SMS: SMS 1.2 と SMS 2.0 を使用して、Windows NT 4.0 SP6a を展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 238315 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP238315
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Systems Management Server (SMS) を使用して、Microsoft Windows NT 4.0 の Service Pack 6a を配布する方法 (SP6a)。

Windows NT SP6a の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
246009 Windows NT 4.0 サービス パック 6a 利用

詳細

SMS 2.0 を使用して Windows NT SP6a をインストールする方法

このセクションに記載されている手順を既にファイルをダウンロードして、Windows NT SP6a (Sp6i386.exe) には、次のマイクロソフト Web サイトからを前提としています。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc767869.aspx.
: Windows NT 4.0 SP6a、Windows NT 4.0 SP6a CD-ROM から取得することもできます。Windows NT 4.0 SP6a の CD-ROM には、N4sp6a.pdf ファイル自動的に、SMS パッケージとプログラムのプロパティを設定することができますにはが含まれます。
  1. Sp6i386.exe ファイルが一時フォルダーに抽出します。
  2. 「NT4sp6a」、という名前の新しいフォルダーを作成し、Sp6i386.exe ファイルを新しいフォルダーに移動.

    : [NT4sp6a フォルダー Windows NT4 SP6a SMS パッケージのソースであります。
  3. 新しいパッケージ ソース フォルダーとして「NT4sp6a」を含む、SMS 管理コンソール起動をクリックします。

    SMS のソフトウェア配布やパッケージ作成のオプションに関する詳細については、SMS のオンライン ヘルプを参照してください。

    : この例とは別に、SMS パッケージと SMS プログラムの提供情報を作成する方法を説明します。これらのツールは、使用可能な場合は、ソフトウェアの配布ウィザードまたは Windows NT 4.0 SP6a パッケージ定義ファイル (Nt4sp6.pdf) をまた使用することができます。
  4. 手順 3 で作成したパッケージの新しいプログラムを作成するのにには、次のコマンドラインを使用します。
    update\update.exe/q
    また、手動でこの資料の「Update.exe コマンド ライン スイッチ」に記載記載されている Update.exe のコマンド ライン スイッチのいずれかを使用するコマンドラインを編集できます。

    : このコマンドラインが作成した特定のパッケージ ソース フォルダーの構造に準拠していることを確認することが重要です。SMS は、フォルダー構造を参照することと Update.exe の正しいパスがあるない場合、プログラムは失敗します。
  5. プログラムのプロパティを開き、 [環境] タブをクリックして、プログラムが管理者権限で実行するか (Windows NT ユーザーがローカル管理者権限を持たない場合、またはユーザーがログオンしていないプログラムを作成する場合)、適切な管理者権限を持つ Windows NT クライアント ソフトウェア インストール アカウントを使用していることを確認し、

    通常、Windows NT クライアント ソフトウェア インストール アカウントは、インストール ソース ファイルが SMS 配布ポイントにないまたは場合は、インストール処理が必要な SMS の上にあるファイルにアクセスする配布ポイントのいずれかの場合にのみ使用されます。
  6. NT4sp6a パッケージを送信する配布ポイントを選択します。
  7. NT4sp6a パッケージまたは手順 4 で作成したプログラムの新しいアドバタイズを作成します。

    [全般] タブの提供情報のパッケージ、プログラム、およびコレクションの正しい設定を選択することを確認します。
  8. Service pack のインストールを自動的に実行する場合は、提供情報のプロパティを開き、[スケジュール] タブをクリックしておよびプログラムの必須の割り当てを作成し。

SMS 1.2 を使用して Windows NT SP6a をインストールする方法

  1. 前のセクションで説明されている手順を使用して、パッケージ ソースを作成します。
  2. Windows の SP6a 用の新しいパッケージを作成するには、次のコマンドラインを使用します。
    update/update.exe/q
  3. 使用しているインストールの種類のワークステーションのコマンド ライン オプションが正しく設定されていることを確認します。

    ターゲット ・ クライアントにログオンしているユーザーの権限を選択するインストールの種類によって異なります。
  4. ローカルの管理者権限を持たないユーザーが権限の低いまたは、サーバーにログオン誰を対象としている、システム (バック グラウンド) タスクをクリックします。

    パッケージ コマンド マネージャー サービスは、インストールを処理します。

    : を正常に完了するには、パッケージ コマンド マネージャー サービスを使用しているパッケージの場合。

    • 完全にサイレント モードで実行し、ユーザーとの対話を必要とパッケージを構成する必要があります。
    • システム (バック グラウンド) タスクオプションを設定する必要があります。
    • 必須として実行するジョブを設定する必要があります。
    SMS クライアントで、パッケージ コマンド マネージャー サービスを手動でインストールする必要があります。Rservice.exe を使用して、Pcmsvc32.exe を手動でインストールする方法の詳細については、SMS Service Pack 4 (SP4) に含まれている Install.doc ファイルを参照してください。インストールは、パッケージ コマンド マネージャー プログラムによって処理システム (バック グラウンド) タスクオプションを選択しない場合、フォア グラウンドで実行およびを service pack のインストールを完了するには、ローカルの管理者権限を持ってログオンしているユーザー必要があります。
  5. Windows NT SP6a パッケージを配布する新しいジョブを作成し、アップグレードするクライアントをターゲットにします。

    パッケージに、「システム (バック グラウンド) タスク」オプションを選択した場合必須として実行するジョブ設定を確認します。必須の日付は、既定では事前に 1 週間に設定されます。
SMS 1.2 と 2.0 の SP6a のインストールは、両方のインストールが完了したら、クライアントを再起動する必要があります。

: service pack のセットアップ プログラムは、コンピューターの再起動後、管理者権限を持っている必要があります。Windows NT SP6a のRunOnceレジストリ キーにいくつかのキーを追加します。管理者権限を持っている場合は、service pack のセットアップ プログラムを完了するには、クライアントにログオンする必要があります。 詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
255987 Service Pack にはローカル管理者権限でログオンする必要があります。
Systems Management Server 2.0 を使用してソフトウェアの配布方法についてを参照してください、システム管理 Server 2.0 管理者ガイド 』、第 12 章「ソフトウェア配布」します。1.2 ソフトウェアの配布の詳細については、Systems Management Server 1.2 アドミニストレーターのガイド、パート 2」、「ソフトウェア管理」を参照してください。

Update.exe のコマンド ライン スイッチ

次のコマンドライン構文について説明します Update.exe の。
更新 [-u] [-f] [-n] [-o] [-z] [-q]
Update.exe では、以下のスイッチを使用できます。
  • -u: 無人モードでこのパラメーターを使用します。
  • f: を閉じるには、コンピューターのシャット ダウン時に他のプログラムを強制するには、このパラメーターを使用します。
  • -n: プログラムをアンインストールすると、ファイルをバックアップしたくない場合は、このパラメーターを使用します。
  • -o: 相手先ブランド供給業者 (OEM) のファイルが上書きされるときにしたくない場合は、このパラメーターを使用します。
  • -z: インストールが完了したら、コンピューターを再起動したくない場合は、このパラメーターを使用します。
  • -q: サイレント モード (ユーザーの操作なし) のこのパラメーターを使用します。
このコマンドのヘルプを表示するには、次のように入力します。 更新/しますか?.

プロパティ

文書番号: 238315 - 最終更新日: 2013年11月3日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 1.2 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB238315 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:238315
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com