Office Professional Plus 2010 アプリケーションを起動すると "ライセンスのない製品" と表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2390460 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ
本資料の Microsoft Office 2013 バージョンは、2899838 を参照してください。

現象

Microsoft Office Professional Plus 2010 アプリケーションを起動すると、多くの機能が無効化されています。この問題は、Office Professional Plus サブスクリプションの有効期限が切れし、ライセンスが無効となっている場合に発生します。

さらに、以下いずれかの現象が発生する場合があります。
  • Office Professional Plus 2010 アプリケーション内で、[ファイル]、[ヘルプ] の順にクリックすると、以下のエラー メッセージが表示される。

    “ライセンス認証が必要です"
  • Office Professional Plus 2010 アプリケーションのタイトル バーに、以下のメッセージが表示される。

    “ライセンスのない製品"
  • Office Professional Plus 2010 にサインインしてアクティブ化すると、以下のメッセージが表示される。

    サブスクリプションが見つかりません"

原因

この問題は、Office 365 ProPlus のライセンスが無効な場合に発生します。

解決方法

この問題を解決するには、必要に応じて、次の方法のいずれかを使用します。



方法 1: Microsoft Online ポータルで、問題のユーザーに Office Professional Plus ライセンスが割り当てられているかどうかを確認する
  1. Office 365 ポータルに管理者としてサインインします。
  2. [Office 365 管理者の概要] セクションの [ユーザー] をクリックします。
  3. 問題が発生するユーザーを選択します。
  4. [ライセンスの割り当て] で Office Professional Plus が選択されているかどうかを確認します。
方法 2: Office 365 Organization ID を使用して Office を再アクティブにする

問題を自動で修正するには?「 問題の自動修正」?セクションに進みます。自身で問題の修正を行う場合は「?手動で修復する?」 セクションを参照してください。

問題の自動修正
元に戻す画像を拡大する
assets folding start expanded
問題を自動的に修正する場合は、[?Fix it ] のボタンまたはリンクをクリックします。その後、[?File Download ] ダイアログ ボックスにある [ Run ] をクリックし、 Fix it ウィザードの手順に従います。
元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
Fix this problem
Microsoft Fix it 51006
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • このウィザードは英語のみで表示されますが、自動修正機能はすべての言語の Windows に対応しています。
  • 問題が生じたコンピューターにログオンしていない場合は、Fix it?ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、後に問題が発生したコンピューターで実行します。
  • フィードバックをお寄せください。フィードバックや本ソリューションに関する問題は"Fix it for me" ブログにコメントを投稿するか?電子メール?メッセージを送信してください。?
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end


手動で修正する
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

  1. コンピューターにインストールされている Office 2010 が、32 ビット版または 64 ビット版の いずれであるかを確認します。任意の Office 2010 プラグラムを開き、[ファイル]、[ヘルプ] を順にクリックします。Office バージョンは [バージョン番号] の横に表示されます。
  2. すべての Office 2010 プログラムを閉じます。
  3. [スタート] をクリックし、[プログラムとファイルの検索] に「cmd」と入力した後 Enter キーを押します。
  4. コマンド プロンプトに以下いずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • 64 ビット版 Windows + 32 ビット版 Office:
      "%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /F
    • 32 ビット版 Windows、または 64 ビット版 Office + 64 版 Windows:
      "%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\Office14\OSAUI.exe" /F
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed



方法 3: システム クロックの設定を確認する

  1. システムの日付と時刻が正しく設定されていることを確認します。ガイドラインとしてOfficial U.S. Time を使用し、システム クロックが正しいことを確認します。
  2. タイムゾーンが正しく設定されていることを確認します。
  3. 夏時間設定が正しく構成されていることを確認します。
  4. [スタート] をクリックし、[プログラムとファイルの検索] に「cmd」と入力した後 Enter キーを押します。
  5. コマンド プロンプトで、次のいずれかのコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    • 64 ビット版 Windows + 32 ビット版 Office:
      "%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /K

    • 32 ビット版 Windows、または 64 ビット版 Office + 64 ビット版 Windows:
      "%ProgramFiles%”\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /K


方法 4: Office 2010 を再インストールする
  1. 「Microsoft Office 2010 スイートのアンインストールまたは削除方法」 (英語) の「Uninstall Office automatically using a Fix it」 (Fix it を使用して Office を自動的にアンインストールする) セクションに記載の Microsoft Fix it ツールを使用し、Office 2010 をアンインストールします。
  2. Fix it によるアンインストール完了後、Microsoft Online ポータルにサインインし、Office 2010 を再インストールします。
その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2390460 - 最終更新日: 2014年5月27日 - リビジョン: 19.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Office Professional Plus Subscription
キーワード:?
o365 o365e o365p o365a o365062011 pre-upgrade kbfixme kbmsifixme KB2390460
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com