"この配布リストの最大サイズに達しました、ネットワーク電子メール サーバーの」エラーが発生する Outlook の連絡先の配布リストに多数のアイテムを追加しようとすると、メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 238569 - 対象製品
Outlook 2000 の場合。

メモ この資料の手順は企業/ワークグループ オプションで Outlook をインストールしている場合にのみ適用されます。このオプションでは、メッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス (MAPI) サービスを使用できます。インストールの種類を確認するのには、 Microsoft Outlookの [ヘルプ] メニューをクリックします。企業/ワークグループのインストールの場合は、「企業/ワークグループ」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Outlook で連絡先配布リストに多数のアイテムを追加しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
  • この配布リストは、ネットワーク電子メール サーバーの最大サイズに達しました。
  • この配布リストは、ネットワーク電子メール サーバーの最大サイズに達しました。最初 番号total_number メンバーが追加されました。
  • この配布リストは、ネットワーク電子メール サーバーの最大サイズに達しました。新しいメンバーは追加されませんでした。

原因

これは作成され、Microsoft Exchange Server のメールボックス ストアまたは個人用フォルダー (.pst) ファイルに格納されている配布リストの制限です。配布リストに追加できる連絡先の数に限界はありません。正確な制限は連絡先の合計ファイル サイズに基づいています。

連絡先の非常に基本的な情報のみを使用する場合、配布リストの制限として最大 125 130 連絡先連絡先があります。たとえば、名前だけで、各連絡先の電子メール アドレスは、このサイズのリストで、連絡先の情報が含まれます。1,000 の連絡先を含む非常に大きな配布リストを作成できます。ただし、これらの非常に大規模なリストは Outlook で期待どおりは機能しません。

最適な結果を得るには、標準的な数の連絡先を配布リストに追加する必要があります連絡先が 50 〜 70 の連絡先です。ただし、連絡先に大量の情報が含まれている、配布リストの制限が 25 の連絡先でもする必要があります。

さらに、配布リストの制限は、Exchange Server を実行しているコンピューターのプロパティのサイズの制限に基づきます。Exchange サーバーのプロパティ サイズ制限は、約 8 kb (キロバイト) です。Exchange サーバーは、1 つのプロパティ ストアにすべての連絡先のリンクを格納します。したがって、配布リストの制限も異なります、連絡先の名前の平均の長さとエントリ ID の平均サイズエントリ ID のサイズは、電子メール アドレスの種類と、メッセージの長さに依存します。

解決方法

Outlook 2007 Service Pack 2 (SP2) 以降

この問題が解決最初 2007 Microsoft Office スイートのサービス パック 2。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
949585 2007 Office スイートの最新の Service Pack を入手する方法
Outlook 2007 のサービス パック 2年をインストールした後に、多数のメンバーシップを持つ配布リストを作成しようとすると、次のプロンプトが表示されます。

追加してもよろしいですか<number>に、配布リストのメンバーですか?</number>
このプロンプトに [はい] をクリックすると、次のプロンプトが表示されます。

この配布リストには 1 またはそれ以前の Outlook 2007 のサービス パックを使用する場合は、サポートされているよりも多くのメンバーが含まれています。配布リストに対する変更を保存してもよろしいですか。
メモ この 2 番目のプロンプトにというラベルの付いたチェック ボックスが含まれています 今後このダイアログを表示できません この 2 番目のダイアログ ボックスに [ OK ] をクリックして、現在のメンバーシップを持つ配布リストが保存されます。

注: この同じ現象は、Outlook 2010 に適用されます。

Outlook 2007 SP1 以前

Outlook 2007 SP1 以前のバージョンと、この問題を解決するには、複数の配布リストを作成する必要があります。各配布リストはありません連絡先の最大数より多くの「原因」に記載されているように。複数の配布リストを作成するのに次の手順を実行します。
  1. Outlook の連絡先フォルダーにサイズの大きい配布リストを開きます。
  2. [ファイル] メニューで、名前を付けて保存] をクリックします。
  3. タイプ distribution_list_name コピー、] をクリックしますOutlook メッセージ形式 (* .msg)ファイルの種類の一覧、および [保存] をクリックします。

    メモ これは、元の配布リストのバックアップ コピーを作成します。
  4. 配布リストを閉じます。
  5. 配布リストを再度開きます。
  6. [名前] ボックスに、配布リストの名前の末尾に、次のテキストを入力します。
    (start_firstname - end_firstname)
    この例では、 start_firstname 新しいリストの最初の連絡先の名前のプレース ホルダー テキストです。新しいリストの最後のメンバーの名前のプレース ホルダー テキストが end_firstname.連絡先の最大数よりも少ないを連絡先の範囲を選択します。

    たとえば、「ビジネス用連絡先」の配布リストには 200 の連絡先が含まれます。デビッド ・ ジョーンズと、Tony Smith の間の 70 の連絡先があります。「ビジネス用連絡先 (デビッド ・ トニー)」リストの名前を変更するため、
  7. 選択し、[新しいリストの名前で指定した名前の範囲にないすべての連絡先を削除します。

    たとえば、「ビジネス用連絡先 (デビッド ・ トニー)」には、リストの名前を変更する場合は、し削除するアルファベット順に"David"の前に付属している最初の名前を持つすべての連絡先。さらに後に、ある「トニー」アルファベット順最初名前を持つすべての連絡先を削除します。
  8. [ファイル] メニューで、名前を付けて保存] をクリックします。
  9. をクリックしますOutlook メッセージ形式 (* .msg)ファイルの種類の一覧、および [保存] をクリックします。
  10. [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。リストに変更を保存するメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。
  11. Windows エクスプ ローラーで変更した配布リストを保存したフォルダーや、.msg ファイルを右クリックし [コピー] をクリックします。
  12. Outlook の連絡先フォルダーを編集] をクリックし、[貼り付け] をクリックします。これは、手順 6 で指定した新しい名前を使用する、新しい配布リストを作成します。
  13. 個々 の配布リストに分割する連絡先のグループごとに手順 5 〜 12 を繰り返します。

プロパティ

文書番号: 238569 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbcontacts kbprb kbmt KB238569 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:238569
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com