Mac 2011 を outlook がクラッシュしたり、起動時にハングします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2409331 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Mac 2011 を Outlook を起動すると、アプリケーションがクラッシュまたはハングします。

解決方法

重要特定のファイルの場所は、Service Pack 2 (SP2) がインストールされている場合は別です。確認するインストールされている場合、Word を開き [ Word ] メニューの [ Word について] をクリックします。バージョン番号が 14.2.0 の場合またはそれ以降のサービス パック 2 があり、この資料に記載されている場合、Service Pack 2 の手順を従う必要があります。

手順 1: QuitOutlook とその他のすべてのアプリケーション

アクティブなアプリケーションを終了するには、以下の手順を実行します。
  1. 選択強制終了アップルメニュー (またはキーを押します コマンド - オプション - Esc).
  2. 「強制終了アプリケーション」ウィンドウでアプリケーションをを選択します。
    注: Finderを終了することはできません。
  3. [強制終了] をクリックします。
  4. すべてのアクティブなアプリケーションを終了するまで、この手順を繰り返します。
注: アプリケーションが強制終了、開いているドキュメントに未保存の変更は保存されません。

元に戻す画像を拡大する
強制終了アプリケーションのスナップショット



Mac 2011 を Outlook を再度起動してみます。問題が引き続き発生する場合、次の手順に進みます。

ステップの実行中のスケジュール ortrying をメール サーバーに接続することがなく、2:OpenOutlook 2011

保留中の送信/受信アクション アカウントの設定に問題が関連するかどうかを判断する方法は、スケジュールを実行するか、メール サーバーに接続しようとしても Outlook を開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. キーを押して、 Shift キーキーとし、ドッキング ステーション上の Outlook アイコンをクリックします。これにより、Outlook からメールを送受信します。
  2. Outlook を終了します。
  3. Outlook を開きます。
問題が引き続き発生する場合、次の手順に進みます。

3:Verifythe Outlook ユーザーの手順

Office 2011 フォルダー内の Outlook のデータベースとデータのレコードが格納されます。デスクトップにフォルダーを移動して Outlook が新しいデータベースを作成自動的にします。Outlook が、問題なく開く場合 Outlook データベースのトラブルシューティングを行うことが出来ます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。
  3. ドキュメントを開き、[ Microsoft ユーザー データを開きます。
  4. Office 2011 ユーザーは、デスクトップにドラッグします。
  5. Outlook を開きます。
問題が解決すると、問題を Outlook データベースに関連します。ときの Outlook のデータベースを修復します。これには、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示します。

2360509 Outlook 2011 の Mac のユーザーのデータベースのトラブルシューティングを行う方法

問題が引き続き発生する場合、次の手順に進みます。

手順 4: Outlook の環境設定を削除します。

この手順は、破損した Outlook の設定によって問題が発生するかどうかを確認します。設定をデスクトップに移動、以下の手順を実行します。
  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。
  3. ライブラリを開きます。
    メモ MAC OS X のライオンではライブラリのフォルダーは表示されません。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。

  4. 環境設定を開き、次のファイルをデスクトップにドラッグし。
    • com.microsoft.Outlook.plist
    • com.microsoft.outlook.database_daemon.plist
    • com.microsoft.outlook.database_utility.plist
    • com.microsoft.outlook.office_reminders.plist
    • com.microsoft.Outlook.SyncServicesPreferences.plist
    注: これらのファイルのいずれかが見つからない場合は、次に進みます。いくつかのこれらのファイルが作成されていない、Outlook 機能を使用しない場合。
  5. Outlook を開きます。問題が発生するでしょうか。

    いいえ、エラーは発生しなくなった。
    移動したファイルの 1 つは、問題が発生します。ファイルを特定するには、以下の手順を実行します。
    1. Outlook を終了します。
    2. ファイルを移動元の場所。
    3. OpenOutlook。

      エラーが再発する場合は、ファイルを移動したが問題の原因です。このファイルをゴミ箱にドラッグします。

      エラーが発生しない場合は、ファイルを特定するまで、手順 A C からを繰り返しを続行します。

    はい、エラーが発生します。
    Outlook を終了し、ファイルの元の場所に移動します。次の手順に進みます。
  6. すべてのアプリケーションを終了します。
  7. [移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。
  8. ライブラリを開きます。
    メモ MAC OS X のライオンではライブラリのフォルダーは表示されません。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。
  9. 環境設定を開きます。
    注: Service Pack 2 がインストールされている場合は、初期設定ではなくアプリケーションのサポートを開きます。
  10. マイクロソフトを開きOffice 2011を開きます。次のファイルをデスクトップにドラッグします。
    • Outlook の設定
    • OfficeSync 環境設定
    注: これらのファイルのいずれかが見つからない場合は、次に進みます。いくつかのこれらのファイルが作成されていない、Outlook 機能を使用しない場合。
  11. Outlook を開きます。問題が発生しますか。

    いいえ、エラーは発生しなくなった。
    移動したファイルの 1 つは、問題が発生します。ファイルを特定するには、以下の手順を実行します。
    1. Outlook を終了します。
    2. ファイルを移動元の場所。
    3. OpenOutlook。

      エラーが再発する場合は、ファイルを移動したが問題の原因です。このファイルをゴミ箱にドラッグします。

      エラーが発生しない場合は、ファイルを特定するまで、手順 A C からを繰り返しを続行します。

    はい、エラーが発生します。
    Outlook を終了し、ファイルの元の場所に移動します。「手順 5: クリーン ブートまたはセーフ モードします。」

手順 5: クリーン ブートまたはセーフ モード

詳細についてはクリーンなオペレーティング システム (OS) の起動、マイクロソフト サポート技術記事を表示する方法。

2398596バック グラウンド プログラムが Office for Mac に干渉するかどうかを確認するのには、クリーン ブート (セーフ モード) を実行します。

問題が引き続き発生する場合、次の手順に進みます。

手順 6: 新しいユーザー アカウントを作成します。

場合によっては、特定のユーザーの情報が破損している可能性があります。かどうかをこのような場合、ユーザーに新たにログオンまたは、新しいユーザー アカウントを作成して、アプリケーションをテストします。手順と、新しいユーザー アカウントを作成する方法については、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示します。

2439218 Office for Mac アプリケーションのトラブルシューティングを行うには、ユーザー アカウントのテスト

プロパティ

文書番号: 2409331 - 最終更新日: 2013年10月10日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2011 for Mac
キーワード:?
dftsdahomeportal kbmt KB2409331 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2409331
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com