作成し Outlook Express を使用して電子メール メッセージを送信

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2406757 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

で Outlook Express を作成したり、下書きを作成して終了し、送信後に戻る、と、電子メール メッセージを送信できます。 ファイルのサイズで、メッセージで囲むことができる場合についてのみ制限されて、ドキュメント、画像、偶数の音楽およびビデオ] を選択します。

詳細

の電子メール アドレス letter-perfect ために、目的の宛先に到達すると、メールは、Outlook Express を正確にメッセージをアドレス指定オプションが豊富です。 いくつかの文字で、ユーザーの名前の入力、またはCC(カーボン コピー) の明細行、および、[Outlook Express に自動的に提供完全なアドレスから、アドレス帳。


  1. をクリックして、メールの作成ボタン。
    元に戻す画像を拡大する
    メール ボタンの作成

    [メールの作成] ボタン
  2. で、、相手の名前の最初の数文字以下に示すようボックスに入力します。 Outlook Express に名前を提案すると、キーを押して、入力キー。

    名前をアドレス帳にない場合は、完全な電子メール アドレスを入力します。 大文字と小文字は関係しない、およびスペースはいけませんアドレスで。
  3. 繰り返し手順 2 の人ごとに、メッセージを送信する名前カンマまたはセミコロンで区切る
  4. 電子メールのコピーを送信するには、手順 2 と 3 に従います、CCボックス
    元に戻す画像を拡大する
    新しい電子メール メッセージの宛先と CC フィールド
  5. 型は、簡単なメッセージの件名を以下に示すようにします。 Outlook Express が通知、これを忘れた場合。
  6. 領域で、メッセージをクリックし、次のようにメッセージを入力します。
  7. クリックして送信します。次のようにします。
と Outlook Express には、任意の名前の確認が求められますで正しい名前をクリックして、[名前の確認ボックス、およびクリック[OK].

元に戻す画像を拡大する
電子メール メッセージの件名、本文し、送信] ボタン

電子メール メッセージの件名と本文、および [送信] ボタン

保護プライバシーの受信者の電子メール アドレス。人の大きなグループに電子メールを送信するのには、親切-電子メール アドレス、ジョーク、およびなどの変更-受信者の名前を格納すること、BCC(ブラインド カーボン コピー) の行です。 名前と電子メール アドレス、BCC 行にするすべてのユーザーにメッセージを受信するときに非表示にされて。 受信者がメッセージを開いたときに、差出人の名前のみ ([宛先] 行) が表示されます。 BCC 行に表示されていない場合は、ビューメニューをクリックしてすべてのヘッダー。 名、BCC 行に追加するのには、手順 2 を上記の指示に従って

書き込みは、電子メール メッセージを送信して後で

は、コンピューター、インターネットから切断されているときに電子メールを作成できます。 手順に従って、書き込みは、電子メール メッセージを送信して今すぐ」を参照します。

クリックすると送信します。、Outlook Express により、メッセージに格納するを知っている、送信トレイ: そうでは、[フォルダー一覧で、し、オンラインに切り替えたとき、自動的に送信します。

保存電子メール。を Outlook Express も自動的に保存メッセージでの場合は、コンピューターのメッセージが予期せずシャット ダウンを待機するために作成するときに、下書きフォルダー。 余分な安全のために、それは悪い考えではありません、特に重要なメッセージの-を作成するときに、電子メール メッセージを保存するのには。 これを行うには、クリックして保存します。ファイルメニュー] を選択します。

送信電子メール メッセージでは、急いで

場合は Outlook Express しない送信電子メール メッセージ、たいできるだけすばやく、問題に手に、その方法の高速化を実行できます。

をクリックして、送信/受信ボタン。

Outlook Express すぐにすべてのメッセージが送信トレイに送信 (とすべてのメッセージは、インターネット サービス プロバイダーから取得) します。
元に戻す画像を拡大する
[送受信] ボタン

送信/受信] ツールバーが Outlook Express

電子メール メッセージにファイルを添付

そう簡単にファイルを添付するのには、メール-赤ちゃん、coauthoring している用紙、税ファイルには、統計、または、お気に入りの曲の画像。 はなく用紙のクリッピングのようなものにする文字の。

  1. メッセージ ウィンドウで、クリックして、添付します。ボタン。
    元に戻す画像を拡大する
    [アタッチ] を [電子メール] ツールバー

    [アタッチ] を [電子メール] ツールバー
  2. 、次のように添付するファイルが見つかるまで移動します。
  3. ファイルをクリックし、次のように、[アタッチ] をクリックする。
1 つ以上のファイルを囲むために必要な場合は、手順 1 〜 3 を繰り返します。

元に戻す画像を拡大する
添付ファイル ボックス

添付ファイル ボックス
  1. 場合は、していないが、メッセージを終了し彼をクリックして送信します。ボタン。
    元に戻す画像を拡大する
    添付ファイル フィールド添付ドキュメントを表示

    添付ファイル フィールド添付ドキュメントを表示
  2. 添付ファイルを表示します。(!)ここでは、メッセージにします。

ファイル サイズ事項。それらを送信する前にファイルのサイズをチェックします。 メガバイトまたは拡大する場合は、できる、またはファイルを受信するかどうかは、受信者を確認するについて考えてみてください。 または、それらを送信する前に大きなファイルを圧縮することを検討します。 一部の Office プログラムの圧縮機能を含める、または、サードパーティ プログラムを使用して圧縮ファイル。




プロパティ

文書番号: 2406757 - 最終更新日: 2010年9月9日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 6.0
キーワード:?
kbsendmail kbmt KB2406757 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2406757
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com