Office Project 2007 修正プログラム パッケージ (プロジェクトの X-none.msp) の説明: 2010 年 10 月 26日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2412260 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2010 年 10 月 26 日公開の Office Project 2007 修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Project 2007 の問題について説明します。

この資料では、この修正プログラム パッケージに関する以下の情報について説明します。:
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題。
  • この修正プログラム パッケージのインストールの必要条件。
  • この修正プログラム パッケージのインストール後にコンピュータを再起動する必要があるかどうか。
  • かどうか、修正プログラム パッケージは他の修正プログラム パッケージによって置き換えられます。
  • レジストリの変更が必要かどうか。
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。

概要

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Office Project 2007 で無効なデータが含まれているプロジェクトを開くし、プロジェクトを閉じるしようと、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。

  • 以下のシナリオを考えます。。 Office Project 2007 で、タスクのレベルのタスクの時間配分コストは、編集します。 次に、時間配分コストを編集するのには、割り当ての平準化をロール フォワードします。 このシナリオでは、時間配分ビューは正しく表示されません。

  • Office Project 2007 でタスクの期間を変更しでプロジェクトを保存しよう、Microsoft Project 2000-2003 (*.mpp)形式は、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft Office プロジェクトです。
    コマンドの実行中に予期しないエラー発生しました
  • 以下のシナリオを考えます。。 例外を追加します。作業時間Office Project 2007 でのリソースの予定表にします。 ただし、例外その期間としてで既に指定されて非稼働時間リソースの基本カレンダー。 このシナリオでは、プロジェクトがクラッシュします。

  • ロシアの通貨として Office Project 2007 で既定の通貨に設定した場合、エンタープライズ アウトライン コードが正しく表示されません。

  • 以前には、ローカル システムから以前のバージョンのプロジェクト ファイルを開いたときに、編集および最新バージョンの Project Web Access (PWA) で保存された同じプロジェクト ファイルを更新できません。

  • 以下のシナリオを考えます。。 PWA で複数値ルックアップ テーブルによって駆動される必須のエンタープライズ ユーザー設定フィールドを構成します。 次に、プロジェクト計画を作成し、文字の制限を超える文字は、ローカル システムでが含まれている複数の値を選択します。 このシナリオでは、プロジェクト計画を保存すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    すべての必須フィールドの値になるまでプロジェクトはこのプロジェクトを保存できません。
    プロジェクトを Project Server に保存する前に、すべての必要なプロジェクトおよびタスク フィールドの値を指定する必要があります。
    タスク シートで列としてフィールドを挿入し、値を編集したりプロジェクトまたはタスク情報] ダイアログ ボックスでこれらのフィールドを指定します。
  • 以下のシナリオを考えます。。 プロジェクト ファイルの保存、Microsoft Office Project 2007 (*.mpp)プロジェクトの 2010 年に書式を設定します。 次に、クリックして、名前を付けてください。Office Project 2007 でプロジェクトを保存するのには、[ボタン] をクリックします。 Offie Project 2007 でプロジェクトを再び開くと、このシナリオでは、プロジェクト内のデータが壊れています。

  • PWA でプロジェクト計画のタスクの更新を承諾すると、Office Project 2007 でプロジェクトを開きます。 この場合、以下のエラー メッセージが表示されます。:
    操作とタイムシートから更新された実績作業時間の同期化は、プロジェクト内になる可能性があります。 同期させることができます: 同期の同期で、[進捗管理] メニューの [実績作業時間には、実績作業時間またはプロジェクトを保存すると、実績作業時間を同期します。
  • 以下のシナリオを考えます。。 [Microsoft Office Project Server 2007 のエンタープライズ ユーザー設定フィールドが含まれているエンタープライズ プロジェクトを開きます。 エンタープライズ プロジェクト エンタープライズ参照テーブルでは、ローカル システムで実行されます。 このシナリオでは、エンタープライズ ユーザー設定フィールドの値が正しく表示されます。 具体的には、そのローカル参照テーブルの値は置き換えられます。

  • コピーして、マスター プロジェクトからサブプロジェクトで Office Project 2007 でデータを貼り付けるときは、プロジェクトがクラッシュします。

  • クリックすると、予定表をコピーする際、予定表をコピーします。PWA Office Project 2007 用のボタンです。 ただし、コピーからの要求を作成した、新しい予定表のエントリが壊れています。 さらに、新しい予定表エントリを編集できません。

  • Office Project 2007 では、プロジェクトを開くと、プロジェクト間リンクダイアログ ボックスは表示されません。

  • Office Project 2007 でマスター プロジェクトにサブプロジェクトのプロジェクトのタスクを挿入します。 ただし、値には達成値マスター プロジェクト内のフィールドとは異なる値から、達成値サブプロジェクト内のフィールド。

  • Office Project 2007 では、プロジェクトを保存し、[プロジェクトを再びすると、プロジェクトのデータが壊れています。 具体的には、データが存在しないか正しく表示されなくなります。

  • 保存 Office Project 2007 のいくつかのプロジェクトを保存しようとすると処理が、最初の試行に失敗します。 さらに、次のエラー メッセージ ULS ログまたはイベント ログで受信します。
    ジョブの種類: 保存
    エラー ID: 12005(0x2EE5)
    エラーの説明: メッセージを処理するキューでした。
    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。プロジェクト ドキュメントをローカル キャッシュにない場合は、この問題は発生しません。

詳細

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。。 この資料に記載された障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 をインストールするにはこの修正プログラム パッケージを適用する必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
9495832007 Office サーバー製品を最新の Service Pack の入手方法

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。。

レジストリについて

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。。 この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正する必要がありますファイルのみが含まれています。

グローバルこの修正プログラム パッケージを使用して、Microsoft Windows インストーラーのバージョンのパッケージ、修正プログラム パッケージをインストールします。 以下の表に記載されているファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で記載されています。。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンコントロール パネルの [日付と時刻] タブ。

32 ビットのファイル情報
ダウンロード情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
オフィス-kb2412260-fullfile-x 86-glb.exe12.0.6548.500010,238,59209-10 月-201008: 55x86


Microsoft Windows インストーラ .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
プロジェクト-x-none.msp適用できません。9,436,1602010-08-10 月22: 08適用できません。


プロジェクト-x の none.msp 情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Atlconv.dll12.0.6546.5000907,09621-9 月-201012: 09x86
Pj11od11.dll12.0.6546.50001,329,06414-9 月-201017: 11x86
Serconv.dll12.0.6546.5000735,09614-9 月-201017: 11x86
Winproj.exe12.0.6548.500017,471,3442010-08-10 月18: 30x86


関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2412260 - 最終更新日: 2010年10月27日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2412260 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2412260
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com