Office 365 Exchange Online メールボックスに Exchange 自動検出を使用して新規プロファイルを構成できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2404385 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Outlook の新しいアカウントの追加ウィザードを使用して Microsoft Office 365 の新規メール アカウントを設定しようとすると、Outlook プロファイルが自動設定されません。また、Outlook がユーザー プロファイルをサーバーで設定する際に、以下のエラー メッセージが表示されます。
"メール サーバーに対して、暗号化された接続を使用できません。"
Microsoft リモート接続アナライザーを使用してテストをすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
“指定された電子メール アドレスを処理できません。メールボックスおよび連絡先のみが許可されます。"

この問題は、次のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Outlook 新しいアカウントの追加ウィザードの [自動アカウント セットアップ] ページで入力した電子メール アドレスに誤りがある。
  • 使用している Outlook のバージョンで、Exchange Online への自動接続に必要なすべての更新がインストールされていない。
  • ドメインの自動検出 CNAME レコードが存在しない、または誤って構成されている。
  • Active Directory 同期を使用する組織で、オンプレミス Active Directory の同期対象ユーザーに対し、属性値 (mail、mailNickname、displayName、proxyAddresses) が正常にセットアップされていない。

解決方法

カスタム ドメインを使用している場合

Office 365 にカスタム ドメインを使用している場合、この問題を解決するには、記載されている順番に以下の方法を試みます。方法 1 で問題が解決しない場合は、次の方法に進んでください。

方法 1: Office 365 デスクトップ アプリケーションを実行する

最初に Outlook 新しいアカウントの追加ウィザードの [自動アカウントセットアップ] ページに正しい電子メール アドレスとパスワードが入力されていることを確認します。

次に、Outlook 2010 またはそれ以前のバージョンを使用している場合は、Office 365 デスクトップ アプリケーションを実行し、必要なすべての更新をインストールします。Office 365 デスクトップ アプリケーションの詳細な実行手順については、Office 365 用で Office デスクトップ アプリを使用する を参照してください。

Office 365 用に Outlook を設定する方法の詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照し、使用している Outlook のバージョンに該当する項目をクリックしてください。 注:上記の方法で問題が解決しない場合は、方法 2 へ進んでください。

方法 2: 自動検出 CNAME レコードが正しく設定されていることを確認する

Outlook が動作するには、Exchange 自動検出 CNAME レコードが適切に構成されている必要があります。Outlook を使用して Exchange Online メールボックスに接続する際は、Exchange 自動検出を構成することが強く推奨されます。Exchange Online で Outlook を接続するには、自動検出および他の DNS レコードが適切に構成されている必要があります。 管理者は、Office 365 のドメイン トラブルシューティング ウィザードまたは Microsoft リモート接続アナライザーを使用して、レコードが正しく構成されていることを確認できます。
Office 365 ドメイン トラブルシューティング ウィザード
Office 365 でドメイン トラブルシューティング ウィザードにアクセスするには、以下の手順に従います。
  1. 管理者アカウントで Microsoft Office 365 ポータルにサインインします。(https://portal.microsoftonline.com)
  2. [管理者] をクリックし、[Office 365] をクリックして Office 365管理センターを開きます。
  3. 左側のペインで [ドメイン] をクリックし、問題の影響を受けているユーザーが使用しているドメイン名を選択し、[トラブルシーティング] をクリックしてウィザードを開始します。
Microsoft リモート接続アナライザー
Microsoft リモート接続アナライザーを使用し、Exchange 自動検出が正常に動作しているかどうかを確認するには、以下の手順に従います。
  1. Web ブラウザーで、https://www.testconnectivity.microsoft.com/?testid=O365EasAutoDiscover から Microsoft リモート接続アナライザーを開きます。
  2. 必須項目をすべて入力して、[テストの実行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    リモート接続アナライザーの入力画面
  3. テストが完了したら、テストが正常に行われたことを確認します。正常に実施され問題が検出されていない場合は、自動検出は正常に動作します。テストで問題が検出された場合は、記載される手順に従って問題を解決します。

    注:ハイブリッド構成の場合は、Exchange 自動検出レコードが、オンプレミス Exchange サーバーに向けられている場合があります。詳細な情報については、「Microsoft Exchange Server 展開アシスタント」を参照してください

方法 3: Active Directory のユーザー属性値が正しく設定されていることを確認する

警告: この手順には、Active Directory Interfaces Editor (ADSI エディター) が必要です。ADSI エディターを誤って操作すると、深刻な問題が引き起こされる可能性があり、オペレーティング システムの再インストールの必要性が生じる場合があります。マイクロソフトは、ADSI エディターの誤った使用によって発生する問題の解決については保証できません。ADSI はユーザー自身の責任の下使用してください。

ADSI エディター (または類似の Active Directory 編集ツール) を使用し、以下の属性値がユーザーに正常に設定されているかどうか確認します。
元に戻す全体を表示する
属性値
mailted@contoso.com
mailNicknameted
displayNameTed Bremer
proxyAddressesSMTP: ted@contoso.com X400:c=us;a= ;p=First Organizati;o=Exchange;s=Bremer;g=Ted
上記の 1 つ以上の属性値が正しく設定されていない場合は、共通した問題が発生します。

上記属性値を正しい値に設定した後、ディレクトリ同期を強制的に実行し、Outlook でユーザーの電子メール アカウントを設定してください。

カスタム ドメインを使用していない場合

Office 365 でカスタム ドメインを使用していない場合は、Outlook 新しいアカウントの追加ウィザード、および Office 365 サインアップ時に Exchange Online メールボックスに紐付けた既定の電子メール アドレス (onmicrosoft.com) を使用して、Outlook プロファイルを設定できます。新しいアカウントの追加ウィザードを使用して新たなメール プロファイルを設定する際、<ユーザー>@<ドメイン>.onmicrosoft.com の形式で既定の Office 365 電子メール アドレス (例: kim@contoso.onmicrosoft.com) および Office 365 パスワードを入力します。

この方法は、ドメインのカスタマイズや独自ドメインの使用を計画していないお客様を対象とした、推奨される方法です。また、この方法は自動検出もサポートしており、メールボックス サーバーの場所が変更した場合は、メールボックス サーバーの場所とともに Outlook プロファイルも更新されます。


追加情報

マイクロソフトは、Outlook で Office 365 Exchange Online メールボックスへの接続を手動設定したプロファイルをサポートしていません。ただし、DNS レコードや自動検出レコードの設定などの関連問題 (「方法 2」参照) については、サポート対象範囲でのアカウントセットアップを可能にするものであるため、サポートします。?

参考資料



詳細は以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
  • 977968 : Outlook Anywhere を使用して、Exchange Server 2010 に移行された共有メールボックスを開けない (英語)
  • 2555008 : Microsoft Office 365 for enterprises 環境で Exchange フェデレーションを使用すると発生する空き時間情報 (Free/Busy) に関する問題のトラブルシュート方法
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2404385 - 最終更新日: 2014年7月10日 - リビジョン: 24.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Exchange Online
キーワード:?
o365 o365e o365a o365p o365022013 after upgrade o365062011 pre-upgrade o365m kbgraphxlink gwt guided walk through kbtshoot kbgraphic KB2404385
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com