[XADM] CDO/MAPI アプリケーションが Exchange Server 上のメッセージにアクセスするときにメモリが不足する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 241278 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241278
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

MAPI (Messaging Application Programming Interface) または CDO (Collaboration Data Objects) アプリケーションから、特定のメッセージに対して MAPI または CDO の操作を実行するときに、エラー MAPI_E_NOT_ENOUGH_MEMORY (E_OUTOFMEMORY = 0x8007000E と定義されています) が返されることがあります。

ユーザーに次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
この操作を実行するのに十分なメモリがありません [Microsoft Exchange Server Information Store - [E_OUTOFMEMORY(8007000E)]]

原因

Exchange Server インフォメーション ストアは、クライアントのリモート プロシージャ コール (RPC) 要求に対して、RPC データに必要なバッファ サイズが、許可されている最大バッファ サイズ (32 KB) を超えていることを示す RPC 応答を返すことがあります。クライアントでは、"無効な" バッファ サイズをセットアップするこの要求がメモリ エラーとして処理されます。

解決方法

この問題を解決するには、Exchange Server 5.5 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
191014 [XGEN] 最新の Exchange Server 5.5 Service Pack の入手方法
下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
x86:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Q248838jpnI.EXE
Alpha:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Q248838jpnA.EXE
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

状況

マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange Server 5.5 の問題として認識しています。 この問題は、Exchange Server 5.5 Service Pack 4 で最初に修正されました。

詳細

特定の制限が設定されている状態では、Exchange Server インフォメーション ストアは、クライアントの RPC 要求に対して RPC 応答を返し、この要求に対してクライアントによって最初に設定されたバッファ サイズが不十分であることをクライアントに通知することがあります。サーバーの RPC 応答では、この通知に "ropBufferTooSmall" 文字列が使用され、必要なバッファ サイズも示されます。クライアントでは、通常、応答に適したサイズのバッファを設定して再度要求が行われるので、クライアントにおいてこれ自体が問題となることはありません。通常は正常に実行されます。

この問題は、実際に必要なバッファ サイズがインフォメーション ストアによって計算される際に、一部のバッファについてオーバーヘッドが適切に計算されない場合に発生します。そのため、インフォメーション ストアの応答で、必要なバッファ サイズが RPC バッファ サイズの最大許容量を超えていることが示されます。その場合は、MAPI アプリケーションまたは CDO アプリケーションから "メモリ不足" に関するエラーが報告されることがあります。

プロパティ

文書番号: 241278 - 最終更新日: 2014年2月13日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbhotfixserver kbqfe kbbug kbexchange550presp4fix kbexchange550sp4fix kbfix kbgraphxlinkcritical kbqfe KB241278
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com