順に従ってください。
  1. Windows 98 Second Edition CD-ROM の Tools\MTSutil\ICS フォルダを開きます。
  2. Dhcp on.inf ファイルを右クリックし、 インストールを次にクリックします。
  3. Windows を再起動します。

クライアント構成

クライアント側の DHCP の構

ホスト コンピュータから IP アドレスを取得するために、コンピュータを構成するために、次の手順を実行します。
  1. 開始をクリックし 設定をポイントする コントロール パネルをクリックして、 ネットワークを次にダブルクリックします。
  2. LAN のネットワーク アダプタ用の TCP/IP コンポーネントをクリックします。
  3. プロパティをクリックします。
  4. IP アドレス タブで、 Obtain IP address automatically をクリックします。
  5. WINS設定タブで、 WINSの解決にDHCPを使うをクリックします。
  6. ゲートウェイ タブで、任意のインストールされるゲートウェイを削除します。
  7. [DNS 設定] タブで、[DNS を使わない] をクリックします。
  8. [OK] を 2 度クリックし、コンピュータの再起動を要求するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
クライアントに手動で IP 情報を割り当ててまたは DHCP が正しく機能していないと感じるのを使用する場合、この資料の後半に How to Assign a Static IP Address entitle されたセクションを参照してください。

静的 IP アドレスの割り当て方

静的な IP アドレスを割り当てる前に、 ISP から DNS 構成情報が必要です。 ホスト コンピュータで、 ファイル名を指定して実行をクリックする、種類 開始をクリックします winipcfgOK を次にクリックする、。 ICShare Adapter をクリックし、 情報をクリックするDNS サーバー アドレスを確認して、 OK を次にクリックします。 DNS の設定がわかったら、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックしてから [ネットワーク] をダブルクリックします。
  2. LAN のネットワーク アダプタ用の TCP/IP コンポーネントをクリックします。
  3. プロパティをクリックします。
  4. IP アドレス タブで、 Specify an IP Address をクリックします。
  5. IP アドレス ボックスに入力します。 192.168.0.x (X が 2 の間のと 254 の間のここで番号です)

    : IP アドレスが現在 LAN 上の別のコンピュータによって使われないものです。
  6. サブネット マスク ボックスに入力します。 255.255.255.0.
  7. WINS設定タブで、 Disable WINS Resolution をクリックします。
  8. ゲートウェイ タブで、入力します。 192.168.0.1 次にクリックし、そして New gateway に、 追加をボックスする、
  9. DNS設定タブで、 DNSを使うをクリックし、 ホスト ボックスにホスト コンピュータ名を入力します。

    ドメイン ボックスが :空白のままにされて、コンピュータ名が区別だと注意します。
  10. HOST IP アドレスが正常に動作しない場合、 DNS Server Search Order ボックスに 追加を次にクリックし、そして、 . 注: ISP の DNS サーバーの IP アドレスを使用しようとするホスト コンピュータ(通常 192.168.0.1)の IP アドレスを入力する、

  11. [OK] を 2 度クリックし、コンピュータの再起動を要求するメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
静的 IP アドレスの割り当て方法の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
230150 ネットワーク デバイスへの固定 IP アドレスの設定方

ホストがインターネットに接続します。ただし、クライアントが接続しません。

次の手順を実行したら、インターネットが接続されたホストと、 LAN とインターネット接続をテストします。
  • Winipcfg ツー

    Winipcfg ツールを使って、 IP アドレスを確認するために、以下の手順に従います。

    1. ファイル名を指定して実行をクリックする、種類 開始をクリックします winipcfgOK を次にクリックする、。
    2. Ethernet アダプタ 情報ボックスで、ネットワーク アダプタを選択します。
    3. リリースをクリックし 更新をクリックして、 OK を次にクリックします。
    ネットワーク アダプタの IP アドレスが(x が 2 の間のと 254 の間の数である) 192.168.0.x である場合、クライアントがホストから IP アドレスを正常に取得しました。

    クライアントがホストから IP アドレスを取得しない場合、ホストの DHCP サービスを有効にできるまたはクライアントに手動で静的な IP アドレスが割り当てられる必要があります。

  • ホストの IP アドレスの Pin

    Ping コマンドを使って Transport Control Protocol/Internet Protocol (TCP/IP) の機能を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[MS-DOS プロンプト] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで、入力します。 ping 192.168.0.1Enter キーが次に押す、。
    3. コマンド プロンプトで、入力します。 exitEnter キーが Windows に戻るのを次に押す、。
    応答が受信できる場合、クライアント コンピュータがホスト コンピュータと TCP/IP での LAN 経由と通信することができます。

    応答を受信できない場合、Windows の一般的なネットワーク接続上の問題としてトラブルシューティングを行います。 Windows の接続のネットワークの問題のトラブルシューティングの詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
    192534 Windows 95/98 のネットワーク接続に関する問題のトラブルシューティン
  • インターネットの IP アドレスの Pin

    インターネット上の Web サイトの IP アドレスを ping するには、まず、ホストからインターネット上の Web サイトの IP アドレスを取得する必要があります。 Web サイトの IP アドレスを取得するには、以下の手順に従ってください。

    1. ホスト コンピュータで、 開始をクリックし、 プログラムをポイントして、 MS-DOS プロンプトを次にクリックします。
    2. コマンド プロンプトで、入力します。 ping <Web site name> (どこで ENTER. 注が次に押す:(www.microsoft.com)など Web サイトが一部応答を返さないことがある別の Web サイトとこれが発生する場合、する<Web サイト名>は、 Web サイトの URL(Uniform Resource Locator)です)

    3. Web サイトから応答が返されると、以下のメッセージが表示されます。
      [xxx.xxx.xxx.xxx] ping する<Web サイト名>する。
      Web サイトと xxx.xxx.xxx.xxx の URL(Uniform Resource Locator)<Web サイト名>だのは、 Web サイトの IP アドレスだ。
    4. この IP アドレスを書き留めておきます。
    インターネット Web サイトがこれらの手順の次のクライアントとの TCP/IP 接続のテストを行うよう IP アドレスを取得しました。

    1. クライアント コンピュータに 開始をクリックし、 プログラムをポイントして、 MS-DOS プロンプトを次にクリックします。
    2. コマンド プロンプトで、入力します。 ping xxx.xxx.xxx.xxx そして、 Enter キーが xxx.xxx.xxx.xxx がインターネット Web サイトのここで IP アドレスなの次に押します。
    3. コマンド プロンプトで、入力します。 exitEnter キーが Windows に戻るのを次に押す、。
    応答が受信できる場合、クライアント コンピュータがインターネットと TCP/IP での LAN 経由と通信することができます。

    応答が受信できない場合、手順がホスト コンピュータとの問題を構成し、そしてトラブルシューティングするために、以前この資料に記載された Host Configuration セクション参照します。

  • インターネット名の Pin

    クライアントがサイトの IP アドレスに ping が正常に実行できるならば、 ping での DNS 構成をテストするために、インターネット名を使用します。 次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[MS-DOS プロンプト] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで、入力します。 ping <Web site name> そして、 Enter キーが(<Web サイト名>が Web サイトの URL(Uniform Resource Locator)どこでだの)次に押します。

      :(www.microsoft.com)など Web サイトが一部応答を返さないことがある別の Web サイトとこれが発生する場合、する。
    応答が受信できる場合、正常動作ホストとクライアント コンピュータが構成されます。 注: ブラウザが名前で Web サイトを開き接続のブラウザの設定を確認することが接続に LAN を使用するために、設定されることを確認することがまだできないで、プロキシ サーバーが何も構成されません。

  • ブラウザで IP アドレスを指定して Web サイトを表示す

    ブラウザで IP アドレスを指定して Web サイトを表示するテストを行うには、以下の手順に従ってください。

    1. ファイル名を指定して実行をクリックする、種類 開始をクリックします http://xxx.xxx.xxx.xxx そして、 xxx.xxx.xxx.xxx が Web サイトのここで IP アドレスなの OK を次にクリックします。
    Web サイトが表示された場合は、ブラウザは正しく動作しているので、Domain Name Server (DNS) の解決に問題がある可能性があります。

    DNS 設定の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
    229974 FQDN で ICS を使用する場合、接続エラーがメッセージです。
    Web サイトが表示されない場合、可能性が Winsock でのコンピュータの問題あります。

    考えられる Winsock の問題の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
    188952 Internet Explorer を使用すると、メッセージだ「内部エラーが発生したという」エラー

レジストリ キーの破

この問題は、1 つまたは複数のレジストリ キーが壊れると発生します。 この問題を解決するために、以下の手順を実行します。
  1. [ネットワーク] プロパティに表示されている各プロトコルの名前を書き留めます。
  2. レジストリ エディタで、次のキーを開きます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Class\NetTrans\ nnnn
    nnnn が 0000 からの開始増分番号に4桁なります場合。

  3. NetTrans フォルダの下のサブキーの数字を、[ネットワーク] プロパティに表示されているプロトコルの数と付き合わせて確認します。 1 つのインストールされたプロトコルの各インスタンスのサブキーがあります。

    ネットワークのプロパティで一覧に示されたプロトコルより複数のキーがある場合、 ICS をアンインストールし、 NetTrans キーのコピーをエクスポートして、レジストリから NetTrans キーを次に削除します。 これは、インストールされたアダプタ以外のネットワーク構成からすべてのコンポーネントを削除できます。
  4. 再構築するために、 ネットワークの構成 tab. での追加を次にクリックすると、 NetTrans キーを作り直すことができそして クライアントをクリックするそして 追加をクリックするそして Microsoft ネットワーク クライアントをクリックするそして OK を次にクリックするコントロール パネルの ネットワークをダブルクリックします [ネットワークの設定] タブを再度表示すると、既定のプロトコルが追加され、インストールされている各プロトコルにサブキーが 1 つだけ対応するように NetTrans キーがレジストリに再度作成されます。
  5. レジストリを再度調べて、インストールされているプロトコルごとに NetTrans サブキーが 1 つだけ存在することを確認します。 問題がなければ、ICS をホストに再インストールし、問題が解決したかどうか確認します。

プロパティ

文書番号: 238135 - 最終更新日: 2007年5月7日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
キーワード:?
kbenv kbhowto kbnetwork kbtshoot KB238135 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:238135
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com