Windows 2000 に分散ファイルシステム (DFS) をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 241452 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241452
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

分散ファイル システム (DFS) は、複数のサーバーにわたってファイルを分散し、ユーザーには、あたかもネットワークの一個所にファイルが存在しているように、見えるようにするために使用されます。この機能のため、ユーザーは、ファイルにアクセスするために、ファイルが実際に格納されている物理的な場所を知ったり、指定する必要はありません。DFS はスタンドアロンまたはドメインベースとして実装できます。ドメインベースの DFS には次の利点があります。
  • Windows 2000 は Active Directory で DFS トポロジを自動的に公開し、ドメインの全サーバーのユーザーに見えるようにします。
  • 管理者は、ドメイン内の複数のサーバーに DFS ルートと共有フォルダを複製することができます。そのようにして、ユーザーは、ファイルが格納されている物理サーバーの 1 台が仮に利用できなくなったとしても、目的のファイルにアクセスすることができるようになります。

DFS アーキテクチャ

Windows 2000 のサーバー ベースの DFS コンポーネントに加えて、クライアント ベースの DFS コンポーネントもあります。DFS クライアントは、管理者によって構成された特定の時間の間、 DFS ルート または DFS リンクに対する紹介をキャッシュします。DFS クライアントを実行するコンピュータは、DFS ルートをホストするサーバーと同じドメインのメンバである必要があります。DFS クライアント コンポーネントは、多数の異なる Windows プラットフォームで動作します。
プラットフォーム :DOS、Windows 3.x、Windows for Workgroups、NetWare
DFS クライアントのホスト : No
DFS ルートのホスト : No

プラットフォーム : Windows 95
DFS クライアントのホスト : Yes、DFS 4.x と 5.0 アドオンのクライアントが必要
DFS ルートのホスト : No

プラットフォーム : Windows 98
DFS クライアントのホスト : Yes、DFS 4.x と 5.0 (スタンドアロン) クライアントが含まれる ; DFS 5.0 アドオン (ドメイン ベース) のクライアントが必要
DFS ルートのホスト : No

プラットフォーム : Windows NT 4.0 と Service Pack 3
DFS クライアントのホスト : Yes、DFS 4.x と 5.0 (スタンドアロン) クライアントが含まれる
DFS ルートのホスト : Yes、スタンド アロン サーバーのみ

プラットフォーム : Windows 2000
DFS クライアントのホスト : DFS 5.0 クライアントが含まれる
DFS ルートのホスト : Yes、スタンドアロンとドメイン ベースのサーバーまたはコントローラ

詳細

メンバ サーバーまたはドメイン コントローラは DFS ルートをホストするのに使われることがありますが、ホスト サーバーは、1 つのDFS ルートにだけ制限されています。DFS ルートは、ファイル アロケーション テーブル (FAT) パーティションにあることもありますが、Windows NT ファイル システム (NTFS) パーティションは、セキュリティ上の大きな利点だけでなく、DFS 共有フォルダの同期に対するサポートを提供します。

DFS ルートを作成する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックして [プログラム] の [管理ツール] をポイントします。次に [分散ファイル システム] をクリックします。
  2. [操作] メニューで、新しい [DFS ルート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [DFS ルートの種類の選択] ウィンドウで、[ドメイン DFS ルート] をクリックするか、[スタンドアロン DFS ルート] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  4. ドメイン ベース DFS ルートを作成する場合、DFS ルートを作成するドメインの名前をクリックして、[次へ] をクリックします。
  5. DFS ルートのホスト コンピュータの名前を入力するか、[参照] をクリックしてサーバー名を選択して、[次へ] をクリックします。
  6. [DFS ルート共有の指定] ウィンドウで、既存の共有フォルダをクリックするか、または作成する新しい共有フォルダのパスと名前を指定して、[次へ] をクリックします。
  7. DFS ルートの既定の名前を受け付けるか、または新しい名前を指定して、[次へ] をクリックします。
  8. 終了をクリックし、新しい DFS ルートを作成します。
  9. コンピュータを再起動します。
メモ : 追加の DFS ルート共有を追加するには、上記の手順を繰り返します。

DFS 共有フォルダを追加する方法

メモ : DFS リンクを作成すると、最初の共有フォルダが追加されます。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [プログラム] の [管理ツール] をポイントし、次に [分散ファイル システム] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、共有フォルダを割り当てる DFS ルートを右クリックして、[新しい DFS リンク] をクリックします。
  3. [リンク名] ボックスで、このサブフォルダの論理名を入力します。
  4. [ユーザーをこの共有フォルダに送信する] ボックスで、共有フォルダの名前を入力するか、[参照] をクリックし利用できる共有フォルダの一覧から選択して、[OK] をクリックします。
DFS パーティションが NTFS の場合、以下の手順の中から 1 つを選択してください。
  • [Join Replication] チェック ボックスをオンにし、選択した DFS ルートまたはDFS リンクにあるファイルが、ソース ファイルに変更が発生した時に自動的に複製されるようにします。このオプションは、DFS ルートまたは DFS リンクのホスト サーバーが、ドメイン メンバである必要があります。
  • [No Replication] チェック ボックスをオンにし、ソース ファイルが変更されないようにします。
メモ : 自動複製は、スタンドアロンの分散ファイル システムでは使用できません。

これで、選択した DFS ルートまたは DFS リンクから DFS 共有フォルダに複製されたファイルをコピーできます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 241452 (最終更新日 1999-12-29) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 241452 - 最終更新日: 2004年9月6日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbnetwork KB241452
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com