Outlook express メール サーバーを設定します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2419526
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

簡単な質問は答えにくい舞い上がりました。定期的な例ですが、外見上簡単です」方法設定は Outlook express メール サーバーを?」

詳細

簡単な答えはシンプルそのもの: ツールをクリックしてアカウント] をクリックして、[追加] をクリック、し、[メールし、ウィザードの指示に従ってだけ。ウィザードは、名前 (簡単な)、(また通常簡単)、電子メール アドレスを要求し、メール サーバーを設定するよう求められます。あること簡単な回答メール サーバーがわからないので、多くのユーザー、特に新しいものだけではなくしない名前を知っていることもよくありますが、メール サーバー、入力に失敗多くの場合を示します。

元に戻す画像を拡大する
アカウントの追加ウィザードはサーバーの種類と名前がわかっていれば、サーバーを設定しやすいようにしようとします。

メール サーバー

メール サーバーは、送信、受信し、ユーザーの電子メールを格納するコンピューターです。ほとんどすべてのインターネット サービス プロバイダー (ISP) は、基本的なサービスの一環として、メール ・ サーバ上の少なくとも 1 つのメールボックスが含まれています。サーバー上の各メールボックスには、一意の名前は、通常、常にではありませんが、ISP への接続に使用するログオン名です。また各メールボックスは通常、フォームの logon-name@example.com で、ISP のドメイン名を組み合わせてログオン名から構成される一意の電子メール アドレスに関連付けられています。メールにアクセスするサーバーに、メール クライアント、またはリーダーのメールを Outlook Express などのコンピューター プログラムを使用します。

クライアントのサーバーに接続するときに両方のコンピューターは、プロトコルと呼ばれる、同じ言語を話す必要があります。メールの場合サーバーは、4 つのプロトコルを使用することができます。POP3Post Office protocol 3 は、最も広く使用されています。それはほとんど常にSMTP、または簡易メール転送プロトコルと組み合わせて使用されます。POP3 は、SMTP (送信) サーバー経由でメールの送信に使用しているときに (受信側) サーバーからメールを取得するために使用されます。IMAPの場合、またはインターネット メッセージ アクセス プロトコルは、新しいプロトコルとして POP3 として広く使用されていません。HTTP、ハイパー テキスト転送プロトコルは、プロトコル、Web サーバーで使用される実際には、Hotmail などの特殊なケースでのメールへのアクセスにも使用できます。Outlook Express は、これらのプロトコルの 4 つのすべてをサポートします。4 つすべてのプロトコルは、メール機能を実行するときに、サーバー上の機能の重要な違いがあります。

POP3 サーバー

既定では、POP3 サーバーはメール クライアントにダウンロードするまでの間だけサーバー上で電子メールを格納します。メッセージをダウンロードすると、直ちにメッセージは受信され、サーバー側のコピーを削除する必要があります、クライアントからサーバーへ。Outlook Express ではこの既定の動作に依存しては、「サーバーにメッセージのコピーを置く」するオプションも提供します。

ヒント:POP3 メール サーバーにメッセージのコピーを保持したい場合は、アカウントのプロパティの詳細設定ページにアクセスします。

  1. Outlook Express の [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. メール] タブをクリックし、[電子メール アカウント] をダブルクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. チェック ボックスをオン「サーバー上にメッセージのコピーのままにして」。これを行うには、クリーンアップの 2 つのオプションをアクティブに。
    場合、必要なチェック ボックスを削除するサーバーから 5 日後にします]1 〜 100 の任意の数を変更する場合があります。
    場合、チェック ボックス」'削除済みアイテム] から削除されたら、サーバーから削除する」
このオプションを使用して注意してください。ほとんどの Isp は、POP3 メールボックスのサイズを制限します。完全に高速になるには、メールボックスがサーバー上でメッセージを保存するようにするメッセージを受信できなかったり重要サーバー コピーを削除するまで.

元に戻す画像を拡大する
Outlook Express では、既定動作をオーバーライドしてサーバーにメッセージのコピーを残すことができます。

IMAP サーバー

IMAP サーバー上のメール完全にサーバー上に保存します。Outlook Express が、ローカル コピーがサーバー上では何の正確なミラー ・ コピーを自分のコンピューター上格納もできます。IMAP アカウントで電子メールを削除すると、ローカル コピーとサーバー コピーの両方が削除されます。偶発的な削除を防ぐため、IMAP サーバーを完全に削除しないメッセージ、[消去] コマンド ( [編集] メニューまたはツールバーの削除ボタンで削除済みアイテムの削除) を実行するまで。IMAP ではメッセージ ([編集] メニューにもあります) を削除の取り消しコマンドもあります。POP3 IMAP の主な利点は、ため、サーバー上のすべてのメッセージは、インターネットに接続して任意のコンピューターからすべてのメールにアクセスできること、です。サーバー上 (および、ローカルの Outlook Express のアカウントで) サブフォルダーを作成することもできます、メールを整理します。欠点は、ほとんどの Isp に IMAP メールボックスがいっぱいな POP3 メールボックスをより簡単にするため、メールボックスのサイズを制限します。

SMTP サーバー

SMTP サーバーは毎日すべてそれら数百万のメッセージを送信するコンピューターは、電子メールの真価です。しかし、電子メールのすべてのユーザーが知っているように多くのこれらのメッセージの添付ファイルのウイルスに感染しているスパム (不要な商用電子メール)、または詐欺は達を数百万ドルのナイジェリアの銀行口座を使用して)。スパム送信者や悪意のあるユーザーがそのサーバー経由でメールを送信することを防ぐにほとんどの Isp は、SMTP サーバーへのアクセス許可がユーザーに制限を配置することになります。ほとんどの人にとってこれはできません問題、ほとんどの人は 1 つだけの ISP および ISP によってホストされている 1 つの電子メール アカウントを使用するためです。使用する場合も、2 番目の ISP、または ISP によって提供される別の電子メール アドレスを使用する場合は、SMTP サーバ、承認されたユーザーとして認識されない可能性があり、メッセージを送信するため拒否されます。代わりに、サーバーは Outlook Express と表示されるエラー メッセージを発行します。正確なテキストは異なりますが、通常」550 - 許可されている中継できません」のエラー コードが含まれます

Isp は、承認されたユーザーを検出するためいくつかの方法を使用します。いくつかは、ISP のモデム バンク、ケーブル、または DSL 回線を使ってインターネットに接続されているコンピューターからのみメールを受け付ける SMTP サーバーを構成します。また、送信者の電子メール アドレスを使用してし、は ISP によってホストされないアドレスから送信されるすべてのメールを拒否します。いくつかで、同じログオン名と POP3 サーバーへのアクセスに使用するパスワードを使用して、SMTP サーバーを認証できるようになります。一部は POP の前に「SMTP」をする必要があります最初にアクセス、ログオン名とパスワードは、いくつかの分間に SMTP サーバーへのアクセス許可を付与するを使用する、POP3 サーバーと呼ばれるメソッドを使用します。中継の問題が発生すると、する場合は、ISP のヘルプデスクを使用して、Outlook Express のアカウントを構成するのには、ヘルプを取得するが、どちらの方法を確認する必要があります。

HTTP サーバー

Outlook Express で HTTP を使用する最も一般的な電子メール プロバイダーは、コンピューター上のコピーをほとんどの場合、メールはメール サーバーに保存されているし、ミラーが作成されます Outlook Express で HTTP または Hotmail は IMAP のような非常に Hotmail.For です。最も重要な違いは、Hotmail では、削除の取り消しとパージ機能が使用されないことです。Hotmail のメッセージを削除すると、Hotmail の [削除済みアイテム フォルダーにメッセージが移動します。そこからそれを取得、受信トレイまたは他のフォルダーにドラッグするだけで気が変わった場合。また、削除済みアイテム フォルダーがいくつかの時間後に自動的に削除されます。

簡単な答え

最も簡単な質問の答えを最初にもたらされるが本当に単純な: ISP に確認します。ISP の Web サイト「メール設定」または「サーバー名」でも「IP アドレス」を確認し、必要なものが見つかるでしょう。自分の Web サイト上の情報を検索できる場合は、ISP のヘルプデスクを呼び出すでした。ISP が教えてくれます確かそのサーバーとの名前のみの認証方法を使用すると Outlook Express でメール サーバーを正しく構成する必要があります。メッセージを Outlook Express フォーラムの投稿も、同じ ISP を使用する人だけが、サーバー名とメソッドを知っている可能性が理解できます。

サーバー名、サーバーのログオン名とパスワード、およびサーバーの種類と武装した、したらを開始すると、アカウントの追加ウィザードを完了します。場合は、Hotmail アカウントを設定するには、メール アドレスを求めるあなたの Hotmail のアドレスを入力します。Outlook Express Hotmail として認識をするために自動的にサーバーを設定します。

場合は、電子メール アカウントと、サーバー情報の変更を既に構成している、これを行う、いくつかのマウス クリックを使用します。

  1. Outlook Express の [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. メール] タブをクリックし、[電子メール アカウント] をダブルクリックします。
  3. [サーバー ] タブをクリックします。



プロパティ

文書番号: 2419526 - 最終更新日: 2013年9月16日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbaccounts kbmt KB2419526 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2419526
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com