[XGEN] Exchange 2000 Server のディレクトリ サービス/メタベース同期に関する概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 240105 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP240105
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Microsoft Exchange 2000 Server におけるディレクトリ サービス/メタベース同期のプロセスの概要を説明することを目的としています。この集中的な領域の関連情報は、下記の場所を参照してください。

ディレクトリ サービス/メタベース同期プロセスの機能は、構成情報を Active Directory からローカルのメタベースに転送することです。メタベースは、デフォルトでシステムルート\System32\Metabase.bin にあります。この構成は、パフォーマンスおよびスケーラビリティ上の理由で、レジストリではなくローカルのメタベースに格納されます。Exchange 2000 では、すべてのプロトコル (SMTP、NNTP、POP3、IMAP4、HTTP) が、Microsoft Internet Information Server (IIS) のコンポーネントとして動作します。つまり、Exchange 2000 は、自らのサービスを IIS サービスと統合させるということになります。

詳細

メタベースとは、IIS および Exchange 2000 の構成値を格納するために使用される、階層型データベースです。これは、格納域メカニズムであると同時に、構成パラメータを処理するために設定されたアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) でもあります。IIS 3.0 以前では、そのような値は、レジストリを直接編集することによって設定可能です。IIS 4.0 および 5.0 では、一部の値は依然としてレジストリの編集によって設定可能ですが、メタベースにより、サーバー プロパティの設定の粒度がより高められます。サーバー プロパティは、コンピュータ、Web サイト、仮想ディレクトリ、ディレクトリ、およびファイル レベルで、メタベースを変更することによって設定可能です。

ディレクトリ サービス/メタベース同期プロセスは、サブツリー全体を、サブツリーの形状を変えずに、Active Directory からコピーします。これは、Active Directory からメタベースへの、一方向の書き込みです。メタベースが Active Directory に書き込みすることはありません。コピー時に属性の追加や計算は行われません。メタベース内の「パス」は、「キー」と呼ばれます。プロパティは、各キーで設定可能であり、各プロパティは、そのプロパティをカスタマイズする属性を持つことができます。KeyType のような識別子を含む、サブツリーのディレクトリ サービス イメージに存在するすべての識別子が、メタベース内に必要です。さらに、ディレクトリ内のオブジェクトの相対的識別名が、メタベース内のキー名に直接マップされます。

メタベースへのアクセス

メタベースにはいくつかのアクセス方法があります。ほとんどのプロパティは、Microsoft 管理コンソール (MMC) や Internet Service Manager のような管理ユーザー インターフェイス (UI) を使用して変更可能です。ただし、レジストリと同様に、変更が必要な可能性があるにもかかわらず UI には表示されない値もあります。このような値を変更するには、次のメソッドまたはユーティリティを使用します。

警告 :
MetaEdit または Mdutil の使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、IIS やオペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、MetaEdit または Mdutil の誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。これらのユーティリティは、自己の責任においてご使用ください。

メタベースの編集方法の詳細については、MetaEdit のさまざまなヘルプ トピックを参照してください。メタベースを編集する前に、MMC 用の IIS スナップインを使用してメタベースのバックアップを必ず作成してください。
  • スクリプト
  • メタベース ツール (IIS リソース キット内の Metaedit.exe、Windows NT Option Pack コンパクト ディスク上の Mdutil.exe など)
  • カスタム アプリケーション
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
269586 XGEN: Metabase Restore Procedure May Require System State Backup

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 240105 (最終更新日 2000-12-06) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 240105 - 最終更新日: 2014年2月5日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo KB240105
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com