システム状態のバックアップと復元の方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 240363 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP240363
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、重要なシステム データのバックアップと復元のために、Windows 2000 のバックアップ プログラムでシステム状態をオプションでバックアップする方法について説明します。ドメイン コントローラでシステム状態をバックアップする場合は、次の項目が含まれます。
  • Active Directory (NTDS)
  • ブート ファイル
  • COM+ クラス登録データベース
  • レジストリ
  • システム ボリューム (SYSVOL)
ドメイン コントローラ以外でシステム状態をバックアップする場合は、次の項目が含まれます。
  • ブート ファイル
  • COM+ クラス登録データベース
  • レジストリ
Certificate Server がインストールされた、メンバ サーバーまたはドメイン コントローラをバックアップする場合は、次の追加項目も含まれます。
  • Certificate Server
Windows 2000 バックアップでは、Windows 2000 のドメイン コントローラで Active Directory のバックアップと復元を行うことができます。バックアップ操作は、ドメイン コントローラがオンライン状態であるときに行うことができます。復元操作は、ドメイン コントローラをディレクトリ サービスの復元モードで起動した (サーバーを起動中に F8 キーを押した) 場合にのみ行うことができます。

ドメイン コントローラでシステム状態をバックアップする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。
  2. [バックアップ] タブをクリックします。
  3. [システム状態] チェック ボックスをオンにします (バックアップするコンポーネントはすべて、右側のウィンドウに表示されます。各項目を個別に選択することはできません)。

    : システム状態のバックアップ中に、Winnt\Sysvol フォルダをバックアップする必要があります。また、復元操作中にこのオプションをオンにして、復元後に sysvol を使用可能にする必要もあります。
以下の情報は、ドメイン コントローラに対してのみ適用されます。同じ方法でメンバ サーバーを復元することができますが、この場合、通常モードで行います。

以下の条件が 1 つでも当てはまらない場合は、システム状態は復元されません。バックアップはシステム状態を復元しようとしますが、成功しません。
  • %SystemRoot% フォルダを置くドライブの文字が、バックアップされたときと同じであること。
  • %SystemRoot% フォルダが、バックアップされたときと同じフォルダ名であること。
  • sysvol またはその他の Active Directory データベースが別のボリュームにあった場合は、これらのデータベースが存在し、かつドライブ文字が同じであること。ボリュームのサイズは重要ではありません。

ドメイン コントローラでシステム状態を復元する方法

  1. ドメイン コントローラでシステム状態を復元するには、まず、ディレクトリ サービスの復元モードでコンピュータを起動します。この操作を行うには、コンピュータを再起動し、ブート メニューが表示されたら F8 キーを押します。
  2. [ディレクトリ サービス復元モード (Windows 2000 DC のみ)] を選択します。
  3. 復元する Windows 2000 インストールを選択し、Enter キーを押します。
  4. ログオン プロンプトで、Dcpromo.exe の処理中に指定した、ディレクトリ サービスの復元モードのアカウント情報を指定します。
  5. [OK] をクリックして、セーフ モードを使用していることを確認します。
  6. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。
  7. [復元] タブをクリックします。
  8. 目的のバックアップ メディアと、復元するシステム状態をクリックします。

    : 復元操作中には、Winnt\Sysvol フォルダも選択して復元し、復元処理後の作業に使用する sysvol を確保する必要があります。同様に、"接続点とデータ" を復元する詳細オプションも復元前に選択されていることを確認してください。これによって、sysvol 接続点が確実に再作成されます。
  9. [ファイルの復元先] ボックスの一覧の [元の場所] をクリックします。

    : ファイルを別の場所または単一のファイルに復元することを選択した場合は、システム状態のデータがすべて復元されるわけではありません。これらのオプションは主に、ブート ファイルまたはレジストリ キーに対して使用されます。
  10. [復元の開始] をクリックします。
  11. 復元処理が完了したら、コンピュータを再起動します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
235478 デフォルト以外の%SystemRoot%が構成されたシステムドライブの修復方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 240363 (最終更新日 2005-01-25) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 240363 - 最終更新日: 2005年2月17日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowtomaster KB240363
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com