Office 通信 Server 2007 R2 データベースの累積的な更新プログラム パッケージの説明: 11 月、2010年

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2404534
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、累積的な更新プログラム パッケージには日付が 11 月、2010 Microsoft Office 通信 Server 2007 R2 の修正は、Microsoft Office Communications Server 2007 R2 データベースの問題について説明します。

メモさらに、Microsoft SQL にこの更新プログラム パッケージを適用します。Office 通信 Server 2007 R2 サーバー スクリプト。

この資料で、更新プログラム パッケージに関する以下の項目をについて説明します。
  • 更新プログラム パッケージで修正される問題
  • この更新プログラムをインストールするための必要条件パッケージです。
  • インストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますか更新プログラムのパッケージです。
  • 更新プログラム パッケージは、他の置き換えられますかどうかパッケージを更新します。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • 更新プログラム パッケージに含まれるファイル。

はじめに

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラム パッケージは、以下の問題が修正されます。
  • 2445705LcsCmd.exe コマンド ライン ツールを使用して、Office 通信 Server 2007 R2 監視サーバー] と [Office 通信 Server 2007 R2 アーカイブ サーバーを起動できません。
  • 2449149Office 通信 Server 2007 R2 ABS 構成ツールを使用して構成した後で WMI 設定および Active Directory の属性を既定値にリセットされます。
  • 2509059不在時のメッセージが Office Communicator のメモを入力] ボックスから削除されます。
この累積的な更新次以前もリリースされた更新プログラム:
  • 983567KB 資料 979857 に記載されている累積的な更新プログラム パッケージをインストールすると、更新処理が失敗しました。
  • 981215Office 通信 Server 2007 R2 グループ チャット クライアントでチャットのチャンネルが使用不能します。
  • 981247Office 通信 Server 2007 R2 と SQL Server を頻繁に SQL デッドロックをレポートします。
  • 972725通信 Server 2007 R2 に「マイ会議」会議に参加しようとすると、エラー メッセージ:「残念。会議を転送できません」
  • 9783772009 年 7 月、日、Office 通信 Server 2007 R2 データベースの更新プログラム パッケージをインストールするときに、エラー メッセージ:「エラー 1722年」
  • 978362強化されたプレゼンス ユーザーに同時に多くのレガシ プレゼンス ユーザーに変換されるときに Office 通信 Server 2007 R2 のパフォーマンスの問題が発生します。

詳細

この資料に記載されている累積的な更新をインストールする必要があります。それ以外の場合は、次の累積的な更新プログラムをインストールした後、Office 通信 Server 2007 R2 サービスを開始可能性があります。
2404547累積的な更新プログラムの Office 通信 Server 2007 R2 の説明: 11 月、2010年

パッケージ情報を更新します。

Microsoft ダウンロード センター

次に、ファイルがマイクロソフト ・ ダウンロードからのダウンロードでください。センター:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードOCS2009 DBUpgrade.msi パッケージ今すぐします。
リリース日: 11 月 2010

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
Microsoft ではこのファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

サポートに連絡して

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題のみを修正するためのもの。適用この修正プログラムに記載されている問題が発生しているシステムのみこの記事では。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって場合は、深刻な影響がこの問題では、私たちまで待つことをお勧めは、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新。

この修正プログラムの場合ダウンロードは、「修正プログラムのダウンロード"セクションは、この技術の先頭。このセクションが表示されない場合にお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手します。

メモその他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金追加の質問およびの対象とならない問題について適用されます。この特定の修正プログラムです。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するを参照してください、次のマイクロソフト web サイト:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ「修正プログラムのダウンロード」フォーム言語を表示します。どの修正プログラムが利用可能です。お使いの言語が表示されない場合は、その理由は、修正プログラムがその言語で利用可能です。

前提条件

この更新プログラム パッケージを適用するには、次のアプリケーションをインストールする必要があります。
  • Office 通信 Server 2007 R2 管理ツール
  • SQL クライアント ツール
  • SQL 2008 クライアント ツールをインストールする場合は、SQL 2005 SP2 の後方互換性もインストールする必要があります。
この更新プログラムをインストールする前に、Office 通信 Server フロント エンド サービス (rtcsrv) を停止する必要があります。

要件を再起動します。

この更新プログラム パッケージの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

パッケージの置き換えに関する情報を更新します。

この修正プログラム パッケージは、2032834 の修正プログラム パッケージを置き換えます。
  • 2032834Office 通信 Server 2007 R2 データベースの累積的な更新プログラム パッケージの説明: 7 月、2010年

レジストリ情報

いずれかを使用するのには更新プログラム パッケージをこのパッケージに、任意に変更する必要はありませんがレジストリ。

パッケージのインストール情報を更新します。

メモこのアップデートは、Office Communications Server をインストールする前にフロント エンドでのサービス (rtcsrv) が停止します。

インストール情報は、データベースの更新を適用するサーバーの役割によって異なります。します。

通信 Server 2007 R2 の Standard エディション

次のサーバーにこの更新プログラムをインストール、Office 通信 Server 2007 R2 を実行しています。
  • 標準のエディションのサーバー
  • ディレクター (標準エディション)
この更新プログラムをインストールするには、OCS2009 DBUpgrade.msi ファイルを実行します。直接。

Office 通信 Server 2007 R2 エンタープライズ エディション (EE)

オフィスからデータベースの更新をインストールすることができます。通信 Server 2007 R2 の Enterprise Edition バックエンド、またはオフィスから通信 Server 2007 R2 エンタープライズ版フロント エンド。しかし、私たちオフィスのコミュニケーションから、データベースの更新をインストールすることを推奨します。サーバー 2007 R2 の Enterprise Edition バックエンド。

データベースをインストールするのには更新する Office 通信 Server 2007 R2 エンタープライズ版では、種類の次のコマンド:
OCS2009 DBUpgrade.msi POOLNAME =Poolname
場所Poolnameは、エンタープライズ版のプールの名前です。

メモ通信 Server 2007 が R2 (バック エンド) 更新 2404534 を新しいサーバーにインストールされている office を実行しているサーバーから、データベースを移動した場合は通信 Server 2007 R2 (バック エンド) が実行されている、新しいサーバーに更新プログラムを再適用する必要があります。

プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムを削除することはできません。更新プログラムを削除するには、[使用する必要があります。削除し、通信 Server 2007 R2 を再インストールします。次に、指示のみの一覧から、更新プログラムを削除するヘルプします。追加または削除します。プログラムコントロール パネル.

Office 通信 Server 2007 R2 の標準エディション

この更新プログラム パッケージの更新プログラムを削除します。から追加またはプログラムを削除します。次のサーバーのいずれかにその Office 通信 Server 2007 R2 を実行しています。
  • 標準のエディションのサーバー
  • ディレクター (標準エディション)
この更新プログラム パッケージからのリストの更新プログラムを削除するには追加またはプログラムを削除します。は、OCS2009 DBUpgrade.msi を実行します。ファイルです。

メモをクリックして[OK]場合は、次のメッセージが表示されます。
25, 000 を警告します。この更新プログラム パッケージに変更を加え、データベース スキーマを削除することはできません。続行すると、削除されます、更新プログラム パッケージ プログラムの追加と削除] ボックスの一覧で、変更からが保持されます。データベースのスキーマでは。続行しますか。

Office 通信 Server 2007 R2 エンタープライズ エディション

この更新プログラム パッケージからのリストの更新プログラムを削除します。追加またはプログラムを削除します。次のサーバーのいずれかで、Office 通信 Server 2007 R2 を実行しています。
  • Enterprise Edition (バックエンド)
  • ディレクター (Enterprise Edition) バックエンド
この更新プログラム パッケージからのリストの更新プログラムを削除するには追加またはプログラムを削除します。Microsoft の SQL のバック エンドからサーバー サーバーで次のコマンドを実行:
OCS2009 DBUpgrade.msi POOLNAME poolname =
場所Poolnameは、エンタープライズ版のプールの名前です。

メモをクリックして[OK]次のようが表示されたらメッセージ:
25000.This 更新プログラム パッケージの警告の変更データベースのスキーマを削除することはできません。続行すると、削除します。更新プログラムのパッケージ プログラムの追加と削除] ボックスの一覧で、変更からします。データベース スキーマに残ります。続行しますか。

ファイル情報

この更新可能性がありますいません。完全に、製品を更新する必要がありますすべてのファイルが含まれている、最新のビルド。この更新プログラムには修正するために必要ファイルのみが含まれています。この問題はこの資料に記載されています。

この更新プログラムをインストールした後、グローバルのバージョンのこの更新プログラムは、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性が、次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Dbcommon.sql該当なし20,22629-6 月-200910: 55該当なし
Dbqfeupdate.wsf該当なし11,84702-11 月-201017: 13該当なし
Dbrtc.sql該当なし1,088,64012-11 月-201012: 00該当なし
Dbrtcdyn.sql該当なし28,79312-11 月-201012: 00該当なし
Dbsetup.wsf該当なし109,49312-11 月-201012: 00該当なし
Dbupgrade.wsf該当なし38,93429-6 月-200905: 29該当なし
Roles.sql該当なし83812-11 月-201012: 00該当なし
Types.sql該当なし54112-11 月-201012: 00該当なし

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして、次の資料番号を表示するのには、資料では、マイクロソフト サポート技術。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
通信 Server 2007 R2 の最新の更新プログラムの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
968802通信 Server 2007 R2 の更新

プロパティ

文書番号: 2404534 - 最終更新日: 2011年3月7日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2404534 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2404534
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com