文書番号: 2398768 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、コンピューターから Microsoft Office for Mac 2011 を完全に削除する方法について説明します。


この資料の手順に従うには、以下の要件を満たしている必要があります。
  • すべてのアプリケーションを終了する必要がある。
  • 管理者としてログオンしている必要がある。
  • [ゴミ箱] に含まれるすべてのアイテムを削除できることを確認する。

詳細

重要: Service Pack 2 (SP2) がインストールされている場合、一部のファイルの場所が異なります。SP2 がインストールされているかどうかを確認するには、Word を開き、[Word] メニューから [Word について] をクリックします。バージョン番号が 14.2.0 以上である場合は、Service Pack 2 がインストールされているため、この資料に記載されている Service Pack 2 の手順に従う必要があります。

手順 1: すべての Office for Mac アプリケーションを終了します。

以下のいずれかの方法を実行すると、アクティブな Office for Mac アプリケーションを終了できます。
  • Apple アイコンの隣にあるアプリケーション名を選択し、[<アプリケーション名>の終了] をクリックします。
    : Word for Mac がアクティブである場合は、メニュー システムから Apple アイコンの隣にある [Word] をクリックし、[Word の終了] をクリックします。

  • ドックにプログラムのアイコンが表示されている場合は、CONTROL キーを押してアイコンをクリックし、[終了] を選択します。

手順 2: Microsoft Office 2011 フォルダーを削除する

  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2011 フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 3: Office の環境設定を削除する

警告 環境設定を削除すると、ユーザーが行ったすべてのユーザー定義が削除されます。これらのユーザー定義には、作成したツール バー、ユーザー辞書、およびキーボード ショートカットに対する変更が含まれます。

"com.microsoft" ファイルを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [ホーム] をクリックします。
  2. [Library] を開きます。
    注: Mac OS X 10.7 以降では [Library] フォルダーは非表示になっています。このフォルダーを表示するには、OPTION キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。

  3. [Preferences] を開きます。
  4. ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べます。
  5. 先頭が "com.microsoft" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。


com.microsoft.office.licensing.helper.plist を削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[LaunchDaemons] を開きます。
  4. com.microsoft.office.licensing.helper.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。
com.microsoft.office.licensing.helper を削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[PrivilegedHelperTools] を開きます。
  4. com.microsoft.office.licensing.helper を [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 4: ライセンス ファイルを削除する

  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[Preferences] を開きます。
  4. com.microsoft.office.licensing.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。
サブスクリプション ファイルを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [ホーム] をクリックします。
  2. [Library] を開きます。
    注: Mac OS X 10.7 以降では [Library] フォルダーは非表示になっています。このフォルダーを表示するには、OPTION キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。
  3. [Preferences] を開き、[ByHost] を開きます。
  4. ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べます。
  5. 先頭が "com.microsoft" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。


重要: これまでの手順を実行した後で、メモリ内のキャッシュを削除するためにコンピューターを再起動してください。

手順 5: /Library/Application Support/Microsoft/ を削除する

  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[Application Support] を開きます。
  4. Microsoft フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。
警告 コンピューターに Microsoft Silverlight プラグインがインストールされている場合は、このフォルダーを削除した後にプラグインの再インストールが必要になる場合があります。Microsoft Silverlight を再インストールするにはここをクリックします

手順 6: Receipts を削除する

  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[Receipts] を開きます。
  4. 先頭が "Office2011_" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。
注: これらのファイルが常にコンピューターに存在するとは限りません。

Mac OS X Snow Leopard (10.6) または Lion (10.7) を使用している場合は、以降の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [フォルダーへ移動] をクリックします。
  2. [フォルダーへ移動] ボックスに以下のテキストを入力し、[移動] をクリックします。
    /private/var/db/receipts

  3. ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べます。
  4. 先頭が "com.microsoft.office" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 7: /Users/username/Library/Application Support/Microsoft/Office/ を削除する

警告 この操作を行うと、ユーザーが作成したカスタム テンプレート ファイルがすべて削除されます。
  1. [移動] メニューの [ホーム] をクリックします。
  2. [Library] を開きます。
    注: Mac OS X 10.7 以降では [Library] フォルダーは非表示になっています。このフォルダーを表示するには、OPTION キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。

  3. [Application Support] を開きます。
  4. [Microsoft] を開き、Office フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 8: Microsoft のフォントを削除する

Office for Mac 2011 と共にインストールされた Microsoft のフォントを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。
  3. [Library] を開き、[Fonts] を開きます。
  4. Microsoft フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 9: ゴミ箱を空にする


警告 [ゴミ箱] にあるすべてのファイルとフォルダーを削除できることを確認します。
  1. [Finder] メニューの [ゴミ箱を空にする] をクリックします。
  2. アップル メニューの [再起動] をクリックします。

手順 10: Microsoft User Data フォルダーをデスクトップに移動する

警告 Outlook for Mac 2011 の ID 情報は /Users/username/Documents/Microsoft User Data/ にあります。このフォルダーを削除すると、Outlook の情報と資料文献の管理データがすべて失われます。このデータを保持する場合は、Microsoft User Data フォルダーを削除しないでください。代わりに、このフォルダーを移動することを推奨します。

重要Microsoft User Data フォルダーがデスクトップ上に存在する場合は、以下の手順を実行する前に名前を変更します。

Microsoft User Data フォルダーを移動するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [ドキュメント] をクリックします。
  2. Microsoft User Data フォルダーをデスクトップにドラッグします。
  3. アップル メニューの [再起動] をクリックします。

手順 11: ドックの Office アプリケーションのアイコンを削除する

ドックの Office アプリケーションのアイコンを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. CONTROL キーを押したまま、ドックで Microsoft Word などの Office アプリケーションのアイコンをクリックします。
  2. [オプション] をクリックし、[ドックから削除] をクリックします。(この手順のスクリーン ショットを以下に示します)

    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーン ショット


  3. 上記の 2 つの手順を繰り返して、ドックの Office アプリケーションのアイコンをすべて削除します。

プロパティ

文書番号: 2398768 - 最終更新日: 2014年6月24日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office for Mac Home and Business 2011
  • Microsoft Office for Mac Home and Student 2011
キーワード:?
dftsdahomeportal KB2398768
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com