Windows Home Server]、[高度な形式のハード ディスクについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2385637
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

ハード ディスク ・ ドライブの容量の向上を継続可能を改善するため、メーカー形式の高度なセクター ディスクとして」と呼ばれる新しいテクノロジに移動します。この技術は、フォーマットし、従来の 512 バイト セクターではなく 4 K のセクターを整列するには、現在ほとんどのソフトウェアで使用されているハード_ディスクが必要です。この資料でこれらのハード ディスク ドライブの Windows ホーム ・ サーバーとの互換性を示しています。

詳細

この資料では、Windows Home Server のインストールに影響することができます 2 つのシナリオについて説明します。製造元によって、製品の配置ツールを提供します。したがってこれらのツールは常に、プラットフォームとは Windows Home Server を構築しているテクノロジと互換性のあるされませんただし、サポートを提供できません。形式の高度なディスクでは、さまざまな環境に適合させるのには、推奨された解決方法をハード ディスクの製造元を参照して可能性があります。

512 エミュレートされたモードからほとんどのメーカーをサポートしていますディスク 2 tb を超える記憶域ディスクとして Windows Home Server の次のバージョンのディスク フォーマットの詳細をサポートする、ただし、拡張ファームウェア インターフェイスの BIOS は、システムのディスク容量がない場合は超過 2 テラバイトの必須ではありません使用されます。

シナリオ a: サーバーのディスク
インストールまたは、形式の高度なセクターのディスクでのシステムのディスクやストレージ ・ プールとしてホーム サーバーで、ディスクを交換します。

パフォーマンスの低下やデータの信頼性の問題は、IO 操作、ネイティブのセクター サイズは、ディスク上の位置合わせされること保証がないためディスク フォーマットの詳細、Home Server v1 でサーバーのバックアップやストレージ ・ プールは、システム ディスクを使用する場合ことがあります。さらに、Windows のホーム サーバーと互換性のない方法でディスクをフォーマットする可能性があります。

Windows のホーム サーバーの v1:形式の高度なディスク、Windows Home Server の v1 では使用しないでください。

Windows のホーム サーバー 'Vail':
期限の迫っている Windows ホーム ・ サーバー ・ コードネーム 'Vail' 形式の高度なディスクとしてのサーバーのディスクをサポートします。

詳細については、Windows Home Server のコードネーム 'Vail' クリックして「サポート技術情報」資料を確認して、デバイスを表示するのには、次資料番号。
2510009大きいセクターのマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細については Windows でドライブします。

シナリオ b: クライアント コンピューター
置き換えるか、クライアント コンピューターとドライブのフォーマットの詳細を復元します。

交換またはフォーマットの高度なディスク ・ ドライブがクライアント コンピューター上のハード_ディスクに復元する場合は、バックアップと復元機能などの Windows Home Server の機能で問題を表示する必要がありますいません。

推奨事項:Windows Home Server の機能は、Windows Home Server の v1 の高度な形式のディスクと、新バージョンのコードネーム「Vail」を使用する、クライアント コンピューターとの互換性です。

メモ: Windows 7 クライアント ユーザーを参照してくださいKB982018詳細については。

高度なディスク ドライブをフォーマット

ハード ディスクの製造元によって従来の 512 バイトのセクターのドライブとして同じ基本モデルの高度な書式ドライブが解放されることに注意してくださいすることが重要です。このため、Windows Home Server のバージョン 1 を実行している場合、ドライブを購入する、高度な形式ドライブでないことをことを確認することが重要です。ディスク ・ ドライブを購入する前に、製品仕様の確認またはドライブが Windows のホーム サーバーと互換性があることを確認するのには、製造元の Web サイトを参照してください。ドライブのフォーマットの詳細は常に明確に、市販のパッケージに識別されることを認識します。

プロパティ

文書番号: 2385637 - 最終更新日: 2011年3月7日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbmt KB2385637 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2385637
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com