MoveTree ユーティリティを使用して、単精度浮動小数点数型 (Single フォレストでドメイン間でオブジェクトを移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 238394 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

MoveTree.exe は、管理者が単一フォレスト内のドメイン間で組織単位 (OU)、ユーザーなどの Active Directory オブジェクトを移動できるようにするコマンド ライン ユーティリティです。 これらの種類の操作は、reconsolidation のドメインまたは組織の再構築をサポートします。

詳細

MoveTree はドメイン間の Active Directory オブジェクトを移動、ドメイン間で移動できない一部の Active Directory オブジェクトは。 関連付けられたデータもは移行されません、Active Directory 以外もあります。 コンピューター オブジェクトは MoveTree 操作中に移動されません。

オブジェクトが移動すると、ソース ドメイン内には、 Lost and Found コンテナーに最初にコピーされるされ、宛先ドメインに移動は、します。 すべてのオブジェクトが移動される MoveTree.log ファイルで記録され、MoveTree.err ファイルにすべてのエラー メッセージが記録されます。 オブジェクトを移動することはできませんが、orphan コンテナー Lost and Found コンテナー、移行元ドメイン内に残ります。 ローカルおよびドメインのグローバル グループは、MoveTree 操作中には移動されません。 ただし、グループ メンバーシップのままであり、したがって、セキュリティが侵害されません。

関連のデータ MoveTree 操作中には移動されませんするには、プロファイル、ログオン スクリプト、およびユーザーの個人データが含まれます。 追加スクリプトまたは管理ツールはこれらの追加手順を実行する MoveTree と組み合わせて使用する必要です。 MoveTree を組織単位を移動する移行元ドメインでリンクされたグループ ポリシー オブジェクトのすべてのまま使用できます。 グループ ポリシー オブジェクト リンク移動は引き続き動作、クライアント、移行元ドメインから、グループ ポリシーの設定を受信します。 この潜在的なパフォーマンスの低下のため、強くお勧め先ドメインに移動した組織単位のグループ ポリシー オブジェクトを再作成とし、ソース ドメイン内の古い、グループ ポリシー オブジェクトを削除します。

MoveTree 構文

   MoveTree [/start | /continue | /check] [/s SrcDSA] [/d DstDSA]
   [/sdn SrcDN] [/ddn DstDN] [/u Domain\Username] [/p Password] [/quiet]

   /start	: Start a MoveTree operation with /check option by default.
   	: Instead, you could be able use /startnocheck to start a
         : MoveTree operation without a check.

   /continue : Continue a failed MoveTree operation.

   /check	  : Check the whole tree before actually moving any object.

   /s <SrcDSA>  : Source domain DSA name. Required. 

   /d <DstDSA>  : Destination domain DSA name. Required.

   /sdn <SrcDN> : Source subtree's root domain name.
                : Required in Start and Check case.
                : Optional in Continue case.

   /ddn <DstDN> : Destination subtree's root domain name. Required.

   /u <Domain\UserName> : Domain name and user account name. Optional.

   /p <Password> : Password. Optional.

   /quiet : Quiet mode. Without any display. Optional.
				

  • MoveTree/check/s Server1/d Server2/sdn OU SourceOU, DC = Dom1/ddn OU = DestOU, DC = Dom2/u Dom1\administrator/p = *
  • MoveTree/start/s Server1/d Server2/sdn OU SourceOU, DC = Dom1/ddn OU = DestOU, DC = = Dom2/u Dom1\administrator/p MySecretPwd
  • MoveTree/startnocheck/s Server1/d Server2/sdn OU SourceOU, DC = Dom1/ddn OU = DestOU, DC = = Dom2/u Dom1\administrator/p MySecretPwd
  • MoveTree/s Server1/d Server2/ddn OU の続行/DestOU, DC = Dom1/u Dom1\administrator/p = * 騒音/

MoveTree を使用してのキーのガイドライン

  • ドメイン ネーム サーバー (DNS) 名前解決が正常に動作を確認します。
  • アクセス許可の移動を完了する変換元と変換先のドメインにいることを確認します。 十分な権限がある場合、MoveTree.err ファイルの次のエラー メッセージが記録されます。
    エラー: 0x2098、操作を実行するアクセス権が不足しています。
    ドメインを越えた移動の MoveTree できませんでした。 拡張エラーが 00002098: SrcErr:DSID-0031B02E2、5003 (WILL_NOT_PERFORM)、0 のデータの問題
  • スペースを含むパラメーターの引用符を使用します。
  • 元と変換先のサブツリーのルート ドメイン名を指定する場合は、すべて小文字を使用します。 大文字を使用している場合は、次のエラー メッセージが MoveTree.err ファイルに記録します。
    エラー: 0x20e4、名前付けコンテキストは見つかりませんでした。
    ドメインを越えた移動の MoveTree できませんでした。
    拡張エラーが 0000020e4: SvcErr: DSID-031B02E2、5003 の問題 (WILL_NOT_PERFORM)、0 のデータ

MoveTree、コンピューター アカウントを移動するが新しいドメイン内に、アカウントは有効なありません。 MoveTree が移動したすべてのコンピューター資産を表示 Active Directory ユーザーと、新しいドメイン内のコンピューターが個々 のコンピューターに新しいドメインにログオンすることはありません。 netdom を使用して、コンピューター アカウントを移動する必要があります。

: Movetree のため、移行先ドメインがネイティブ モードで必要になります。

: コマンドは、dst ドメインの Rid マスターに対して src ドメインの Rid マスターで実行するが、それ以外の場合はわかります次のエラー。

エラー: 0x2012 がディレクトリ サービスは、その種類の操作マスターではありませんので、要求された操作は実行されませんでした。

プロパティ

文書番号: 238394 - 最終更新日: 2007年2月27日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbmt KB238394 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:238394
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com