Windows 2000 に現在存在しないデバイスがデバイス マネージャーに表示されない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 241257 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241257
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは 2010 年 7 月 13 日で終了しています。Windows 2000 からの移行をご検討のお客様は、Windows 2000 エンド・オブ・サポート ソリューションセンターを参照してください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

デバイス マネージャーで [表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] をクリックして有効にすると、プラグ アンド プレイではないデバイス、ドライバー、プリンターのみが表示されます。コンピューターに接続されていないインストール済みデバイス (USB デバイス、"ゴースト" デバイスなど) は、[非表示のデバイスの表示] を使用しても、デバイス マネージャーに表示されません。

回避策

[非表示のデバイスの表示] を使用したときに発生するこの問題を回避して、ゴースト デバイスを表示するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ] の順にポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで次の行を入力します。各行の最後で Enter キーを押します。
    set devmgr_show_nonpresent_devices=1
    cd\%SystemRoot%\System32
    start devmgmt.msc
    %SystemRoot% には Windows 2000 がインストールされているフォルダーを指定します。

  3. 必要に応じて、デバイス マネージャーでデバイスとドライバーのトラブルシューティングを行います。

    : コンピューターに接続されていないデバイスを表示するには、最初にデバイス マネージャーで [表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] をクリックする必要があります。
  4. トラブルシューティングを完了したら、デバイス マネージャーを終了し、[コマンド プロンプト] ウィンドウを閉じます。ウィンドウを閉じると、手順 2. で設定した環境変数がクリアされて、[非表示のデバイスの表示] を使用したときにゴースト デバイスが表示されなくなります。
: デバイス マネージャーを終了し、[コマンド プロンプト] ウィンドウを閉じると、devmgr_show_nonpresent_devices=1 の環境変数がオフになり、ゴースト デバイスは表示されません。

この機能が常に有効になっている必要がある開発者やパワー ユーザー向けに、その他の方法として、この環境変数をグローバルに設定する方法もあります。

このページで環境変数をグローバルに設定するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50606


注意事項
  • パッケージを実行した後で、現在コンピューターに接続されていないデバイスを表示するには、最初にデバイス マネージャーの [表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] チェック ボックスをオンにする必要があります。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する



具体的には次の手順を実行します。
  1. [マイ コンピューター] を右クリックします。
  2. [プロパティ] をクリックします。
  3. [詳細] タブをクリックします。
  4. [環境変数] をクリックします。
  5. [システム環境変数] ボックスで変数を設定します。
: この方法は、現在コンピューターに存在しないが、必要なデバイス (ラップトップ コンピューターに現在接続されていない USB デバイスやドッキング ステーションなど) をユーザーが誤ってアンインストールすることを避けるためのトラブルシューティングまたは開発を目的とする場合にのみ使用してください。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ (英語) にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

状況

この動作は仕様です。

詳細

デバイス マネージャーには、表示されている通常のデバイスの他に、2 種類の非表示のデバイスがあります。
  • 通常の非表示のデバイス (プラグ アンド プレイではないドライバー、プリンターなど)
  • ゴースト デバイス (現在コンピューターに接続されていないデバイス)
:「回避策」に記載されている方法は、ユーザーに関連した、デバイスとインストール済みのドライバーの問題をトラブルシューティングすることを目的として、サポート担当者だけが使用してください。

プロパティ

文書番号: 241257 - 最終更新日: 2011年5月17日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbnofix kbprb kbfixme kbmsifixme KB241257
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com