[NT]Netsh.exe ツールとコマンド ライン スイッチの使用方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 242468 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP242468
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Netsh.exe は、管理者がコマンド プロンプトで Windows 2000 ベースのコンピュータを設定してモニタするために使用できるツールです。Netsh.exe ツールによって、該当するヘルパに入力するコンテキスト コマンドを指示することができ、ヘルパがそのコマンドを実行します。ヘルパは、1 つ以上のサービス、ユーティリティ、またはプロトコルに対して、設定、モニタ、サポートを提供することによって Netsh.exe ツールの機能を拡張するダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイルです。ヘルパは他のヘルパを拡張するためにも使用されます。

詳細

Netsh.exe ツールを使用すると、以下の作業を実行できます。
  • インターフェイスを設定する。
  • ルーティング プロトコルを設定する。
  • フィルタを設定する。
  • ルートを設定する。
  • ルーティングとリモート アクセス サーバー (RRAS) サービスを実行する Windows 2000 ベースのリモート アクセス ルーターのリモート アクセス動作を設定する。
  • 任意のコンピュータに現在実行中のルーターの設定を表示する。
  • 指定されたルーターに対して、バッチ モードでコマンドのコレクションを実行するスクリプト機能を使用する。
Netsh.exe ツールの構文は以下のとおりです。
netsh [-r router name] [-a AliasFile] [-c Context] [Command | -f ScriptFile]
コンテキスト内で使用できるサブコンテキストとコマンドのリストを表示するには、netsh> コマンド プロンプトでコマンド名の後ろに空白文字と ? を入力します。たとえば、/routing コンテキストで使用できるサブコンテキストとコマンドのリストを表示するには、netsh> コマンド プロンプトで routing ?(引用符を除く) と入力して ENTER キーを押します。

コンテキスト

コンテキスト文字列は Netsh.exe ツール コマンドに連結されて、関連するヘルパに渡されます。ヘルパには、コンテキストにマップされる 1 つ以上のエントリ ポイントがあります。Netsh.exe ツールで利用できるコンテキストの中には以下のものがあります。

コンテキスト コマンド: /dhcp
結果: Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /ras
結果: リモート アクセス サーバー (RAS) コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /routing
結果: ルーティング コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /wins
結果: Windows Internet Name Service (WINS) コンテキストに変わります。

コンテキストは、他のコンテキスト内にネストさせることもできます。たとえば、以下のコンテキストは netsh>ras コンテキスト内で操作します。

コンテキスト コマンド: /appletalk
結果: AppleTalk コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /ip
結果: インターネット プロトコル (IP) コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /ipx
結果: Internetwork Packet Exchange (IPX) コンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /netbeui
結果: NetBios Enhanced User Interface (NETBEUI) コンテキストに変わります。

以下のサブコンテキストは netsh>routing ip コンテキスト内で操作します。

コンテキスト コマンド: /autodhcp
結果: autodhcp サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /dnsproxy
結果: dnsproxy サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /igmp
結果: Internet Group Membership Protocol (IGMP) サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /mib
結果: Management Information Base (MIB) サブコンテ キストに変わります。

コンテキスト コマンド: /nat
結果: Network Address Translation (NAT) サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /ospf
結果: Open Shortest Path First (OSPF) サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /relay
結果: relay サブコンテキストに変わります。

コンテキスト コマンド: /rip
結果: Routing Information Protocol (RIP) サブコンテキストに変わります。

Netsh.exe コマンド

以下の追加コマンドは Netsh.exe ツールで使用できます。

メモ: オプションのパラメータは角かっこ ([ ]) で示します。代替エントリはその間をパイプ (|) 文字で示します。

コンテキスト コマンド: /?
結果: ヘルプを表示します。

コンテキスト コマンド: /abort
結果: オフライン モードで実行された変更を廃棄します。オンライン モードには影響ありません。

コンテキスト コマンド: /add helper DLL-name
結果: ヘルパ .dll ファイルを netsh.exe にインストールします。

コンテキスト コマンド: /alias [alias-name] [string1] [string2 ...]
結果: /alias の場合、すべてのエイリアスをリストします。/alias alias-name の場合、等価な文字列を表示します。/alias alias-name string1 string2 ... の場合、alias-name を指定した文字列に設定します。

コンテキスト コマンド: /bye
結果: プログラムを終了します。

コンテキスト コマンド: /commit
結果: オフライン モードで実行されたすべての変更をルーターにコミットします。オンライン モードでは影響はありません。

コンテキスト コマンド: /delete helper <.dll file name>
結果: ヘルパ .dll ファイルを Netsh.exe から削除します。

コンテキスト コマンド: /dump -<file name>
結果: 設定をテキスト ファイルにダンプまたは追加します。

コンテキスト コマンド: /exec <script file name>
結果: スクリプト ファイルをロードし、そこからコマンドを実行します。

コンテキスト コマンド: /exit
結果: プログラムを終了します。

コンテキスト コマンド: /h
結果: ヘルプを表示します。

コンテキスト コマンド: /help
結果: ヘルプを表示します。

コンテキスト コマンド: /offline
結果: 現在のモードをオフラインに設定します。このモードで行われた変更はすべて保存されますが、ルーターに設定するには commit または online コマンドが必要になります。

コンテキスト コマンド: /online
結果: 現在のモードをオンラインに設定します。このモードで行われた変更はすべて、即座にルーターに反映されます。

コンテキスト コマンド: /popd
結果: スタックからコンテキストをポップします。

コンテキスト コマンド: /pushd
結果: スタックに現在のコンテキストをプッシュします。

コンテキスト コマンド: /quit
結果: プログラムを終了します。

コンテキスト コマンド: /set mode [mode =] online | offline
結果: 現在のモードをオンラインまたはオフラインに設定します。

コンテキスト コマンド: /show alias | helper | mode
結果: /show alias の場合、定義されたすべてのエイリアスをリストします。/show helper の場合、トップレベルのすべてのヘルパをリストします。/show mode の場合、現在のモードを表示します。

コンテキスト コマンド: /unalias <alias name>
結果: 指定されたエイリアスを削除します。

利用可能なヘルパ ダイナミック リンク ライブラリ ファイル

ルーティングとリモート アクセス IP 設定 - Ipmontr.dll
ルーティングとリモート アクセス IPX 設定 - Ipxmontr.dll
Interface - Ifmon.dll
RAS - Rasmontr.dll
DHCP - Dhcpmon.dll
WINS - Winsmon.dll

ヘルパ ダイナミック リンク ライブラリ ファイルに付随するレジストリ エントリ

HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/NetSh/
REG_SZ: Ipmontr.dll
REG_SZ: Ipxmontr.dll
REG_SZ: Ifmon.dll
REG_SZ: Rasmontr.dll
REG_SZ: Dhcpmon.dll
REG_SZ: Winsmon.dll

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 242468 (最終更新日 2000-02-24) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号: 242468 - 最終更新日: 2004年5月5日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbinfo kbtool kbnetwork KB242468
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com