中央管理ストアを作成するとき Lync Server 2010 』 の発行とトポロジに失敗します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2422384
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

  • Microsoft SQL Server を実行している、Lync Server 2010 バック エンド サーバー上のサーバーの全体管理ストア (CMS) データベースを作成するとき、トポロジ ビルダー マイクロソフト Lync Server 2010 』 では失敗します。 以下のエラー情報は、Lync Server 2010 トポロジ ビルダーによって返されます。

トポロジ ビルダーが正常に完了しました。パブリケーションに失敗しました。

中央管理ストアの作成エラー

  • Lync Server 2010 展開ログに以下のエラーの関連情報が表示されます。

InstallDatabaseCmdlet.CreateDatabaseForFeature

エラー: エラーが発生しました: なネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生した SQL Server への接続を確立中に Microsoft.Rtc.Common.Data.SqlConnectionException。サーバーが見つからなかったかアクセスできませんでした。インスタンス名が正しいことし、SQL Server のリモート接続を許可するように構成されていることを確認します。(プロバイダー: パイプ プロバイダー、エラーの名前付き: 40 - SQL Server への接続が開いてでした)

注意:同じエラー情報は、Lync Server 2010 トポロジ ビルダーでのデータベースのインストール アクションまたはトポロジの発行操作のいずれかを使用して、Lync Server 2010 展開ログに表示されます。

原因

Lync Server 2010 中央管理ストアとデータベースをホストする SQL Server のインストールがサポートされている Windows サーバー オペレーティング システムでホストされています。 この問題は、Windows Server オペレーティング システム、Lync Server 2010 データベースのインストール プロセスをサポートしていない、Windows ファイアウォールの構成がある場合に発生します。

解決方法

この問題は、Windows Server 2008 のコンピューターにそのホストは、Lync Server 2010 バックエンド SQL Server の構成を解決するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. Windows ファイアウォール プログラムを開きます。
  3. Windows ファイアウォールの設定] ダイアログ ボックスを表示するのには、設定の変更] をクリックします。
  4. Windows ファイアウォールをオンにされていることを確認し、[例外] タブをクリックします。
  5. 例外を有効にするには、チェック ボックスを選択] ウィンドウで、リモート管理プログラムまたはポート の例外をスクロールします。
  6. ことが、リモート管理プログラムまたはポート の例外を選択されていることを確認 します。
  7. Windows ファイアウォールの設定] ダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。

この手順 Lync Server 2010 トポロジ ビルダー、Lync Server 2010 SQL Server のインスタンスをリモート管理するために、Windows PowerShell コマンド インストール-CsDatabase を使用して接続することができます。

CMS の作成を完了するには、Windows ファイアウォールのポートの例外を作成する必要があります。 Windows ファイアウォールを作成する必要があります、ポートの例外の Lync Server 2010 バックエンド SQL Server インスタンスのここで説明した構成によって異なります。

  • Lync Server 2010 の SQL Server は、既定のインスタンスとしてホストされています。
    • ポートの例外は、SQL Server サービスの TCP ポート 1433年を作成する必要があります。
  • Lync Server 2010 の SQL Server が名前付きインスタンスとしてホストされています。
    •  ポートの例外では、Lync Server 2010 の SQL Server サービスがリッスンする TCP ポートを作成する必要があります。
    • ポートの例外は、SQL Server ブラウザー サービス用の UDP ポート 1434年を作成する必要があります。

注意:名前付きインスタンスとしてホストされている SQL Server システムには、SQL Server サービスが動的 TCP ポート割り当てを使用して、リッスンするように。The SQL Server Browser service is hosted by the SQL Server installation.The SQL Server Browser service listens for client application requests for named instances on UDP port 1434.The SQL Server Browser service responds to these client requests by providing specific TCP port information for that named instance.

To locate the dynamic TCP port information for a SQL Server named instance that will host the Lync Server 2010 databases, follow these steps:

    1. Start SQL Server.
    2. Click Configuration Tools.
    3. Select the SQL Server Configuration Manager.
    4. Expand the SQL Server Network Configuration.
    5. Select the protocols for the specific SQL Server named instance.Note:For a named instance, the TCP/IP protocol must be enabled.
    6. When you have selected the protocols for the specific named instance, select TCP/IP in the details pane on the right side.
    7. Right-click the TCP/IP network protocol to open its properties dialog box, and then click the IP Addresses tab.
    8. Scroll down to locate the IP All section of the IP Addresses tab, and then note the value for TCP Dynamic Ports.This number represents the TCP port number of the SQL Server named instance that will host the Lync Server 2010 databases.
    9. Click OK to close the TCP/IP properties dialog box.

To finish configuring the Windows Firewall port exceptions to enable access to the SQL Server service, follow these steps:

    1. Click Start, and then click Control Panel.
    2. Open the Windows Firewall program.
    3. Click Change Settings to view the Windows Firewall Settings dialog box.
    4. Make sure that Windows Firewall is turned on, and then click the Exceptions tab.
    5. Click Add port to open the Add a port dialog box.
    6. Enter a name for the port exception, such as SQL Server service.
    7. Make sure that TCP is selected, and then enter the TCP port number that the SQL Server service is listening on.
    8. Click OK two times to close the Windows Firewall Settings dialog box.

Note:You can use steps 1 through 9 to configure the Windows Firewall TCP port exception for a SQL Server default instance or for a SQL Server named instance.

To finish configuring the Windows Firewall port exceptions to enable access to the SQL Server Browser service, follow these steps:

    1. Click Start, and then click Control Panel.
    2. Open the Windows Firewall program.
    3. Click Change Settings to open the Windows Firewall Settings dialog box.
    4. Make sure that Windows Firewall is turned on, and then click the Exceptions tab.
    5. Click Add port to open the Add a port dialog box.
    6. Enter a name for the port exception, such as SQL Server Browser Service.
    7. Make sure that UDP is selected, and then enter UDP port number 1434.This is the default port that the SQL Server Browser service listens on.
    8. Click OK two times to close the Windows Firewall Settings dialog box.

Note: You must create similar port exceptions for any network firewall that is between the server that hosts the topology builder and the server that hosts the instance of SQL Server for the CMS.

詳細

、Lync Server 2010 トポロジ ビルダー Lync Server 2010 データベース インストール プロセスをサポートしていない、Windows ファイアウォールの構成が Windows Server 2008 コンピューター上にあるリモート CMS と LS2010 データベースに変更されたトポロジを再発行すると、同様の方法では失敗します。 これらのプロセスが失敗した場合、トポロジの発行およびインストール データベース アクションで、トポロジのビルダー Lync Server 2010 では、次のエラー メッセージが返されます :

トポロジを発行します。

エラー: エラーが発生しました: Microsoft.Rtc.Management.Deployment.DeploymentException できない WMI データベース サーバー上のコンピューターまたはユーザー アカウントが使用できないために、データベース ファイルをインストールする場所を決定します。続行するのには、この問題を解決できますか、ファイルをインストールする場所を指定することができます。

データベースをインストールします。

エラー: エラーが発生しました: Microsoft.Rtc.Common.Data.SqlConnectionException できない、ログインで要求されたデータベース xds を開きます。ログインに失敗しました。CONTOSO\administrator ユーザーをログインに失敗しました。

情報をこのエラーのトラブルシューティングを行うには、解決方法」に記載されている手順に従います。

プロパティ

文書番号: 2422384 - 最終更新日: 2010年10月28日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbmt KB2422384 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2422384
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com