Windows で Windows NT されている短い日付形式を構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 241671
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では Windows Windows NT で表示され、短い日付形式を構成する方法について説明します。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
248142 Windows NT 4.0 および Windows 2000 での既定システム日付の動作

詳細

Windows と Windows NT では、短い形式の書式は、ユーザーに表示される日付の形式です。いくつかサード パーティ製プログラムも日付を確認するのには、短い日付形式を使用できます。短い日付形式のみ 2 桁の年を既定で持っているので、短い日付形式を使用するサード パーティ製プログラム 1999 年以降後の日付を誤って解釈、年代年として可能性があります。

: Windows と Windows NT、短い形式の書式は表示のみに設定します。Windows と Windows NT の現在の日付を確認するのには、短い日付形式を使用しないでください。また、ユーザー プロファイルを有効にするのには Windows 98/95 クライアント コンピューターにこのプロファイルを使用する必要があります。
短い日付形式を使用するサード パーティ製プログラムを使用してに発生する可能性がありますの問題を避けるためにするために、次の方法のいずれかを使用して、2 桁の年ではなく、4 桁の年を使用するのには、短い日付形式を構成できます。

ユーザーの短い日付形式を変更します。

コントロール パネルの [地域] ツールを使用して、特定のユーザー用の短い日付形式を変更できます。
  1. 構成するユーザー アカウントでログオンします。
  2. 開始] をクリックしての設定] をポイントコントロール パネル] をクリックして、[地域]をダブルクリックします。
  3. 使用する日付の形式を [日付] タブをクリックして、 短い形式の日付 ボックスし、[ OK] をクリックします。
  4. Windows からログオフし、再度設定を保存するには、Windows にログオンします。

レジストリのすべてのユーザーの短い日付形式を変更します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

: このメソッドは Windows NT 4.0 で動作しません。

短い日付形式、コンピューター上のすべてのユーザー アカウントを変更する、regitry を編集できます。
  1. レジストリ エディターで、次のキーを開きます。
    HKEY_USERS\。Default\Control Panel\International
  2. 追加または編集、 sShortDate 文字列値の [値のデータが短い日付の形式を使用には、次の一覧に含まれています。
    • 年/月/日
    • M/d/yy
    • M/d/yyyy
    • 月/日/年
    • yy/MM または dd
    • yyyy yyyy-mm-dd
    • dd-MMM-yy

  3. レジストリ エディターを終了します。
  4. Windows からログオフし、再度設定を保存するには、Windows にログオンします。

システム ポリシーを使用してすべてのユーザーの短い日付形式を変更します。

システム ポリシーを使用して短い日付形式を構成するには、カスタム .adm テンプレート ファイルを作成し、システム ポリシー エディター (Poledit.exe) を使用して短い日付形式を構成するのには、システム ポリシーを設定します。

作成して、システム ポリシーを使用しての詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
159936 Windows NT 4.0 または Windows 95 システム ポリシー エディターを使用してください。
: 管理者が使用するシステム ポリシー ファイルをより詳細に制御で、ネットワーク上で短い日付形式を構成します。

Windows NT のプロファイルとポリシーを実装する方法の詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してくださいには、次のリンクを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc750987.aspx

カスタム ADM テンプレート ファイルを作成します。

短い日付形式を構成することができるカスタム .adm テンプレート ファイルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 メモ帳をクリックし、[ OK] をクリックします。
  2. 各行の後 ENTER キーを押す、無題のファイルには、次の行を入力します。またコピーを使用して、無題のファイルにテキストを配置するためのコマンドをペーストすることもできます。
    ; Begin custom .ADM template
    ; This policy file modifies the short date format for all users.
    
    CLASS USER
    
    CATEGORY !!DFORMAT
    KEYNAME "Control Panel\International"
    POLICY !!DefineDateFormat
    PART !!DateFormat DROPDOWNLIST
    VALUENAME sShortDate REQUIRED
    
    ITEMLIST
    NAME !!ShortDate1 VALUE !!ShortDate1
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "MM/dd/yyyy"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate2 VALUE !!ShortDate2
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "M/d/yy"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate3 VALUE !!ShortDate3
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "M/d/yyyy"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate4 VALUE !!ShortDate4
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "MM/dd/yy"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate5 VALUE !!ShortDate5
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "yy/MM/dd"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate6 VALUE !!ShortDate6
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "yyyy-MM-dd"
    END ACTIONLIST
    
    NAME !!ShortDate7 VALUE !!ShortDate7
    ACTIONLIST
    VALUENAME sShortDate  	VALUE "dd-MMM-yy"
    END ACTIONLIST
    
    END ITEMLIST
    END PART
    END POLICY
    
    END CATEGORY
    
    [Strings]
    DFORMAT = "Short Date Format Settings"
    DefineDateFormat = "Date Format for All Users"
    DateFormat = "Date Format"
    ShortDate1 = "MM/dd/yyyy"
    ShortDate2 = "M/d/yy"
    ShortDate3 = "M/d/yyyy"
    ShortDate4 = "MM/dd/yy"
    ShortDate5 = "yy/MM/dd"
    ShortDate6 = "yyyy-MM-dd"
    ShortDate7 = "dd-MMM-yy"
    
    ; End custom .ADM template.
    					
  3. ファイル] メニューの[名前を付けて、クリックしてタイプ shrtdate.admをクリックし、[保存] をクリックします。

作成またはシステム ポリシー ファイルを変更します。

システム ポリシー エディター (Poledit.exe) を使用して、レジストリを編集することができますかレジストリ エディター (Regedit.exe)。前にネットワーク管理者に問い合わせてください。レジストリを変更します。システム ポリシー エディター (Poledit.exe) Windows 95 cd-rom 上の Admin\Apptools\Poledit フォルダーで利用可能です。コントロール パネルで [プログラムの追加と削除を使用して、システム ポリシー エディターをインストールするのには。

: Microsoft Office 97年システム ポリシー テンプレートを使用しているかどうかは、含まれている Microsoft Office 97年リソース キット 』 には、使用する必要があります、バージョンのシステム ポリシー、Microsoft Office 97年リソース キットまたは Microsoft Windows NT 4.0 のリソース キットに含まれているエディターです。

Policy.exe をダウンロードすることができます、自己解凍形式のファイルは、Poledit.exe はからオンライン サービスを含みます。このファイルは、次のマイクロソフト Web サイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc751042.aspx
システム ポリシー エディターでレジストリを編集するのにには、次の手順を使用します。
作成または新しい Shrtdate.adm テンプレート ファイルを使用して、システム ポリシー ファイルを変更するには、次の手順を実行します。
  1. システム ポリシー エディターでは、ポリシー テンプレートは、[オプション] メニューをクリックします。
  2. [追加] をクリックして、Shrtdate.adm ファイルを含むフォルダーを開きます、Shrtdate.adm ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。
  3. [Ok]をクリックします。
  4. 開くポリシーを既存のシステム ポリシー ファイルを開くか、新しいシステム ポリシー ファイルを作成するには、新しいポリシーをクリックして、[ファイル] メニューをクリックします。
  5. 既定のユーザーは、短い日付形式の設定をダブルクリックします。
  6. オンにし、 日付の形式をすべてのユーザー チェック ボックス。
  7. 日付の形式] ボックスで、使用する短い日付形式をクリックし、[ OK] をクリックします。
  8. システム ポリシー ファイルを保存し、システム ポリシー エディターを終了します。
日付の書式を設定するのには、ポリシーを使用する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
216661 日付の書式を設定するのには、ポリシーを実装する方法

プロパティ

文書番号: 241671 - 最終更新日: 2012年4月9日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbenv kbnetwork kbmt KB241671 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:241671
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com