返信するには、確認、電子メール メッセージを印刷

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2403620 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

するたびに、Outlook Express を起動して、自動的に新しい電子メール メッセージを取得し、受信トレイに配信します。 Outlook Express が開いている間は、それを新しい電子メールを定期的にチェックします。 いくつかの任意のアカウントで電子メールを確認するのには、マウス クリック以上かかる: パーソナル、Hotmail、作業時間と続きます。

詳細

受信トレイを探してください。

電子メールを確認するには、受信トレイに直接移動するのには、[] をクリックします。 でも、開く前に、Outlook Express、さまざまなメッセージについて説明します。 メッセージをスキャンすると、たとえばしていないメッセージを参照してくださいに簡単に (しているがまだハイライト太字で) の読み取り、メッセージがある添付ファイル (クリップを探します) というようにします。 下の画像での Outlook Express これはどのようにいくつかのアイデアを提供します。

元に戻す画像を拡大する
受信トレイの機能に


受信トレイの機能に

A[フォルダー一覧]メッセージの保存先のフォルダー] ボックスの一覧を示します、別のフォルダー。

B.[連絡先][連絡先] ボックスの一覧が表示されます名前、アドレス帳です。

C.[下枠][プレビュー ウィンドウを使用すると、glimpse メッセージ。

D.[!]、送信者に重要な場合に、このメッセージと判断したものに感嘆符が表示されます。

E.[クリップ]クリップを示すメッセージが添付ファイル。

F.[矢印のアイコンがほとんど返さ]エンベロープは、戻り値の印の付いたメッセージに応答されていることを示します。

G.[開かれていないメール アイコン]閉じている封筒と太字のテキストを示す開かれていないメール。

H.[メール] アイコンを開く]開いている封筒を示す開いたメール] を選択します。

注意:優先度の高いメール (が付いて、!)、または、受信者には高速取得しません。 感嘆符を送信者に重要なメッセージを考慮することはリーダー フラグだけです。

電子メール メッセージの開封

をクリックして、受信トレイ[フォルダー一覧、およびダブルクリックでメッセージを読み取り] を選択します。

して、受信トレイに表示されない場合、ビューメニューをクリックしてレイアウト、し、フォルダーボックスの一覧] を選択します。
  • をクリックして、前に、(または上)、メッセージを読む] ボタンがいる読み取り。
  • をクリックして、後に (または下) にメッセージを読む] ボタンがいる読み取り。
元に戻す画像を拡大する
Outlook Express の電子メール ボタン


Outlook Express の電子メール ボタン


電子メール メッセージに返信

  1. 下の図に示すようは、メッセージに返信するのには、次のいずれか:
    • ユーザー、ユーザーを作成するだけでメッセージを送信する返信ボタンをクリックして
    • その人のユーザーを作成、およびユーザーの受信メール (以外、[BCC] 行) のすべてのユーザーにメッセージを送信する全員へ返信] ボタンをクリックして
    • クリックして、[進む] ボタンを他のユーザーされていない受信、まだメッセージを送信するには
      元に戻す画像を拡大する
      電子メール メッセージに返信
  2. 追加または削除名で、宛先と CC 行
  3. メッセージの種類
  4. 終了している場合、[送信] ボタンをクリックして
手動で電子メールを送信。 (たとえば、オフラインで作業している場合) 何らかの理由で、Outlook Express は常に電子メールをすぐ送信ことはできません。 問題を自分の手には、かかるし、クリックする場合は、送信および受信で、ツールメニューです。 Outlook Express を瞬時に送信トレイで待機しているすべてのメッセージ送信。

電子メールの添付ファイルを開く

  1. 添付ファイルを含む電子メール メッセージを開く
  2. を右クリックしてまたはの添付ファイルをダブルクリックし、次のいずれかの操作を行います:
    • をクリックして] を開くには、ファイルを開く
    • クリックして印刷するのには、添付ファイルを開くし、すぐに印刷
    • クリックして付けて疑わしいファイルの信頼性がある場合

名前を付けて保存] ファイルを保存するフォルダーを検索してクリックして [保存] を選択します。
元に戻す画像を拡大する
電子メールの添付ファイルを開く

電子メールの添付ファイルを開く

注意してください。Outlook Express 特定の種類のウイルスを含む可能性のある添付ファイルをブロックします。 メッセージを開いたとき、Outlook Express が「へのアクセスは、次の安全でない添付ファイルを削除する」警告します。 ファイルからユーザーが、予想される場合を除いてただし、でも、保護の Outlook Express で、専門的なウイルス対策ソフトウェアを使用して、開く前に、スキャンすることができますので添付ファイルをハード_ディスクに保存するのにはお勧めします。

Web ベースの電子メール アカウントの確認

場合は、Hotmail のアカウントに加え、標準の電子メール アカウントがある Outlook Express 処理どちらも正常に、それぞれ独自の設定のフォルダー] を選択します。
  1. Web ベースの電子メール アカウントにアイコンをクリックすると、インターネットに接続されているは、[フォルダー] ボックスの一覧。
  2. クリックして、受信トレイ フォルダーのアカウントに、確認メッセージ。
元に戻す画像を拡大する
Web ベースの電子メール アカウント フォルダー


Web ベースの電子メール アカウント フォルダー

Web ベースの電子メール アカウント フォルダー

電子メール メッセージを印刷

は、プレビュー ウィンドウに表示されているか、または別のウィンドウで開いているメッセージを印刷できます。 印刷で Outlook Express は、使い慣れた Windows 環境であることがあります。 印刷するメッセージの [印刷] をクリック、し、[クリックしてオプションを選択[OK] を選択します。

元に戻す画像を拡大する
ツール バーの Outlook Express の印刷ボタン

[Outlook Express] ツールバーの印刷ボタン



プロパティ

文書番号: 2403620 - 最終更新日: 2010年9月4日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 6.0
キーワード:?
kbreceivemail kbsendmail kbmt KB2403620 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2403620
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com