ユーザーが Lync Online でオンライン会議に参加できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2423848 - 対象製品

アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

問題の特定

ユーザーが Microsoft Lync 2010、Lync 2013、Lync for Windows ストア アプリ、または Lync for Mac 2011を使用して Microsoft Lync オンライン会議への参加を試みる際に発生する問題のトラブルシューティングをするものとします。トラブルシューティングを開始する前に、以下を確認し、問題が発生している外部ユーザーにも同様の質問をします。

  • 問題の影響を受けているユーザーの数は?
  • 影響を受けているのは内部ユーザーであるか、または外部ユーザーであるか?
  • 影響を受けているユーザーは、1 台または複数台のコンピューター上で問題を再現できるか?
上記の質問に対する回答を得られたら、下表を参照し、問題の種類を特定します。下表は、問題を特定のカテゴリに限定するためのものです。中には、Lync Online サポート エンジニアのテクニカルサポート バウンダリーを超える問題も含まれます。

以下の使用例に従って表を確認してください。
組織外複数ユーザー (単一ユーザーではない) が、複数台のコンピューターLync Online 会議に参加できません。この場合は(通常)、Lync フェデレーション問題、または外部のネットワーク問題が考えられます。

列と行はそれぞれ別のカテゴリ (影響範囲: 単一ユーザー v.s. 複数ユーザー、問題の再現: 単一コンピューター v.s. 複数コンピューター) を示しています。
元に戻す全体を表示する
単一ユーザー単一ユーザー単一ユーザー複数ユーザー複数ユーザー
組織内組織外組織内組織外組織の内外両方
Lync Online 会議に参加できない (1 台のコンピューター)クライアント問題クライアント問題クライアント問題クライアント問題クライアント問題
Lync Online 会議に参加できない (複数台のコンピューター)ユーザー認証またはプロビジョンに関する問題Lync フェデレーション問題、外部のネットワーク問題ネットワーク問題、またはサービスの停止Lync フェデレーション問題、または外部のネットワーク問題サービスの停止またはネットワーク問題

現象

下表に記載されている現象に該当しない場合は、上記の表 (「問題の特定」セクション) を参照して問題範囲を特定し、以下のトラブルシューティング手順を実行します 。

元に戻す全体を表示する
現象カテゴリトラブルシューティング
Lync Online で会議出席依頼に表示される [オンライン会議に参加する]リンクをクリックすると、Microsoft Internet Explorer に以下いずれかのエラー メッセージが表示される。

“ページが見つかりません。”
“ページを表示できない。”
ネットワーク接続ネットワーク問題のトラブルシューティング
Lync Online がオンライン会議を開始しようとすると、クライアント プログラムはフリーズする。クライアント問題クライアント問題のトラブルシューティング
会議出席依頼の [オンライン会議に参加する] をクリックすると、セキュリティ警告が繰り返し表示され、会議に参加できない。クライアント問題クライアント問題のトラブルシューティング
会議出席依頼の [オンライン会議に参加する] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示される。

Error: Meeting URL is not valid. (参考訳: エラー: 会議の URL が有効ではありません。)
ユーザー認証問題またはプロビジョニング問題ID 問題のトラブルシューティング
Lync Online を使用して他社が主催する Lync 会議に参加すると、次のエラー メッセージが表示される。

“reference ID 43 (source ID 241)”
Lync フェデレーション問題ドメイン フェデレーションまたは外部通信が正しく構成されていることを確認する
会議出席依頼の[オンライン会議に参加する] をクリックすると、[ファイルを開く]ダイアログ ボックスが表示される。また、Lync Online はオンライン会議を開始しない。誤ったファイルの関連付けWindows で OCSMEET ファイルの関連付けを修正する
本資料の手順をすべて実行後も Lync Online 会議に参加できない。音声/ビデオ/チャットには参加できないが、会議への接続は確立されている。該当なしLync Web App を使用して Lync Online 会議に参加する
Windows 8.1 Preview 版で Lync 会議に参加する際に、Lync Web App の使用が強制される該当なし以下のMicrosoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2867734

Windows クライアント問題のトラブルシューティング



元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
クライアントまたはコンピューター問題を解決する最初の手順として、システムが最新であることを確認します。Lync Online 会議に正常に接続するために、コンピューターには、最新のオペレーティング システム更新、音声およびビデオ ドライバー、ソフトウェア アプリケーションの更新が必要です。
  1. Windows Update を実行します。オプションの更新ハードウェアがすべてインストールされていることを確認します。特にビデオ、音声、およびネットワーク ドライバーが最新であることを確認します。
  2. Office 365 デスクトップ アプリケーションを実行します。更新ファイルがすべてインストールされていることを確認します。
  3. Microsoft Office 365 ポータルから既にインストールされている Lync 2010 をアンインストールし、再インストールします。
コンピューターが最新となり、最低限のシステム要件を満たしたら、次に、前回のログオンからキャッシュした資格情報や証明書をすべて削除します。
  1. 以下の手順に従い、ユーザーの証明書マネージャーに正しい証明書があることを確認します。
    1. Windows 証明書マネージャーを開きます。[スタート] から [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「certmgr.msc」と入力後、[OK] をクリックします。
    2. [個人] を展開し、次に [証明書] を展開します。
    3. [発行者] 列を並び替え、「Communications Server」から発行された証明書を探します。
    4. 証明書が表示されていること、また、その証明書の有効期限が切れていないことを確認します 。
    5. 証明書を削除し、Lync Online にサインインします。Lync Online にサインイン出来ない場合は、手順 2 に進みます。
  2. 以下の手順に従い、Windows 証明書マネージャーから Lync Online 資格情報を削除します。
    1. [スタート]、[コントロール パネル]、[資格情報マネージャー] を順にクリックします。
    2. Lync Online への接続に使用する資格情報を探します。 該当する資格情報を展開し、[資格情報コンテナーから削除] を選択します。
    3. Lync Online にサインインし、新たな資格情報を入力します。
Lync Online は、認証できない場合に “匿名参加” に戻ります。匿名参加者の会議への参加がブロックされていない限り、ユーザーは常に会議に参加できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


ネットワーク問題のトラブルシューティング

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. コンピューターがネットワークに接続していることを確認します。コンピューターが別の Web サイトにアクセスできるかを判断します。
  2. Lync Online Transport Reliability IP Probe (TRIPP) を使用して、ネットワークが Lync Online への接続に必要な要件を満たしていることを確認します。

    TRIPP の使用方法の詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料の「オンプレミスのファイアウォールが接続をブロックするため Lync Online に接続できない、または特定の機能が動作しない」セクションを参照してください。
    2409256 「オンプレミスのファイアウォールが接続をブロックするため Lync Online に接続できない、または特定の機能が動作しない」
  3. Microsoft Knowledge Base 資料 2566790 を参照し、Lync Online に必要な DNS レコードが正常に解決していることを確認します。以下のレコードのいずれかが内部または外部の DNS サーバーで解決していない場合、外部 Lync 組織との Lync Online フェデレーションに影響が生じる可能性があります。この問題を解決するために、IT 管理者または DNS ホストに連絡します。
    • _sip._tls.<domain>
    • _sipfederationtls._tcp.<domain>
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows で OCSMEET ファイルの関連付けを修正する

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

  1. 次の手順に従い、Lync Online が .ocsmeet ファイルを開く既定プログラムであることを確認します。
    1. [スタート]、[コントロール パネル]、[既定のプログラム]を順にクリックします。
    2. [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け] をクリックします。
    3. .ocsmeet を探し、「Microsoft Lync 2010」が [現在の既定プログラム] に選択されていることを確認します。
  2. 手順 1 で問題が解決しない場合は、Lync 2010 をアンインストール後 、Office 365 ポータルから Lync 2010 を再インストールしてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

ID 問題のトラブルシューティング


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
この問題は、同一の Office 365 テナントの 2 ユーザーが同一のユーザー名 (エイリアス) を共有している場合に発生します。Lync が会議 URL を生成する方法により、同一の Office 365 テナントの 2 ユーザー (同一のユーザー名をもつ) は、同一の会議 URL を共有します。これは Lync Online 会議の損壊を引き起こす原因となります。

この問題を解決するには、重複したユーザー名の 1 つを変更します。Office 365 でユーザー アカウントを編集および変更する方法の詳細については、以下のヘルプ トピックを参照してください。
ユーザーを作成または編集する
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Lync フェデレーション問題のトラブルシューティング

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
外部ユーザーのみが Lync Online 会議に参加できない場合は、ユーザーの参加種類 (認証されたユーザーまたは匿名ユーザー) を判断します。
  • 他の Lync または OCS 組織から認証されたユーザーとして参加した場合:
    • Lync Online テナントで外部通信を有効化している必要があります。また、外部通信が完全に開いている状態、または外部ユーザーのドメインが「許可」リストに登録されている必要があります。

      ドメイン フェデレーションの有効化およびトラブルシューティングについては、以下のMicrosoft Showcase ビデオを参照してください。
      Lync ドメイン フェデレーションのトラブルシューティング
    • 外部組織側でもフェデレーションを正しく構成している必要があります。
    • Lync Online テナントとのフェデレーションについては、以下の TechNet Web サイトを参照してください。
      Lync Online 2010 の顧客のためのフェデレーション サポートの構成
  • Lync Attendee、Lync Web App、または ACP アクセス番号から Lync Online 会議にダイヤルインをして、匿名ユーザーとして参加している場合:
    • 匿名参加機能が動作するためには、特定の DNS SRV レコードが DNS に表示されている必要があります。詳細は、以下の資料番号をクリックし、Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
      2693625 「外部ユーザーが匿名またはゲストとして Lync Online 会議に参加できない」
    • Lync Online DNS レコードを確認するさまざまな方法については、以下の資料番号をクリックし、Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
      2566790 「Office 365 Lync Online DNS 構成に関する問題のトラブルシューティング」

Lync Web App を使用して会議に参加する


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
上記のトラブルシューティング手順で問題が解決せず、即座に会議への参加が必要な場合は、次の手順に従い Lync Web App を使用して会議に参加します。Lync Web App には VoIP 機能は含まれません。そのため、参加者は共有セッションのみ表示することが出来ます。
  1. 会議出席依頼から参加用 URL をコピーし、Internet Explorer に貼り付けます (警告: Enter キーは押しません)。
  2. URLの最後に「?sl=1」を付け加え、Enter キーを押します。

    Lync Web App の詳細機能を利用するには、Silverlight がインストールされている必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2423848 - 最終更新日: 2013年10月14日 - リビジョン: 18.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Lync Online
キーワード:?
o365 o365a o365p o365e o365062011 pre-upgrade o365022013 after upgrade o365m KB2423848
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com